SCP-1263
評価: 0+x
1263-head.jpg

SCP-1263-A実例の超音波画像。

アイテム番号: SCP-1263

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1263-1から-5は、妊婦を収容するために改良したヒト型生物収容室に個別収容します。SCP-1263-Aの新たな実例は出産直後に分析・評価し、終了または興博士の裁量で更なる実験のために保管します。現時点では23体のSCP-1263-A実例が、実験のためサイト-107に保管されています。同じSCP-1263個体が出産した実例は、承認を受けた実験以外では、互いの1.4m以内に近付けてはいけません。

説明: SCP-1263は5人の白人姉妹であり、SCP-1263-1からSCP-1263-5と指定されています。SCP-1263-1から-5は収容前のどこかの時点で昏睡状態に陥っており、現在もそのままです。4ヶ月毎に、SCP-1263-A実例5体が同時にSCP-1263の子宮内に出現します。SCP-1263-Aの”妊娠期間”は3ヶ月続き、1ヶ月の休止を挟んでサイクルは繰り返されます。

SCP-1263-A実例は、身体から切り離された人間の頭部のように見え、人種や性別は変化します。SCP-1263-A実例は関連する体組織への接続点を欠いており、その代わりに皮膚の層を、前述の接続点が通常位置する場所に有しています。にも拘らず、SCP-1263-A実例は生きており、通常の人間の頭部と同じように身体機能を働かせています。SCP-1263-A実例には、SCP-1263の胎盤と血液をやり取りするための構造が全くありません。実験は、SCP-1263-A実例がほぼ一定の脳活動を見せていることを示しました。

SCP-1263-Aは絶えず、早口かつ困窮した口調で発声しています1。これら発声は概ね理解不能です。同じSCP-1263個体が出産したSCP-1263-A実例が、少なくとも5体、互いの最小範囲1.4m以内に集められると、発声は同期し始め、最終的には完全に理路整然としたものになります。SCP-1263-Aは、異なるSCP-1263個体が出産した実例との間には、この現象を引き起こしません。

同期した発声の性質および言語は、SCP-1263-Aが対応するSCP-1263個体によって異なります。

  • SCP-1263-AAは、SCP-1263-1から生まれ、ポルトガル語で、最も近い99.3 MHz周波数の送信内容をリアルタイムで暗誦します。
  • SCP-1263-ABは、SCP-1263-2から生まれ、ウルドゥー語で、バロック時代に作曲されたオペラを歌います。
  • SCP-1263-ACは、SCP-1263-3から生まれ、ラオス語で、身元不明な人物の思考の流れを発声します2
  • SCP-1263-ADは、SCP-1263-4から生まれ、スワヒリ語で、未特定の太陽系外惑星の気象予報と考えられているものを通達します。
  • SCP-1263-AE3は、SCP-1263-5から生まれ、英語で、SCP-1263-シグマと指定される知的実体との双方向通信装置として機能します。SCP-1263-シグマは財団による情報抽出の試みに対して大いに非協力的です。

補遺1263-01:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。