SCP-1269
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1269

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1269の位置する土地は現在財団に所有されています。23歳以上の女性は実験を目的とする時以外この土地に立ち入らないようにしてください。また1人の男性研究員を住人としてこの土地に配属し、SCP-1269の動向を観察してください。

説明: SCP-1269は黒いアルミニウム製の丸みを帯びたポストです。側面には赤い旗がつき、プラスチックの白い支柱の上に設置されています。SCP-1269は1.3mの高さにあり、大きさは49.5cm x 15.2cm x 17.7cmであり、アメリカのT2メールボックスサイズと一致します。数字の███ が右側面に書かれています。製造元を示すマークは無く、くぼみや擦過痕からSCP-1269がこの場所に設置されてからしばらく経つことが分かっています。SCP-1269の性質からオブジェクトはマサチューセッツ███████ の ███████ 通り ███ 番地から移動することはありません。

SCP-1269の特異な性質は23歳以上の独り身の女性(以降「居住者」と呼ぶ)が同じ土地に立つ家に居住した時のみ現れます。居住者が引っ越してきてから約2週間がたつと、SCP-1269は宛先の書かれていない手紙を4日ごとにその内部に発生させはじめます。手紙の内容は居住者をターゲットとする恋愛的なものです。SCP-1269内部の調査によれば、その手紙は居住者へのほかの郵便物が配達された約三秒後にSCP-1269内にあらわれます。

最初の手紙から正確に三週間後、SCP-1269の第二の性質が発揮されます。手紙は毎日現れるようになり、その内容は執着的な常軌を逸したものへと変化していき、最終的に一文のみに退行します。時には一度に複数の手紙がSCP-1269内にあらわれることもあります。さらに、居住者の直接の監視下にない時にSCP-1269は居住者の目の前にテレポートすることもできます。SCP-1269は何かに一部を隠された状態で居住者たちの前に出現します。例えば窓や壊れたドアあるいはシャワーカーテンの後ろなどにあらわれることが確認されています。しかし、睡眠中や暗闇などの特定の条件下ではSCP-1269はそれらの障害物なしに居住者の近くに移動可能です。SCP-1269をもとに位置に戻すかもどさないかに関わらずオブジェクトは12時間ごとに1~5回移動します。SCP-1269は土地の外まで居住者を追うことはなく、居住者が引っ越すか終了されると沈静化します。

SCP-1269をその土地から移動させようという試みはすべて失敗しています。オブジェクトは移動の一時間後には縁石のそばの本来の位置にもどります。SCP-1269の位置に新しい郵便受けを設置したところ、オブジェクトのテレポートの際同時に新しい郵便受けはほかの場所へと転送されました。その郵便受けは約三時間後25km離れた閉店した███████ 後ろのゴミ箱に再出現しました。転送された郵便受けはゴミ袋の中に破損し、言葉やフレーズをその表面にペイントされた状態で入れられていました。

補遺SCP-1269-A: 2004/07/12、D-69124(男性)が被験者D-72803が実験を開始して7週間が経過したのち入居しました。SCP-1269は移動をやめました。3日後、D-69124は家から消え、SCP-12697はふたたびその性質を現しました。

行方不明になってから2週間後、D-69124はほかの郵便受けと近い場所に再度出現しました。致命傷となった頭蓋への一打のほかに重度の打撲痕と裂傷をがみられ、両手と唇が欠損した状態でゴミ袋の中に入れられていました。被験者に書かれていたフレーズについてはドキュメントSCP-1269-Bを参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。