SCP-127-KO
評価: 0+x
226802877_7b1b43a551_z.jpg

SCP-127-KO

アイテム番号: SCP-127-KO

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 計218種のSCP-127-KOと関連する商品(以下SCP-127-KO-A)の両方をサイト-25のプラスチックボックスに密封した状態で保管します。対象の実験は予想される実験の結果を必ず明示した提案書を提出しレベル4以上の人員の承認を受けなければならず、対象の119番目から、また対象の種類自体の危険性が高い場合、実験が禁止されます。実験後に出た結果は必ず実験室内で処理し、室外への持ち出しは禁止されています。

説明: SCP-127-KOは一般的な子供用カラー粘土です。対象は棒状で60個ずつ直径20cm、高さ15cmの筒に入っており、それぞれの商品には8Lサイズのガラス製の鍋と化学モデルの例が描かれた使用説明書が別添されています。対象を分析した結果、市中で販売されている粘土と似ていますが一部の対象の種には対応する非活性状態の元素と、まだ学界で未発見だった放射性元素が含まれていました。

SCP-127-KOは、それぞれに付けられた番号に対応する化学元素の性質を持っています。性質の順序は現代の周期表が適用されており、まだ学会で発見されていない119番以降の元素も対象の種類に含まれていました。対象単体では活性化しませんが、対象を鍋の中に入れて20秒待つと対象が該当する元素に変化します。対象と他の対象を利用して分子モデルを作成した後、鍋に入れると同様にモデルがその分子に変化します。分子を作る際に接続する棒の種類に制限はありません。財団では、鍋にフッ化水素水溶液(HFㆍnH2O)と王水(3HClㆍHNO3ㆍnH2O)を投入する実験をしてみましたが、両方の鍋には一切影響がありませんでした。鍋を分析した限りでは、市販の一般的なガラスとの大きな違いは発見できていません。

SCP-127-KO-Aは対象の関連商品であり合計で3種類です。この物体は赤色、青色、灰色を帯びた透明な粘土でそれぞれ「陽子」、「電子」、「中性子」と名前が付けられており、各物体の成分分析は失敗に終わっています。 これらを一つずつ引き離してSCP-127-KOと合成すると色が変化し別の元素になります。万が一SCP-127-KO-Aをそのまま鍋の中に入れた場合その直後に[削除済]

補遺: 以下はSCP-127-KOの説明書に記録された内容です。

将来は科学者になりたい?それとも錬金術師になりたいかな?
だったら心配ないさ!この ワンダーテインメント博士のドキドキ周期表粘土遊び®があるからね!
使い方は簡単!まず粘土を取り出して好きな分子を作成するだけ!分子がよく分からないだって?大丈夫!説明書に簡単な例をいくつか描いておいたから、お父さんやお母さんと一緒に作ってみよう!
そして分子を鍋に入れて20秒待ったら、どーーん!鍋の中で、あなたが作ったものがパッとできあがるよ!
今すぐこの鍋で世界を驚かせてみよう!そして計218種を全部集めてみてね!もし希望するならワンダーテインメント博士の「陽子®」、「電子®」、「中性子®」も使ってみてね!

両親への注意事項: ワンダーテインメント博士のドキドキ周期表粘土遊び®は10歳以上の子供に適しています。説明書に記載されている分子モデルは、比較的安全であるものだけ描かれています。例以外の分子を作っての事故について当社は一切の責任を負いません。ワンダーテインメント博士のドキドキ周期表粘土遊び®のいくつかの種類は、必ず両親が付き添いの元使用する必要があります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。