SCP-1271
評価: 0+x
scp-1271.jpg

イベント1271-21発生中のSCP-1271。影響された民間人10人と影響された財団エージェント(左上)が見える。

アイテム番号: SCP-1271

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:SCP-1271から75mの距離をおいてフェンスを設置し、内側を収容エリアとします。エリア周囲を5人以上の警備員によって監視し、一般人がSCP-1271に立ち入らないようにしてください。警備員は望遠レンズを備えた高倍率カメラを装備し、カメラ操作の訓練を受ける必要があります。SCP-1271は監視カメラによって常時中継されなければなりません。1271-Aイベント発生時、警備員は1271-Aイベントの開始を妨害し、巻き込まれた民間人を確保するよう 1271-Aイベントを監視し、巻き込まれた民間人を可能ならば確保するようSCP-1271から25m以上離れ、巻き込まれた民間人に干渉しないよう指示されます。

1271-Aイベントの間、SCP-1271を使用している民間人の顔アップの写真が警備員によって可能な限り多数撮影されます。12機以上の集音マイクを半径17mの円形に配置し、SCP-1271を常に照準します;1271-Aイベントの間、それぞれのマイクは各民間人に焦点を合わせ、会話内容をすべて録音し影響された個人の特定に用います。各民間人の音声・映像データは、変換した後顔認識ソフトウェアを用い、利用可能なすべてのデータベースに対して相互認証を行います。1271-Aイベント発生中は、いかなる状況でも財団職員がSCP-1271から25m以内に立ち入ってはなりません。許可された実験の場合を除き、いかなる状況下でも財団所有の機器をSCP-1271内に持ち込んではなりません。

1271-Aイベントへの参加が確認された人物は、すべてサイト-34に拘留の上で尋問されます。

説明:SCP-1271はキックボールのフィールドとしておおまかに整備された、一辺およそ20mの正方形をした土地です。この土地はかつて、1967年に閉校となったペンシルバニア州カタソークアのシェクラー(Sheckler)小学校の敷地の一部でした。土地は閉校以来放置されています。

およそ1年に一度、通常は夏至から2週間以内に、SCP-1271は5歳から11歳の民間人16人によって占拠された状態になります。SCP-1271-(1-16)に分類されるこれらの民間人がSCP-1271に移動する手段は不明です;現在までに、全大陸の124カ国から民間人が集まっていることが確認されています。影響された民間人はいずれもトランス状態の兆候を示し、財団職員とコミュニケーションしたり職員のことを認識したりできない、あるいはしようとしません。後にその所在と身元が確認されインタビューを受けた児童は、そのほとんどがSCP-1271に関わる事柄の記憶を一切持っていないと訴え、SCP-1271が持つメカニズムの解析に対して寄与しません。

SCP-1271に到着すると、民間人は一般的なルールに従ってキックボールの試合を開始します;この試合は1271-Aイベントと呼称されています。民間人は8人ずつ2チームに分かれ、5イニングの3試合をプレーします。ゲームの間、民間人は喜びと楽しさをボディランゲージで示すとともに、笑顔、笑い声、興奮した会話を示します。この会話は通常、当該地域に居住していたアメリカ先住民の使用する、Unami語に酷似した構文と単語を持つ言語で行われます。試合終了時、民間人はピッチャーマウンドに向かって礼をし、Unami語の短い聖歌1を歌って解散します。影響された民間人がSCP-1271の境界に到達すると、未知の形式のテレポーテーションにより区域から消失します。

SCP-1271の異常な作用は、さらに2つ発見されています。第一に、SCP-1271による「召喚」を受けていない人物が1271-Aイベント発生中にSCP-1271の半径25m以内に立ち入ると、この人物は試合に参加します。どちらのチームに参加するかは等確率であり、疲労したプレイヤーとの交代か水やタオルの差し入れという形で協力します。試合終了時、このプロセスで影響を受けた人物も他の民間人と同様に消失します。影響を受けた財団職員が回収された例はありません。第二の異常な作用は、補遺1271-1に文書化されています。

補遺1271-1:影響を受けた民間人のパターン文書

財団がSCP-1271の監視を1972年に開始して以来、世界各地から480人の民間人がSCP-1271の影響を受けて出現しました。これらの民間人の身元を確認する試みは監視開始後すぐ行われ、1980年代に財団所有のデータベースが電子化および機械化されたことで高効率化しました。顔認識ソフトウェアの利用により、財団は現在までに影響された民間人のうち126人の身元を識別することに成功しました。識別した民間人の相互関係を分析するうち、試合中のポジションに関する特異的なパターンが発見されました。本分析では、攻撃側として試合を開始するチームを”赤”、守備側で開始するチームを”青”と呼称します。現在までに識別された民間人のうち、10%のみがSCP-1271に関する記憶を保持していました。

補遺1271-2:インタビューログ

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。