SCP-1283
評価: 0+x
SCP-1283.jpg

SCP-1283

アイテム番号: SCP-1283

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1283は、放送されていない周波数に合わせ、音量を最低にした状態で防音の保管ロッカーの中に収容されます。損傷や非正規の動作がないかどうか、遮音ヘッドホンを装着したスタッフが毎日確認します。SCP-1283が動作しSCP-1283-1が話し始める事象が起こった場合は、最寄りのレベル3職員に直ちに報告され、SCP-1283-1のきっかけになった人物は誰であろうとも、全ての問いかけを無視し直ちにエリアから退避することが勧告されます。

説明: SCP-1283は1930年代の家庭用ラジオで、████████社製であることを示す製造ラベルが付いています。オブジェクトはその年代に反してほとんど傷や汚れがありません。旧式の部品が使われているのに関わらず、良好に電波を受信しノイズや混信もなく安定して高品質の音を鳴らすことができます。加えて、SCP-1283はスイッチをオフにし、電力の供給がない状態でも作動することができます。オブジェクトの内部機構の調査により、その部品は同一モデルのラジオと一致することが明らかになっています。

SCP-1283の異常な作用は、一人の人物(以下被験者とします)がどの周波数に合わせたかに関わらず15分以上ラジオを聞いたときに起こります。先述の時間が過ぎると、その時ラジオから流れていた音が止み、ある声(以下SCP-1283-1とします)が被験者に名前で呼びかけます。常に、SCP-1283-1が利用する声は被験者が知る誰かの声です。実験ではSCP-1283-1の声は親しい友人、両親、配偶者、権威のある人物、時には██████ネットワークのニュースキャスターのこともありました。時々、SCP-1283-1は死亡した人間の声を使うこともあります。尋問の結果、被験者が最も信頼できると思える人物の声が選ばれているようです。SCP-1283-1が話し始めたあとでラジオの周波数、音量、AM-FMの設定を変えようとしても何も起こりません。

SCP-1283-1が被験者の注意を引き付けると、それはよく聞くように被験者に忠告します。この段階で被験者はSCP-1283に異常なまでに集中しはじめ、注意をそらされようとすると抵抗します。SCP-1283-1はその後、被験者に対してこの後起こる出来事に関する情報を提供します。SCP-1283-1から被験者に与えられる全ての情報をSCP-1283-2とします。SCP-1283-2は3つの独立したフェーズとして現れ、それぞれのフェーズは全ての実験において決まったフレーズで始まっています。3つのフェーズはそれぞれ関連がないように思えますが、その時に影響されている被験者だけは意味を認識しているようです。

SCP-1283-2の説明: 第1のフェーズは「~を覚えている?」という問いかけで始まり、SCP-1283-1が被験者にある特定の人物、ものや出来事を思い出させるような内容を含みます。このフェーズではSCP-1283-1が直接的、間接的に被験者と個人的つながりがあることを示しているようです。1 被験者は、どんな情報だったとしてもそのことをすぐに思い出します。

第2のフェーズは「悪いことが起こりそう」という発言で始まり、SCP-1283-1が被験者に警告を与える内容を含みます。外部の聞き手にとって、その警告は不可解かつ無意味で前のフェーズと何ら関係がないように思えます。しかし、この警告に関して困惑を示した被験者は誰もいません。被験者はそのかわり、まず驚きとショックを示し、その後不安感を向上させます。苦悩しつつも、被験者はSCP-1283を聞くことを止めようとする試みに抵抗を続けます。

SCP-1283-2の最後のフェーズは「あなたなら止められる」という発言で始まります。ここで、SCP-1283-1は被験者に一通りの指示を与え、被験者が迫りくる危険を阻止できることを保証します。その指示は単純でたやすいものから複雑で危険なものまで幅広く、特定のパターンは認められません。指示が出されると、SCP-1283-1は発言を止め通常の放送が再開されます。この時点で被験者の不安は激しいパニックまで増大し、彼らは受けた指示を実行し迫りくる危険を回避しようとする強い衝動を示します。被験者を止めようとした場合、懇願や脅迫、時には暴力的な抵抗を示します。

補遺1283-1: もし被験者が受けた指示を首尾よく完了した場合、彼らのパニックはおさまり、決まって深い安心を感じたことを報告しています。被験者は通常よりも深い落ち着きを見せ将来のパニック状況において推論能力を見せることが観測されています。2 インタビューを受けた被験者はラジオとの会話を覚えていますが、SCP-1283-2の第2フェーズで受けた警告に関する質問には不可解な答えしか得られませんでした。引き起こされた記憶と警告の間につながりが認められた被験者はいませんでした。

被験者が受けた指示を実行することが長い時間回避された場合には、彼らのパニックは慰めようがなくなるまで増大し続け、指示に従いたいというただ一つの衝動を見せます。しかし、この作用は可逆的です。強力な鎮静剤とクラスA記憶処理の併用はSCP-1283を聞くことによる作用を打ち消すのに効果的であることが示されています。この処理を受けた被験者は、受けた指示に従いたいという欲求を全く示しませんが、不安やパニックにより敏感になります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。