SCP-1303-JP
rating: +34+x
holy-grail.jpg

SCP-1303-JP外観

アイテム番号: SCP-1303-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1303-JPは崩壊の危険性を理由に入口を封鎖して、民間人及び在来種のカメ目(Testudines)の生物のアクセスを防止します。爬虫類忌避剤(REA)の定期的な散布が義務付けられています。

追加プロトコル・オンボス: 1週間に1度、SCP-1303-JP内にカメ目の生物を1匹配置します。この際、担当の財団職員は配置された生物を目視してはいけません。

説明: SCP-1303-JPはナイル川下流の[編集済]付近に位置する、現地で███████(闇の母/夜の母)と呼ばれる全長200 mほどの鍾乳洞です。内部の岩盤には抉られるように地下に向かう縦穴(SCP-1303-JP-A)が無数に存在しています。20██年に発生した地元住人の奇行と行方不明事件がきっかけで財団に発見されました。

SCP-1303-JP付近に存在するカメ目の生物はSCP-1303-JP内部に引き寄せられるように近付いて行きます。この影響力は距離によって減衰し、SCP-1303-JPから██ m離れた時点で完全に消失することが実験によって判明しています。そのため、主に影響を受けるのは在来種のカメ目の生物のみで、付近の生態系に与える影響は軽微だと結論付けられています。

SCP-1303-JP内に進入した個体は頭から縦穴へ入っていきます。このときSCP-1303-JP-Aから分泌される腐食性の液体が縦穴に入った個体の身体と縦穴自体を徐々に溶かし、個体はより深くへと進んでいきます。縦穴に進入した個体は溶けている身体を気にする素振りを見せず、最終的に完全に分解されます。

SCP-1303-JP内でこの様子を直視した人物は認知機能の鈍化を示し始めます。この認知障害はミーム的影響で、母親への依存、SCP-1303-JP内部への進入に対する執着によって特徴づけられています。多くの被験者はSCP-1303-JP内に戻ろうとし、「ママはどこ?」「ママのとこに帰らないと」と述べる事例も確認されています。この影響はBクラス記憶処理で取り除くことが可能です。

収容計画実施以降、SCP-1303-JP付近で様々な異常現象が記録されています。これらの現象の地理・時期的関係性などを理由に実施されたSCP-1303-JPの追加調査でSCP-1303-JP-Bが発見されました。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。