SCP-1308-JP
評価: +84+x

アイテム番号: SCP-1308-JP

オブジェクトクラス: Keter Euclid Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-1308-JPはサイト-8107の低危険性物体保管ユニットにて保管されています。

説明: SCP-1308-JPは腐敗や破壊を受け付けない500gのリンゴ(学名: Malus pumila)の果実です。自身に関する発言や記述、及びそれに付属する発言や記述を疑問文とそれを否定する内容に改変し、改変した内容通りに自身を改変する能力を有していました。しかし、インシデント1308-JPによってその能力を喪失しました。詳しくは補遺3を参照して下さい。

補遺1: SCP-1308-JPは日本生類創研の関連施設内にて発見されました。当該施設はSCP-1308-JPによって破壊され1██名が死亡しており、突入した機動部隊や収容スペシャリストを含め██名が死亡しています。SCP-1308-JPは収容後█回収容違反を起こしましたが、担当博士による報告書説明項の改訂によって現在の性質に改変され、オブジェクトクラスもEuclidに引き下げられました。

補遺2: 20██/██/██、日本支部理事会によりSCP-1308-JPを財団に有用なオブジェクトに改変させる為の「カリテイモ1計画」が立案されました。-現在、カリテイモ計画に向けたSCP-1308-JPの異常性の詳細な調査が行われています。

補遺3: 20██/██/██、SCP-1308-JPの発見場所である研究施設の元職員█ ██氏とのインタビューが実現しました。このインタビューの最中突然SCP-1308-JPの情報災害的異常性が失われ(インシデント1308-JP)、オブジェクトクラスのNeutralizedへの再々分類や旧報告書の削除及びカリテイモ計画の凍結がなされました。現在、SCP-1308-JPのAnomalousアイテムへの分類が検討されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。