SCP-131
評価: +11+x
2689941721_73645ede38_m.jpg
SCP-131-AとSCP-131-B

アイテム番号: SCP-131

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-131-AとSCP-131-Bには特別に収容されていません。制限区画に入ろうとしたり施設から出ようとしない限りサイト-19内を自由に移動させて構いません。SCP-131と触れ合うのは構いませんが、愛着が湧いてしまうかもしれないので最低限の接触を推奨します。1時間ごとに場所確認します;現在地が確認できなくなったらlevel1に収容します。悪用、虐待が確認されたら厳重に処罰します。

説明: SCP-131-AとSCP-131-B(職員から親しみを込めて"アイポッド"と呼ばれている)はおよそ30cm(1ft)の高さで真ん中に青い目を持つ一対の涙型の生き物です。SCP-131-Aはバーントオレンジ、SCP-131-Bはマスタードイエローの色をしています。基本的に車輪のような突起で活動している思われます。SCP-131はとても速く移動でき、わずか数秒で60m(200ft)を移動することができます。よく披露してくれますがブレーキ機能が無いため、事故を起こしてしまいます。垂直な面を登る能力も持ち合わせていて、よく通気口で迷子になります。

SCP-131は家猫のような知性を見せ、とても好奇心が強いです。ほとんどの施設内を周って、仕事中の職員を覗き見したり、SafeクラスのSCPをじっと見つめていたりしています。SCP-131達は互いに未知の言語を素早く交わし合うことでコミュニケーションをとっているようです。

SCP-131は愛情を持って接すると反応し、すぐに懐きます(まるで子犬が人間に懐くように)。懐いた人または物に制限区画でも関係なしにどこまでもついていきます。好奇心が強いが近くの危険を察知することもでき、懐いた人が危険(例 EuclidまたはKeterクラス)に近づくと足元(または他の四肢)を回り、警告するように慌てた様子で話しかけてきます。そのため日々EuclidやKeterクラスと関わり危険に直面しているサイト-19の職員は難しい作業中に注意散漫になったり、実験中にSCP-131が危険な目にあってしまうので懐かれないようにしてください(付録131-1参照)。懐いた人から長時間ほっとかれると、やがて関心を失い通常の行動に戻ります。

SCP-131はケアやメンテナンスが必要ありません。食事をしない、排泄物を出さない上に睡眠も取りません。唯一視覚の刺激のみが必要のようです(確かめるため更なる研究が必要)。

19██年、SCP-131-AとSCP-131-Bは████████████の外れのトウモロコシ畑で見つかりました。即座にサイト-19に[データ削除済]で輸送され、危険な能力がないことを確認された後、Safeクラスに格下げされサイト内を自由に行動できるようになりました。

付録131-1: ██/██/████、SCP-131はSCP-173の清掃スタッフを追っていました。SCP-131がスタッフに対して警告を出しそれが無視されると、スタッフ達より先にコンテナの中に入って行きました。一旦中に入るとスタッフはSCP-131がSCP-173の前に座って(見つめ続けないとSCP-173が動くことを知っているかのように)じっと見つめていることに気づきました。スタッフは無視して通常通りの作業を行いました。スタッフが退出するときもSCP-131はSCP-173から決して目を離さずゆっくりと後退していきました。この機能はSCP-131-AとSCP-131-BをSCP-173(またはSCP-689の様な同様に監視が必要なSCP)の"監視役"として利用できると考えられます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。