SCP-1310-JP
評価: +5+x

アイテム番号: SCP-1310-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 回収されたSCP-1310-JP-2群はサイト-81██の人型収容施設に保管されます。人型収容施設にSCP-1310-JP-3が出現した場合はCP-1310-JPよりログアウトさせ事情聴取後、記憶処理を施した後解放されます。

SCP-1310-JP内のSCP-1310-JP-1のリアルタイムレートは常時監視され、レートが大幅に変動した場合その時刻でのインターネットまたは緊急通報で収集された異常情報との相関性が調査されます。SCP-1310-JP-3状態の一般市民は発見され次第拘束されSCP-1310-JPより可及的速やかにログアウトさせ事情聴取後、記憶処理を施した後解放されます。またSCP-1310-JP-3の変異を目撃した人物に対しても記憶処理を施します。

現在プロトコル・フォーティテュード‐1310が制定されており、WEBサイト上にてランダムにSCP-1310-JPのデザインを模した軽度ウイルスを含んだアプリの宣伝を行っています。 

現在SCP-1310-JPの製造元の特定が急がれています。

説明: SCP-1310-JPは携帯端末で仮想通貨を取り扱うことの出来るアプリです。SCP-1310-JPを運営している個人または組織の特定はされていません。利用者はユーザーネームとID、パスワード、使用言語を設定することでアカウント登録が可能です。使用言語には複数の未知の言語が含まれています。複数のアカウントを持つ試みは失敗しました。SCP-1310-JPで扱われる仮想通貨(以下SCP-1310-JP-1と呼称)は現在世界で流通するどの仮想通貨とも存在が一致していません。SCP-1310-JP-1の単位は███です。

SCP-1310-JPの異常性はSCP-1310-JPのインストールされた端末(以下SCP-1310-JP-2と呼称)のアプリ内でSCP-1310-JP-1を購入し、その価値が変動することで発現します。アプリ内で買われたSCP-1310-JP-1の価値の変動はSCP-1310-JP-1を購入した時点での価値を基準に、その利用者(以下SCP-1310-JP-3と呼称)の身体、または能力に影響を及ぼします。価値が騰貴1した場合はSCP-1310-JP-3の体には利益と見なせる身体の変化、または能力の付与が発生し、下落した場合は不利益と見なせる変化が発生します。下落により発生する影響には下限が存在すると想定され、SCP-1310-JP-3に及ぶ影響はこれを下回るとSCP-1310-JP-3の消失という形で停止します。この場合SCP-1310-JP-3はSCP-1310-JP-1の価値が自身が消失した時点での価値を上回ることで再出現します。またSCP-1310-JP-3は価値が騰貴したことによって身体へ付加された変化、または能力を完全に把握しておりそれらを自由に使用することが可能です。加えて付与された変化、または能力はSCP-1310-JP-3の任意よって消失させることも可能です。価値が騰貴することで付与される変化や能力の数はSCP-1310-JP-1の価値の騰貴によって加算されていき、重複して出現または使用できることが確認されています。これらの付与されたものはそれらが付与された時点でのSCP-1310-JP-1の価値より下落することで随時消失します。SCP-1310-JP-1の価値の変動による影響は1分毎に反映されます。現在事件1310-JPを受けてSCP-1310-JPによる実験は停止されています。

SCP-1310-JP-3はSCP-1310-JPからログアウトまたは退会することでその影響下から離脱し、アカウント設立前の状態へと戻ることが可能です。再度ログインを行うと対象への影響が再開します。SCP-1310-JP-1を全て売却した場合もSCP-1310-JP-3の身体はアカウント設立前の状態へと戻ります。例外としてSCP-1310-JP-3が消失した状態でログアウトを行った場合SCP-1310-JP-3はそれ以降再出現せず、再度のログインはアカウントの凍結により失敗します。

SCP-1310-JPは「友人が目の前で消えて再び現れた」という内容のSNSでの投稿から財団のエージェントに感知され、消失されたとされる人物(以下対象と呼称)へのインタビューの結果SCP-1310-JPが発見されました。またインタビューより「気づいたらインストールされていた」との情報が得られましたが、対象の端末を精査した結果SCP-1310-JPをインストールした日時の情報は存在しませんでした。また端末の製造会社への調査の結果SCP-1310-JPがデフォルトのアプリケーションとして導入されていないことも判明しています。

事件1310-JP
実験記録1310-JP-13の終了後、D-23677をアカウントからログアウトさせる直前にSCP-1310-JP-1の価値が██倍にまで高騰しました。これによりD-23677に異常性が発現、[編集済]とみられる現象を使用しサイト-81██から脱走しました。この際SCP-███-JPを含む複数のオブジェクトの収容違反が発生し███人の死者を出しました。脱走したD-23677はSCP-1310-JP-1の価値の下落によりその異常性を消失、その後機動部隊によって終了されました。

事案1310-JP-A
201█/██/██にSCP-1310-JP-1の価値が大暴落を起こしました。これにより一般市民の他政界や民間大企業、スポーツ業界などの複数の著名人が「目の前で消えた」との報告が上がっており、また目撃情報の無い行方不明者も確認されています。これを受け一部の消えた著名人の携帯端末を調査した結果SCP-1310-JPがインストールされていることが確認されました。消失した人物の目撃者には記憶処理を施し、メディアには通常の行方不明であるとの情報を提供してあります。現在消失したとされる人物の携帯端末は人型収容施設に保管されています。

事案1310-JP-Aの時刻に[データ削除済]が消失したことにより[データ削除済]がSCP-1310-JPを利用していたことが判明しました。これにより[データ削除済]は[編集済]されたのち処罰の対象となりました。

補遺: SCP-1310-JPのアップデートにより「アプリの共有」機能が追加されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。