SCP-1319
評価: +5+x

アイテム番号: SCP-1319

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1319-1およびSCP-1319-2は現在、サイト-██で別個の収容室に保管されています。SCP-1319-1とSCP-1319-2同士を3m以内に近づけないようにしてください。これは、両者による暴力行為が発生しうるためこれを防止し、かつ、両者が収容に協力することを確実のものにするための措置です。SCP-1319-1には脚がなく、そのために移動するのが困難である場合は、担架を使用することが許可されています。

SCP-1319-1あるいはSCP-1319-2が関与する実験を行う際は、少なくとも1名以上のレベル3職員の許可が必要です。

説明: SCP-1319は2体の異なる実体の総称です。

  • SCP-1319-1は研究助手█████の上半身です。SCP-1319-1は█████の胴体上部、頭部および腕で構成されています。█████の頭部があるため言葉を話すことができ、SCP-1319-2よりも意思疎通が遥かに容易です。脚が無いことに順応するため、手で自身を引きずって移動します。食物の摂取を好みますが、摂取された食物は必ず胴体に開いた穴を通じて体内から出てきます。
  • SCP-1319-2は研究助手█████の下半身です。SCP-1319-2は█████の胴体下部および脚で構成されています。頭部や関係する器官が無いのにも関わらず、研究者から与えられた命令を聞き取ることができ、また、周囲の状況を知覚することができます。頭部が無いため、SCP-1319-1よりも意思疎通が遥かに困難です。

SCP-1319-1およびSCP-1319-2はどちらも互いに対して激しい敵意を抱いており、両者を引き合わせた際は頻繁に暴力行為に及ぶことになりました。質問の際、SCP-1319-1は互いに敵意をもっているのは「別れた」事情が原因であると述べています。この「別れた」というのはおそらく両者が生じた出来事をさしていると思われます。両者は肉体の半分が喪失していることや、分離した際に生じた負傷に対して不安感を抱いているようには見えません。

SCP-1319-1およびSCP-1319-2はともに研究助手█████の元来の人格を有しておらず、また、互いが完全に無関係の別個の存在であるように振る舞っているわけでもありません。両者は食物や空気を必要としませんが、食物の摂取や呼吸などを行うことを好んでいるようです。しかし、両者の肉体には栄養を獲得したり酸素を取り入れたりするための機能を有していません。

SCP-1319-1およびSCP-1319-2が生じたのは20██年██月██日午後1時25分のことです。このとき、研究助手█████はサイト-██の食堂で昼食をとっていました。突如、彼は「おい。何だよこれは。何なんだよお前は」と言ったかと思うと、数秒後にSCP-1319-1およびSCP-1319-2に勢いよく分離しました。SCP-1319-2がその場から逃走を図った一方、SCP-1319-1はテーブルをよじ上り、研究助手█████の昼食を食べるのを再開しようとしました。その後、両者は収容されました。この出来事が起こった潜在的な原因について調査が行われていますが、依然としてその原因は判明していません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。