SCP-1322
評価: +4+x

アイテム番号: SCP-1322

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1322は、内面にアブレータを使用し、粒子ビーム・核・核でない爆発・腐食に対して強化された球状クラスVIII格納室へ密封格納した上で、定期的に損傷を検査し、ウイルス及び細菌汚染に対して監視を行います。格納室内の気圧は、可能な限り低レベルを保たなければなりません。気圧が6.00×10-2パスカルを超えた場合、手順1322.CD.S311を開始してください。抗病原体対策として、格納室内の放射線レベルは毎秒4.5レントゲン未満を保ってください。実施要項は日常的にアップデートされるので、格納要項の補遺のための文献1322-C-SSR-V-0886を参照してください。

説明: SCP-1322は安定した時空間異常で、現段階では平行宇宙への次元間開口部であるという仮説が立てられています。対象は空間に固定しており、対象の研究及び格納のために建設されたサイト-122に覆われています。

形状はほぼ楕円形で、長軸(水平軸)は約2.5cm、垂直軸は約1cmです。対象は二次元で、真北からおよそ36度西へ向いており、水平線に垂直な平面と共平面をなしています。

物質とエネルギーは、通行可能なワームホールのように、時空間異常を通過することができます。ワームホールの反対側出口周辺の光学的環境次第では、ワームホールの反対側空間を直接観察することが可能です。断面の大きさが時空間異常の大きさを超えない粒子及び物体であれば、対象に投入することが可能であり、つまり平行宇宙へ移送することができます。対象は、音を伝達しません。

時空間異常の"向こう側"に存在する平行宇宙は、公式にはSCP-1322-Aと呼称されていますが、口語では"ハートル"1という用語が使用されています。対象は、人工的かつ故意に、SCP-1322-A側より生成されていると考えられています。SCP-1322-Aの住人は、さらなるSCP-1322の生成に成功しているようには見られず、またSCP-1322次元の改造あるいは閉鎖にも成功していないようです(そうしようと試みる、彼らの大規模な努力にも関わらず)。

時空間異常は、およそ1952年に標準空間へ出現したと見られ、財団は速やかに対象出現地の管理態勢を確立しました。財団は当初、SCP-1322の反対側の文明との通信など、大規模な研究プログラムを実施していましたが、現状における財団の努力は、SCP-1322の封じ込めに焦点が当てられています。下記の管理及び観測ログの抜粋を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。