SCP-1322-J
評価: +19+x

アイテム番号: SCP-1322-J

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1322-Jは事実上、自己完結型であるため、最小限のセキュリティが要求されます。休憩室は無期限に閉鎖され、実験のみに制限されます。実験は現在SCP-1322-J-1へのアクセスに焦点を当てています。危険な異常存在や異常現象の発生によって、収容違反が発生した場合、SCP-1322-J-1へのアクセスを防ぐために追加の警備員が割り当てられます。

説明: SCP-1322-Jはサイト-27の休憩室に位置し、高さ2メートル、直径1メートルの時空異常であり、SCP-1322-J-1と指定された平行宇宙につながります。SCP-1322-J-1は別時空の、財団のサイト-27の休憩室へと導くようです。

SCP-1322-J-1は鏡像異性的な性質を除いて通常の現実と同一であるようです。この効果により、鏡像異性的な相手はSCP-1322-J-1に入ることを防ぐため、職員がSCP-1322-J-1に入ることは現在不可能です。SCP-1322-J-1実体と協力しようとする試みは、その異常な鏡像異性の結果であると思われるものから無駄になり、コミュニケーションをとることは不可能です。

SCP-1322-Jはキャメロン・バーンズ研究員によって発見されました。キャメロン・バーンズは未知の異常存在を警備員に直ちに警告しました。現在、バーンズが収容を担当しています。

実験1
成功: N
行動: バーンズ研究員がSCP-1322-Jに入ろうとしました。
結果: バーンズ研究員はSCP-1322-J-1-バーンズと衝突します。 バーンズは23分間にわたりSCP-1322-Jに入ろうとしますが、SCP-1322-J-1-バーンズによって防がれます。 SCP-1322-J-1-バーンズが攻撃的になった後、実験は中止されました。

実験2
成功: N
行動: 機動部隊エータ-15( "チェスプレイヤー")は、SCP-1322-Jに入るために必要な手段を講じるよう命令されています。
結果: 機動部隊エータ-15は、即座に対戦相手との戦闘に突入しました。予想通り、機動部隊エータ-15のどちらも進展が見られませんでした。機動部隊エータ-15が手榴弾を使用した後、実験は中止され、3人のメンバーは入院を必要とする怪我を負いました。

実験3
成功: N
行動: ドローンをSCP-1322-Jに向かわせます。
結果: ドローンは別のドローンによって侵入を防がれました。

実験 4
成功: N
行動: ドローン(D-1)を別のドローン(D-2)の上にテープで貼り付けます。衝撃によってD-1がSCP-1322-J-1内に侵入することを期待し、時速60kmでSCP-1322-Jへ向かわせます。
結果: D-1はD-2の衝撃によってSCP-1322-J-1に向かって投げ出されましたが、全く同一の軌跡を描いた相手によって防がれました。

実験 5
成功: Y
行動: D-23432は命令に背いた場合即時終了されるという条件でポータルに入るよう命じられています。
結果: D-23432はSCP-1322-Jについて混乱しているように見え、これは異常存在ではないと主張しました。 D-23432はSCP-1322-Jに入ることを拒否しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。