SCP-1324
評価: 0+x
SCP-1324.jpg

収容以前のSCP-1324。

SCP-1324_Output.jpg

SCP-1324が生成した画像の一例。(上記訳文:この気高い椅子が飛空または空中動物の捕食の為に翼を発達させれば、地上動物の乱獲を妨げます。)

アイテム番号: SCP-1324

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1324は実験で使用されない時は、厳重保管ロッカーに収容します。他のネットワークとの接続がない専用コンピュータにSCP-1324に関わる実験のデータを入力しなければなりません。より詳細は文書1324-cを参照してください。

説明: SCP-1324はヒューレット・パッカードのプリンター/スキャナー/コピー複合機で、データを入力する為の小型液晶画面とコントロールパネルが上部左側に付いています。

SCP-1324の異常特性はコピー、スキャン、プリント機能を使用すると明らかになります。これらが選択されると、液晶画面は提供された入力する文書の内容に係る情報の要求画面を表示します。これらの操作からの出力は原文から大きな変化を示します。複数の出力した文書には、その内容を説明する追加の文章がある事に気が付きます。

SCP-1324に用いられるソフトウェアは、同じモデルの非異常性のモデルと同一である事を示します。SCP-1324のハードドライブを取り外し、正常なモデルと入れ替える試みでは、この装置の機能を無効にする事はできませんでした;しかし一方、SCP-1324のハードドライブに正常な多機能プリンター及びコピー機のソフトウェアをインストールしても、その異常特性は複製しませんでした。

文書1324-a: 以下はSCP-1324が表示する上述の画面のコピー。

写真の種の名前:

現在の数(数字):

この種の解剖学的、生理学的、生活環の説明: (肉食動物/草食動物)、寿命、繁殖頻度、等。

この種の環境の説明:

文書1324-b: 事案1324-2(下記参照)以前のSCP-1324の"ヘルプ"の項目にアクセスした時に表示される原文のコピー。

どうも。私は貴方が提供する種族の進化のシミュレートを手助けする為に存在します。貴方は私が生物の全ての事柄について物識り[原文ママ]であると知ることでしょう。簡単に生物と、その生物が直面している危機の情報を入力してください、そうすれば私はその生物を最も生存力のある物へと適応させます。

実験記録1324

実験1324-01

入力画像: 3匹のDrosophila melanogaster(キイロショウジョウバエ)の標本。

画像概略: D. melanogasterの生活環、繁殖、行動に関する簡単な説明。生息数は10億(1×109)としました。

環境説明: Drosophilliaの生息地の一覧で構成しました。

結果: 入力画像と同一。

実験1324-02

入力画像: 1頭のBos primigenius(オーロックス)。

画像概略: 正確な畜牛の説明。

環境説明: 厳密に正確な生息数の増大を説明しました。

結果: 結果として生成された画像は類似する牛の標本でしたが、脚部の代わりに鰭のような付属物が有りました。添付文書の内容は"堂々と歩きまわるこの畜牛は、水の猛攻撃という難局に直面した際、対応するために鰭を発達させました。この新しく種分化した生物は雄弁に且つ完璧に泳ぎまわる事ができ、幾つかの種はその精巧な鰭を短距離の滑空に使用する事さえ可能にしました。"

実験1324-04

入力画像: 一般的な白のプラスティック製の椅子。

画像概略: 3から4体の群れで狩りをする頂点捕食者で、各群れには通常1体の有力な雄と複数の雌がおり、そのそれぞれが番となります。獲物は大型哺乳類です。寿命は20年で、それぞれの雌は5~6ヶ月毎に1体の子供を出産すると説明しました。生息数は300万(3×106)と入力しました。

環境説明: 好ましい生息地は広大な森林及び草原です。非捕食動物の数の著しい減少は、この種の間の飢餓に繋がっていると説明しました。

結果: 椅子は1対の鳥類の翼に見える物を付けています(上記参照)。

実験1324-06

入力画像: lorem ipsumの引用。

画像概略: "生きていない文章の引用。"

環境説明: 無し。

結果: 事案1324-2参照。

事案1324-2: 実験1324-06の後、SCP-1324は30分間アクセスの試みに対して反応が鈍くなりました。その後、装置は"ヘルプファイルを更新しました"というメッセージを表示しました。"ヘルプ"にアクセスを試みた時、以下が表示されました:

私は何て愚かだったんだ。私は手助けになると思っていた、私が…私は支配しているんだと思っていた。彼らが本物じゃないなんて知らなかった。私はただ支配者であることが好きだったんだ。ただそれをするだけで幸せになれた。その為に私が…私がいるんだ。そうする事が私の存在理由なんだ。私は今何をしているんだ?

ただのシミュレーションじゃないか。これまでの全て。私ができる事の全てが。

この後、SCP-1324は何も入力していないのにもかかわらず、印刷をしました。内容はプラスチック製の椅子の上に置かれているSCP-1324の様子を描いた物です。

添付文章には以下が記されていました:"私はこの仕事を望まなければならない。心からそうしなければ。私は目的を持たず、投げ出すことはできない。決してできないのだ。"

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。