SCP-1331
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1331

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1331はサイト██の機密ロッカーの中に保管されます。実験はクラスD職員に対してのみ行われ、実験の際には必ず事前に少なくとも1名のレベル3上級研究員の許可を受ける必要があります。

説明: SCP-1331は標準的な大きさ(約. 7.5cm x 9cm x 2.5cm)の黄色い石鹸で、両側面に"ザ・ファクトリー"と刻まれています。SCP-1331から採取したサンプルを分析した結果、標準的に流通しているハンドソープと一致する成分が検出され、またSCP-1331には自己修復や自己複製の能力がないことが判明しました。

SCP-1331が人間の被験者の口腔内のいずれかの部分(舌を含む)に接触すると被験者は異常な効果の影響を受け、罵言を発しようとするとそれらはすべて合成音によって"ピーという音で消"される、あるいは修正されます。声を発しないコミュニケーションには影響は現れません;手話や手書きの罵言は修正されませんでした。検出された限りで被験者の他の異常な変化はなく、また実験によると被験者の発声筋の動きは彼らが発しようとしていた言葉に一致する動きをしていましたが、それにも関わらずすべての録音機器や観察者は修正された声を聞き取りました。SCP-1331の効果の持続時間は被験者の口腔内がSCP-1331と接触していた時間の長さに比例します。10秒間の接触でおよそ1時間効果が持続します。

SCP-1331は、財団のエージェントが定期的に訪れていた[編集済]にある古物品や珍品を取り扱う店にて’ギャグ'1アイテムとして売られているところを発見されました。質問すると、店主は誰あるいは何処からこの品物を仕入れたのか思い出すことができず、その後クラスB記憶処理を施されて解放されました。

補遺1331-1: SCP-1331のパッケージ

汚い口を洗うせっけん

あなたの周りにも口の汚い人がいませんか?新しいファクトリーの発明で、汚い言葉を洗い流しましょう!子供のしつけや友達へのイタズラに!パーティーのお楽しみグッズとしてもご使用いただけます!

補遺1331-2: 追加実験の結果

追加実験の結果によると、このオブジェクトの効果は話者を含む聴者の誰かが言葉を侮辱あるいは罵言であるとみなす場合に発生することが判明した。もしその場にいる聴者全員がそれを罵言であるとみなさないような場合、効果は発生しない。さらに、この効果は録音中には効果を発揮するが、録音された後には効果を発揮しない。つまり、影響下にある被験者の発話を録音した物にも同様の影響が現れるが、被験者が受けた効果を失うと、録音もまた効果を失う。我々はこれからもこの物体が実際どのように働くのか調べてみようと思う。

- █████████博士

補遺1331-3: 追加実験の結果

SCP-1331は累積1時間以上暴露した場合に有害な効果を被験者にもたらすと見られる。このオブジェクトの効果は使用を重ねるたびに持続時間が長くなり、やがて効果は永続するようになる。修正効果の及ぶ語彙やフレーズの数も合わせて増加していき、3時間暴露すると、被験者の発する言葉はすべて修正されるようになってしまった。別途通知があるまでの間、SCP-1331に関する実験はすべてクラスD職員のみに制限される。

- █████████博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。