SCP-1348
評価: +3+x
1348-1.jpg

SCP-1348-02開始前のSCP-1348-03内部映像

アイテム番号: SCP-1348

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 輸送が不可能な為、SCP-1348はエッドゥルーズ山地のシリア・アラブ共和国エル・タバク南東部81kmにある考古学収容設備のサイト87にて収容されています。区分けされた収容任務はC-1348-A("A班")とC-1348-B("B班")として振り分けます。サイト管理官ビンヤミン・カーンとチームB管理官█████ ██████との隔週の収容評価会議を除き、AとB班の意思疎通は会議室2a号室のみで行います。相互汚染の危険性を最小にする為に、儀式のしきたりと実行に関係する全内部班の意思疎通はY染色体ハプロタイプCMH-6に属している職員を通じて行わなければなりません。

収容班Aはクラス4サイト管理職員による推薦の下、財団従業員から構成し、以下の点を欠格要件とします:

  • 宗教の現役信者である。
  • 記録されているミーム媒介に対し、以前に曝露したことがある。
  • アムハラ語、ゲエズ語、アラム語、南方セム語に堪能である。
  • SCP-████からの発信に対し、以前に曝露したことがある。

A班の任務はSCP-1348-02の実行に必要な必需品の提供、B班及び民間執行者の迎合性の監視、儀式的収容に参加する執行者の選択、日々のSCP-1348-02実行のために更新されたプロトコルの提供、収容地域から休暇を願い出たB班の班員の監視、プロトコル228-MELECHAHの開発・遂行です。228-MELECHAHに関係する職員はSCP-1348-02の記録または複写、SCP-1348-03への侵入、SCP-1348-01-Eの死体を見ることは決して許可されません。

収容班Bの候補者はドルーズ派、マンダヤ教、ミズラヒ・ユダヤ集団の女系子孫から選出します。Y染色体ハプロタイプCMH-6の人間は厳重に失格とします。財団従業員の中から適格な候補者を探し出すことは実質的に困難である為、サイト管理官の承認の下、適切な家系を持つクラスオメガ民間執行者を財団職員の代用とすることが可能です。夜明け、正午、夕暮れ時において、選出された執行者は現在の儀式プロトコルに従いSCP-1348-02を執り行います。

常に儀式の執行者は、文書742-KITABと983-RASA'IL、更にA班によって設けられた追加プロトコルで指定されている所定の儀式純正規則に従い行動することになっています。宗教的禁忌の実行指示や宗教的義務の禁止といった純正規則との衝突がある限りでは、執行者は個々の倫理的選好をサイト管理官に表明することが認められます。儀式的に不純な物質を意図せず摂取することを避けるため、B班に属する執行者は非経口の栄養のみを摂取し、サイト管理官█████ ██████の監督の下に儀式を遂行します。ミーム転移の継続的な危険性により、SCP-1348-02の実行はSCP-1348-03の収容が必要になった時のみ許可されます。

B班の班員と民間執行者は内部収容域からの退出、家族との接触、そしてサイト管理官の書面による了承を得た際にのみ財団機密文書にアクセスすることが許可されています。中央部収容規約の違反は、プロトコル228-MELECHAHの即時実行と228-MELECHAH班に対する主要な収容責務の移転の根拠と成ります。

説明: SCP-1348はエッドゥルーズ山地のシリア・アラブ共和国エル・タバクから81kmに所在する洞穴を改造した施設です。2006/03/06にIAEA監視団が最初に発見した時は、この施設はシリアの原子炉を収納するための物だと考えられていました。以降に行われたイスラエルの現場への空襲により、3つの未知の部屋が発見されました。イスラエル・シリア政府間の協約により財団エージェントが応答し、SCP-1348-01、02、03の収容とサイト87収容設備が建設されました。

1348-2.jpg

詳細:SCP-1348-03部屋内部の浅浮き彫り

SCP-1348-01-Eは異常な人型存在であり、当初SCP-1348の儀式施設内部で現在SCP-1348-02と指定されている儀式行為を行っている所を発見されました。初期収容の3週間後、████/██/██に対象はてんかん重積状態に陥って死亡しました。収容の間、対象は未知の南方セム語を発しましたが、財団職員と意思疎通を試みようとはしませんでした。食物、水、寝具は拒否されました。静脈注射による栄養補給は不可能であることが判明しました。それ以外に対象は異常な行動を示しませんでした。検死結果は文書SCP-1348-SMR-9を参照してください。

SCP-1348-02は起源不明の儀式行為です。SCP-1348-02の口頭部分は未知の南方セム語で行われます。はっきりしない儀式基準を満たした個人がSCP-1348-02を適切に実行すると、XK-734、XK-918、XK-337シナリオの不可避的前駆事象である「SCP-1348-03周囲の隔壁が完全に下がりきってしまうこと」を防止します。現時点でSCP-1348-02の基礎を成している宗教的教義の詳細、SCP-1348-02に適切に参加するための必要な儀式の基準、SCP-1348-02と隔壁の下降を結ぶ因果メカニズムは推論的、または不明です。

適切な執行者によって実行される時、SCP-1348-02の十分な実行はミーム的毒性を持ち、曝露の38%において、被暗示性の誘発、宗教的熱狂、儀式実行への欲求が見られました。曝露の繰り返しは儀式に関する強迫的衝動をもたらします。SCP-1348-02のミーム伝染率は、継続的な儀式の実行が完成形へ近づくにつれて増加すると思われます。理由は不明ですが、ハプロタイプCMH-61の人間はこのミーム転移の副作用に対して耐性があるようです。SCP-1348-02の複写と記録には毒性が無いと考えられていますが、既存の収容指針では財団言語学者による完全な儀式記録への曝露を最小限に抑えるよう要求しています。

SCP-1348-03はSCP-1348施設の中央の部屋です。高い中性子束の為、部屋は高純度放射性廃棄物または保護されていない炉心の貯蔵場所であると当初考えられていました。遠隔無人機を介した最初の調査により、原セム族の様式で装飾された精巧な長方形の部屋であることが判明しました。繰り返し表現されるモチーフには、雄羊や蛇、屠殺された雄牛、傷ついたライオン、鷹、SCP-1348-02と同様の儀式行為の描写があります。部屋の中央には半径9mの祭壇があり、ベリリウム青銅から成る円筒形の隔壁に囲まれています。夜明け、正午、夕暮れ時になると隔壁は下降し、SCP-1348-03内部の中性子束は致死レベルにまで上昇します。SCP-1348-02の実行は、執行者へ放射能汚染に対する十分な保護を提供し、またせり上がった外部隔壁による完全な密封をもたらします。

隔壁の内部を見る試みはSCP-1348-02を実行中の執行者を除き、失敗します。財団職員を含む執行者は内部について説明できないか、説明することを拒みます。SCP-1348-03の隠された領域に関する確証情報については、クラス4職員のみ文書SCP-1348-SMR-11で閲覧できます。

補遺:

要O5アクセス権:最終事案評価SCP-1348-ICL-8

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。