SCP-137-JP
評価: +45+x
scp137.jpg

プロトコル"ナイトパレード"中の財団エージェント3名とSCP-137-JP実体(右端)

アイテム番号: SCP-137-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-137-JPは性質上、施設での収容は困難です。そのためSCP-137-JPが発生した場合、周辺道路を全て封鎖し、民間人との接触を阻止して下さい。必要に応じて「道路工事」や「ヒグマ注意」などの標準的カバーストーリーを実行します。

市街地に出現した場合はプロトコル"ナイトパレード"を実行します。プロトコル"ナイトパレード"は、財団フロント企業「サプライズ・コミカル・パレード(SCP)」による活動として行われます。エージェントは着ぐるみや警備員に偽装し、民間人にSCP-137-JPを仮装パレードであると思わせて下さい。SCP-137-JPに物理的な接触を試みる民間人は、エージェントによって穏当な手段で阻止されます。

説明: SCP-137-JPは深夜の路上を行進する、実体の集団です。多くの実体はいわゆる「着ぐるみ」のような姿をしています。モチーフは器物や動物などが多くみられますが、不明なものも多数あります。確認された全ての実体は物理的な影響を受けますが、損傷によって行動不能になることはありませんでした。

出現後、全実体は集団で移動を開始します。この移動の目的や目的地は不明であり、全ての事例において移動中に突然消滅しています。消滅後の追跡の試みは成功していません。移動ルートについても、規則性は確認できませんでした。

出現する場所についても、はっきりとした規則性は確認できていません。しかし出現しない期間が長くなればなるほど、前回出現地点よりも遠い地点に出現する傾向があります。このことから、SCP-137-JPは消滅後も移動を続けているのではないかとみられています。

財団によって確認された███件の事案により、SCP-137-JPの出現日には一定の規則性があることが判明しています。全体の38.3%は██月██日・██月██日・██月██日・██月██日・██月██日に発生していました。それ以外については母集団の不足のため統計学的な有意が認められず、調査と分析が続けられています。

多くの場合、SCP-137-JPは人間に関心を示しません。明らかな脅威や、宗教的なオブジェクトに対しても無反応です。しかし敵対的な物理干渉(進路の妨害や攻撃、捕獲の試みなど)を受けた場合は全実体が一斉に反応し、対象を連れ去ろうとします。対象がSCP-137-JPに捕獲された場合、SCP-137-JPの全実体と共に消滅します。Dクラス職員を用いた実験では、全ての信号が消失し回収不能となりました。

SCP-137-JPは路上であれば、どこにでも出現します。インシデント137-JP-01を参照して下さい。

インシデント137-JP-01 - 日付20██/██/██

場所: 中国自動車道 ██IC~██IC区間(下り)の高架上
記録方法: 監視カメラによる映像 ・音声なし

<記録開始>

開始直後: 路上にSCP-137-JPが出現。総数は1個体の定義が難しいため不明だが、およそ██体と推測される。全実体が██方面に移動中。

14秒後:黒の████製普通乗用車が、推定時速130km以上でSCP-137-JP実体のひとつに衝突。SCP-137-JP実体は大きく損傷するものの、活動を継続。乗用車は大破、停車する。

16秒後: SCP-137-JPの全実体が一斉に移動を停止。停止した乗用車に反応し、接近を開始する。

28秒後: 乗用車がSCP-137-JPにほぼ完全に包囲される。SCP-137-JPは乗用車を大きく揺さぶり始める。

34秒後: 乗用車の運転席から、パニック状態の男性が飛び出してくる。

39秒後: 男性は逃走を試みるが、複数のSCP-137-JP実体に阻まれる。必死に抵抗するものの、多数のSCP-137-JP実体によって完全に拘束される。何か叫んでいると思われるが不明。

42秒後: 男性およびSCP-137-JP全実体が不意に消滅する。大破した乗用車だけが、その場に残される。

※以降、終了まで変化なし。

<記録終了>

結果: 乗用車には無数のへこみが確認され、フロントガラスは砕かれていました。全ての記録は回収され、野生動物との接触事故として適切な隠蔽工作がなされました。
男性は行方不明のまま、現在も発見されていません。

分析:SCP-137-JPが都市部の高速道路や空港の滑走路などに出現した場合、収容および隠蔽工作が極めて困難であると思われます。

補遺: 財団はSCP-137-JPに関連があると思われる人物を保護しました。インタビュー137-JP-01を参照して下さい。

このインタビューから得られた情報により、新たに完全収容プロトコル"Special Costume Party"が立案されました。通知のあった職員はプロトコル実行に備えて下さい。以下の装備は申請中です。
 ・人数分の着ぐるみ
 ・サイト-81██内に新設予定の神社
 ・████リットルの日本酒

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。