SCP-1371-JP
評価: +66+x
DN2_VIpVoAAaiQX1.jpg

SNSに投稿されていたSCP-1371-JP-Bが写り込んだ画像

アイテム番号: SCP-1371-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1371-JP-A,Cはそれぞれ別の非生物保管ロッカーに収納し、常に施錠してください。SCP-1371-JP-Aを使用した実験はセキュリティクリアランスレベル2以上の職員の許可を得た上で行ってください。SCP-1371-JPの存在が外部に漏えいする危険性がある為、如何なる内容の実験も現在は禁止されています。

発売前のペットフードの新製品の情報を常に確認し、SCP-1371-JP-Aと同様の形状に[削除済]の肉とチーズを使用していた場合は該当商品を回収し、カバーストーリー『異物混入』を流布して発売を中止させてください。

説明: SCP-1371-JP-Aは、日本国内で██████株式会社から201█年9月に発売された犬用スナックフードです。25×17cmの袋状のパッケージに120g分収納された状態で販売されており、[削除済]の肉1とチーズを練り込みデフォルメされた骨の形をしたビスケットです。SCP-1371-JP-Aは通常の動物が摂食しても問題はありませんが、未開封のSCP-1371-JP-Aを野外で開封するとSCP-1371-JP-Bが一時的に出現します。

SCP-1371-JP-Bは、全長約10mのイエイヌ2の頭部です。SCP-1371-JP-Bは未知の方法で上空を自由に移動します。半透明の状態で視認でき、その透明度は距離に比例している為、500m以上離れると視認が極めて困難になります。SCP-1371-JP-Bの物理的な接触は不可能ですが、SCP-1371-JP-Aを摂食することが可能です。SCP-1371-JP-Bは優先的にSCP-1371-JP-Aの所有者の周囲に滞在しますが、SCP-1371-JP-Aを約10分以上摂食しないでいると、所有者から離れて消滅します。

また、SCP-1371-JP-Bが出現中に別地域でSCP-1371-JP-Aを開封した場合、SCP-1371-JP-Bは出現しませんでした。このことからSCP-1371-JP-Bは1体のみ存在していると考えられます。

補遺1: SCP-1371-JP-Aのパッケージの表面にはデフォルメされた犬のイラストの横に『ベギーくん3に会えたらラッキー☆』と書かれており、裏面には以下の文章が記載されています。

本製品を開封すると、ベギーくんがアナタの元に現れるかも?出会えたアナタはとってもラッキー☆このビスケットでベギーくんのステキな笑顔を撮影しよう!ハッシュタグ〝#ベギーくんと遊んだよ〟を入れて写真をSNSにアップしてくれた方の中から、毎月抽選で5名様にステキなおもちゃをプレゼント!

SCP-1371-JPの存在の発覚から、財団は183枚のSCP-1371-JP-Bが映り込んでいる画像を各SNSサイトで発見しました。SCP-1371-JP-Bの存在が多数の人物によって認知されてしまったことから完全な情報の消去は困難であり、財団はSCP-1371-JP-Bの存在の信憑性を薄める為にカバーストーリー『クソコラグランプリ』を行いました。その後、カバーストーリー『異物混入』を流布し、当時販売されていた全てのSCP-1371-JP-Aを回収しました。制作元である██████株式会社へエージェント部隊を派遣しましたが、パッケージに記載された所在地は██県の██市にある自然公園で、██████株式会社と関連性のある施設は確認されていません。

補遺2:
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。