SCP-138
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-138

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-138 は必要最小限の措置しか要しない。人道上の観点から、現在 SCP-138 を薬物により常時昏睡状態にしている。

説明: SCP-138 は4000歳超と思われる人間の男性である。身長およそ1.5メートル、やせ衰え、皺くちゃである。SCP-138 の正確な起源は不明である。SCP-138 は2006年にエジプトにて、1922年に発掘されたツタンカーメン王の墳墓の付近に位置する別の墳墓で石棺に封印された状態で発見された。生きた存在が墓所から発見され、財団は国際考古学会を担当している潜伏職員から警告を受けた。SCP-138 は速やかにセクター37へ最先端の研究チームによる調査のために移送された。

生理学的見地から、SCP-138 は臨床的に死んでいるはずである。筋組織と臓器の萎縮は深刻な状態であり、生体電気場は安定しているが彼の神経系はたいへん衰弱している。彼はまた多くの致命的な外傷―偶然の事故によるものや本人かまた第3者により意図的にもたらされたもの―が見られる。

彼が「生きている」ことに対する明確な科学的説明はなされない。他の SCP が加速的な再生能力を持ち、死に抗うことが可能なのに対し、SCP-138 はそのような能力を持ち合わせない。彼の肉体は傷を回復せず、単に致命傷にも関わらず機能し続けるだけである。彼の肉体を完全に破壊する有効手段がなんら存在しないと証明されたが、これは打撲にも当てはまる。

SCP-138 はもっぱら古代エジプトの方言を話す。民間の翻訳者を介したコミュニケーションからは、彼が詳細不明の宗教的目的で墳墓に埋葬されたという過去を除いて彼の来歴はほとんど判明しなかった。彼は深刻な負傷から絶え間ない苦痛にあり、幾度も安楽死を要求した。認可・非認可問わず幾通りの試みにも関わらず、有効な安楽死の手段は現在見つかっていない。SCP-138 の包括的な傷害のリストを付記する。

文書 138-27: 「SCP-138 に残る傷害」
古代のもの:

  • 喉の裂傷
  • 胴体の17箇所の傷:9の刀剣による傷、6の槍による傷、そして2の詳細不明の武器、金属ないし木製の刺突武器と推定されるものによる刺傷。

認可された安楽死の試みによるもの:

  • 深刻な悪心(静脈ヒ素中毒によるもの)
  • 身体全体に及ぶ第3度の火傷(SCP-138 は20分間、稼働した工業用焼却炉の内部にいて生存したことを注記する)
  • 深刻な臓器と神経系のダメージ(感電死の試みによるもの)

非認可の安楽死手段によるもの:

  • 気管障害(絞殺を試みたもの)
  • 頭部の2箇所の銃撃による深刻な頭部の外傷
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。