SCP-138-JP
評価: +35+x

アイテム番号: SCP-138-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-138-JPはその性質のため、出現場所付近の封鎖によって対処されています。出現が確認された場合は機動部隊ぬ-9〝夜間工事”がSCP-138-JPが出現した地点から半径███mを封鎖します。「急な工事のため」と説明し、封鎖域内に誰も入れないようにしてください。また封鎖後に侵入者があった場合は拘束、尋問し、クラスB記憶処置を施したうえで解放してください。ただし、SCP-138-JPに侵入した場合の救出行為は厳禁とします。(実験記録138-JP-3参照)

説明: SCP-138-JPは█日から██日の間隔で現地時間17:00頃から翌朝5:00頃までの間、███県██████市の旧██████村付近の道路上、4か所のうち1か所に出現する水田です。現在のところ出現に規則性は確認されていません。大きさは1a(10m×10m)の正方形で水田の中央に案山子が一体設置されています。作物が植えられている様子はありません。

SCP-138-JPの特異性は、SCP-138-JP内に侵入した場合に発現します。一歩でもSCP-138-JPに侵入した人間(以下「侵入者」)は、耳元で日本語による男性の怒鳴り声を聞きます。これは日本語を理解できない人間でもその意図を完全に理解できるようです(インタビュー記録-138-JP参照)。この声は録音機器等に記録されることはなく、侵入者のみが聞き取ります。その声を聞き、すぐに退去した場合は特に危険性はありません。

しかし怒鳴り声の後も退去しなかった場合、侵入者はまるで底なし沼に足を踏み入れたかのようにゆっくりとSCP-138-JPに飲まれ始めます。埋没までの時間は身長により左右されますが、一般的な成人男性ではおよそ█分ほどかかります。GPS、各種記録機器などは埋没した時点で破壊されます。次回の出現時に前回の侵入者数分の案山子が出現し、SCP-138-JPの消滅時に置き去りにされます。これらの案山子の外観は一般的なものです。しかし、構造物は侵入者の服、骨、筋肉、[削除済]等が使われていることが判明しています。また解剖により、SCP-138-JPの消滅時まで案山子が「生きていた」可能性が極めて高いことが示唆されています。

実験記録138-JP-1 - 19██/██/██

対象:ラジコンヘリ 1台
目的:案山子の近距離での観察、およびサンプルの回収
結果:SCP-138-JPの近辺ではエンジン不調、コントローラーの不調などにより離陸不能。距離を取り離陸させ接近させた場合は、コントロールを失い墜落。
考察:どうやら簡単には入らせてもらえないようだ。 — 責任者████ ██博士

実験記録138-JP-2 - 19██/██/██

対象:Dクラス 1名
目的:沈み始めた後の脱出方法の模索。
結果:沈むことを考え、元陸上選手のDクラスを用意し実施した。被験者は沈み始めた後に方向転換し外に向かおうとしたが、「田んぼがどこまでも広がってやがる!!」と叫び、足踏みを始め外に出ることはなかった。また埋没する前に案山子の方を振り返り「こっちに来るな!!」と叫んだ。頭部に装着させたカメラの映像や周囲の職員による視認には異常はなく、水田の大きさも変わらず、案山子も動いてはいなかった。
考察:案山子に何か秘密があるのだろうか・・・だが、今は調査のために脱出方法を考えなくてはな。 — 責任者████ ██博士

実験記録138-JP-3 - 19██/██/██

対象:Dクラス 4名
目的:侵入者が沈み始めた後、水田の外から安全に救助する。
結果:Dクラス1名を侵入させ、ロープにより救助するようDクラス3名に指示した。侵入したDクラスは実験記録138-JP-2と同じ幻覚を見たが、投げ込まれたロープは認識した。何とか侵入したDクラスがロープに捕まることに成功。引っ張り上げようとしたが、足しか埋まっていない状態にも関わらず引き上げは難航。ロープを持っていたDクラスより協力が要請され、責任者である████ ██博士を含む職員6名が協力し合計9名で引っ張ったところ、[削除済]。
補遺:実験後、責任者を████ ████博士に引継ぎ。特別収容プロトコルの一部改定。

補遺:SCP-138-JPに対する全ての実験を禁止とする。少なくとも我々のうちの誰かが首を縦に振る理由がない限りは永遠に、だ。 — O5-██

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。