SCP-1380
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1380

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1380-Aを含む建物は公から遮断され、内部への侵入によるSCP-1380-Aの発見を防ぐための最小限のセキュリティ部隊(デルタ-1380)によって隠匿・保護されるべきです。デルタ-1380はSCP-1380-Aを含む建物への許可なき侵入を可能な限り防止します。しかし、SCP-1380を含む建物は住宅街に位置しており、部隊の存在が露見することを防ぐため、デルタ-1380の司令官は必要な場合には建物への不正侵入を許容することが許可されています。許可なくSCP-1380-Aへの侵入を試みた個人は、無力化の後に記憶処理が施されます。SCP-1380-Aを含む建物にまつわる都市伝説により、近年侵入を試みる事案が増加しています。

エリア-216はSCP-1380-Bを中心に構築され、考古学的な研究拠点に偽装されています。いかなる状況においても、権限のない者がエリア-216に立ち入ることは許可されていません。デルタ-1380のメンバーは、SCP-1380-Aの存在下でSCP-1380-B内を探索することが許可されています。調査はSCP-1380の一過性の現象が継続する限り続けられます。ただしどのような状況においても、SCP-1380-CをDクラスより高位の職員が操作することは許可されず、またSCP-1380-Cの操作による人的資源の消耗を100%防ぐ方法として、遠隔操作が推奨されています。

説明: SCP-1380はテネシー州ドレスデンに位置するドレスデン小学校の、元多目的理科室を中心に発生する現象です。SCP-1380-Aは、ドレスデン小学校の間取り図上に16号室として記載された理科室を含んでいた空間です。SCP-1380-Bは、遠く離れたバハ・カリフォルニア半島の北緯25.2745°、西経111.2037°に位置しています。SCP-1380-Cは元理科室の壁に取り付けられたプラスチック製の電源スイッチで、SCP-1380の特異な現象が発生する前は普通の電源スイッチでした。

SCP-1380-Cが「オン」にされたとき、ドレスデン小学校の理科室は、学校内のSCP-1380-Aの位置にあります。部屋には#16と記された以外に何の変哲もないドアから入ることができます。すべての窓はその部屋から見ることができると予想される景色を映し出しており、すべての配管や電気系統は問題なく稼働しており、容易に室内を探索することが可能です。この間、SCP-1380-Bは普通の砂漠地帯であり、特異な性質が観測されることはありません。

SCP-1380-Cが「オフ」にされたとき、ドレスデン小学校の理科室は、SCP-1380-Bに位置します。SCP-1380-Bの地面は、テーブルや机などの調度品類の接地とともに理科室の床に置換されます。理科室を取り囲むコンクリート壁自体は存在しないにもかかわらず、SCP-1380-Cを含む配管や電気系統は、コンクリート壁が存在していたと思われる位置において空中で静止しています。これまでの発掘調査により、SCP-1380によって発生する、部屋の天井より下の地理的変化は終点がないことが示唆されています。転移した領域は最低でも地表から400mに達し、地球の核まで続いている可能性もあります。

ドレスデン小学校の理科室がSCP-1380-Bに出現している間、SCP-1380-Aはぼんやりとした黒色の外見を持つ領域に変化します。この間にSCP-1380-Aの境界を超えたあらゆる物質は不可解にも消失し、入り口からはあらゆる可視光線や電波、エネルギーを観測できません。同様に、SCP-1380-Cが操作された際、無機物はSCP-1380-Aから-Bへの移転で目立った損傷を引き起こすことはありませんが、有機物は全て消滅します。室内に置いた観測機器と室外の観測者の両方で、SCP-1380-Aから-Bへの移転はほぼ瞬間的であることが確認されています。

補遺1380-1: 背景 2007年2月11日以前には、ドレスデン小学校多目的理科室で異常な事象は報告されていませんでした。SCP-1380に関連する異常現象の正確な開始時間は不明です。この部屋はその日の間中問題なく使用され、1限目から、時刻1445に4限目が終了するまでの間、いかなる目撃者も異常な事象は指摘していません。さらに、同日に発生した、複数の生徒がスクールバスと共に予想外に消滅した現象も重なり、学校は数日間閉鎖されました。SCP-1380は2007年2月14日に、1名の用務員が行方不明となり、SCP-1380-Aへの進入を試みたもう1名の用務員の左手が切断されて消滅したことで初めて発見されました。財団の担当者は学校福祉の検査チームとして、これらの領域を調査し、建物内に深刻な構造欠陥が発見されたとして学校を閉鎖しました。生徒は郡内の他校に転籍されましたが、その途中でヴィンセント・センダー小学校の記録の中に、2007年2月11日の事件以来、理科の担当教員を見かけなくなったという記述が発見されました。財団の研究者はいくつかの点から、彼はSCP-1380の中で消滅したと考えています。彼の消失に関して、当日の「テロ攻撃」によって「破壊」された64番バス内で死亡した、というカバーストーリーが作成されました。

スクールバスを含む異常現象の詳細については、文書SCP-1480を参照してください。SCP-1380に関連した更なる異常現象については、文書SCP-1680を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。