SCP-1399-JP
評価: +14+x

アイテム番号: SCP-1399-JP
pexels-photo-773202.jpeg

SCP-1399-JPのある屋敷

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1399-JPはアメリカ合衆国██████ ████に設置したサイト-0001にて管理されます。実験を行う場合はサイト管理者に申請してください。

Dクラス職員以外の職員がSCP-1399-JPと対面することは禁止されています。その為、今後エージェント、研究員等の職員を起用する実験はいかなる理由があっても許可されません。

説明: SCP-1399-JPはSCP-1399-JP-AとSCP-1399-JP-Bの二つの要素で構成されている異常物品です。

SCP-1399-JP-Aはおよそ30歳前後と思われる両性具有の人間の死体です。SCP-1399-JP-Aは備え付けられた椅子に常に着席した状態を維持しており、特筆する点として一切の衣類を身に着けていない、額から上が切除され大脳が露出している、瞼、唇が全て切り取られている状態等が挙げられます。頸部背面には太さ2cmのケーブルが3本差し込まれており、これはSCP-1399-JP-Aの神経系に接続されています。SCP-1399-JP-Aは通常の死体同様に損壊し、腹部には一度切開し後に縫合されたと思われる痕跡が見られます。外科的検査を試みた結果、内臓全てが摘出されていることが判明しました。現在腐敗などの兆候は観測されておらず、また未知の原理によって拘束されている為、椅子からの移動も行えていません。

Two_women_operating_ENIAC.gif

SCP-1399-JP-Bと同型のENIAC

SCP-1399-JP-Bは1946年代に発明されたENIACと同様の形態をした機械群です。現在、SCP-1399-JP-Aの頸椎部分に接続されたコードとの直結が確認されており、内部機構は完全に停止していますが異常性発生時には電源などが無いにも拘わらず何も記録されていない鑽孔テープを出力します。SCP-1399-JP-Bの規模はENAICの必要面積やその形状の都合上SCP-1399-JPが設置されている屋敷全域を占領しており、それらに隣接している壁や床などには過剰な補強処理が施されています。現在、これらの動力源や機材調達のルートなどは判明しておらず、その為第三者の介入があったとみて調査を継続しています。

SCP-1399-JPの異常性は人間(以下、被験者)がSCP-1399-JP-Aと対面するように着席した上で、オブジェクトと視線を合わせた際に発現します。もしこれを行った場合、そのおよそ10秒後被験者に何かしらの心理的影響を与えます。

現在確認されている影響

・慢性的な鬱
・ストレス状態の改善
・財団に対する忠誠度の低下
・対人恐怖症 など

なお、影響に差が生じる原因は被験者の心理状態に起因していると思われます。これらの効果を制御する試みは現在成功していません。

pexels-photo-783257.jpeg

屋敷内で飼育されていた動物

SCP-1399-JPは1985/██/█のアメリカ合衆国 ████████の█████にて発見されました。当時、これを発見した日本支部職員のエージェント・Piscaはサイト-██の視察を行っており、現地機動部隊の作戦演習を見学している最中に件の屋敷を発見しました。発見時の屋敷の様子は大変荒廃しており、既に家人はいないと思われていましたが、それにも拘らず庭で飼育されていた家畜の健康状態が良好であった点や微小ながらヒューム値の変動なども観測された為、内部調査を開始しました。結果、屋敷中に設置されたSCP-1399-JP-Bと屋敷2階の書斎に配置されていたSCP-1399-JP-Aを発見。この時エージェント・Piscaに同行していた日本支部の機動部隊隊員1名が影響を受け重度の鬱病を発症した事により異常性が発覚、サイト-██と日本支部の協力の下目標を収容しました。なお、SCP-1399-JP-A・Bの状況から財団のサイト管理者は屋敷内部を収容サイトとして改造し、SCP-1399-JPの収容を可能にしました。

以下は実験に参加したDクラスとエージェントに行ったインタビュー記録の抜粋です。

補遺: SCP-1399-JPが設置されている屋敷は本来A█████・████氏という心理学者の持ち物であったと記録されています。しかし、A█████・████氏は1985年現在行方不明となっており、未だに消息は掴めていません。なお、当時近隣を狩場としていた猟師の証言から最後に目撃されたのは1951年の初めであり、その内容から氏は自ら屋敷に入っていった以降に失踪したものと思われます。

屋敷内部を調査した結果、数十点の手術用の器具、血液が付着した工具、自身の研究内容をまとめたと思われる資料が発見されました。なお、手術器具やSCP-1399-JP-BにはA█████・████氏以外の指紋も検出されており、この人物がこれらの物資の提供を行っていたと思われます。現在、この人物の特定には至っていません。

発見された資料の内容はSCP-1399-JP-Aについて深く追求した物であり、この事からA█████・████氏はSCP-1399-JP-Aに関する研究を行っていたと思われます。

以下はA█████・████氏が残した手記の抜粋です。

追記: 1986/██/██ 突如SCP-1399-JP-Bの一部が倒壊し、内部から男性のミイラが発見されました。その後、遺体を検査した結果A█████・████氏本人であることが判明しました。なお、オブジェクト収容時に内部を調査した際はこのような物体は存在しておらず、突如SCP-1399-JP-B内部に出現したと思われます。

遺体の手にはSCP-1399-JP-Bから出力される鑽孔テープの切れ端が握られており、印刷機等で文章が記入されていました。使用されているインクの状態などから、記入されたのは事案発生の直前であると思われます。

以下は発見された文章の内容です。

この事案の後も異常性は顕在です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。