SCP-1408-JP
評価: +46+x

アイテム番号: SCP-1408-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-1408-JPは現在無力化判定を受けています。(詳細は補遺2を参照してください)

SCP-1408-JP、SCP-1408-JP-A-αはサイト-81██内低危険物収容ロッカーで保管されています。定期的に異常性の再発がないか確認してください。

2vO2Ywan.jpg

SCP-1408-JPのコピー。異常性は無い。

説明: SCP-1408-JPは███社製ノートの裏表紙に描かれた蛸のイラストです。日本語の文字列によって構成されており、脚の部分は7・7・7・5音の詩によって描かれています。鉛筆・もしくはシャープペンシルで描かれており、消しゴムなどで消すことは可能ですがおよそ3〜10秒ほどで再生し、元の見た目に戻ります。この時、頭部を消すと文字列に多少の差異が見られますが、脚部を消しても7・7・7・5音の詩の内容は変化しません。また、文字列は必ず文章として成立し、褒められたい、恥をかきたくない、死にたい、殺して欲しいなどのネガティブな内容に集約されます。

SCP-1408-JPを見た人間(以下、対象)は感激し、自分の持つ語彙の限りを尽くしてSCP-1408-JPを称賛します。この称賛には個人差があり、最短で1分、最長で6時間褒め続けた例が記録されています。称賛中の対象とは一切のコミニュケーションを取ることができません。対象が一通りSCP-1408-JPを褒め終わると、対象の手の中に赤のボールペンが出現します。対象はこの赤のボールペンを使用して蛸のイラスト(以下SCP-1408-JP-A)を7・7・7・5音の詩1を口ずさみながら描き始めます。SCP-1408-JP-AはSCP-1408-JPと同様、多数の文字列によって構成されていますが、SCP-1408-JPと異なり褒め言葉によって形成されています。この褒め言葉は対象の語彙力に依存し、内容も対象がSCP-1408-JPを見て感じたことに準拠します。対象がSCP-1408-JP-Aを描いているときに外部から妨害すると非常に強い力で抵抗、振り払われます。

SCP-1408-JP-Aの頭部を描き終わると同時に、対象はSCP-1408-JPに対する興味を失います。多くの場合、対象は描きかけのSCP-1408-JP-Aを放置してその場を立ち去りますが物理的拘束などによってそれが不可能な場合、SCP-1408-JP-Aを破壊、破棄しようと試みます。しかし、生成されたSCP-1408-JP-Aには破壊耐性があるため、その試みは失敗に終わります。

対象がSCP-1408-JP-Aを描き終わってからおよそ5〜10分後、黒の鉛筆と思われる素材によってSCP-1408-JP-Aの頭部が塗りつぶされ、SCP-1408-JP本体と同じように文字列によって描かれた脚部が付け足されます。(この状態をSCP-1408-JP-A-αに指定) この際付け足される文字列はSCP-1408-JPの文字列と同じようなネガティブな内容や、褒め言葉の否定、時には褒め言葉を否定してしまうSCP-1408-JP自身への罵倒などで構成されます。

補遺1: 20██/███/███、SNSに投稿されたSCP-1408-JPの画像によってSCP-1408-JPの収容違反が発生しました。SCP-1408-JP原本はサイト-81██内で収容されているため収容以前に撮影された写真だと思われます。当該投稿はカバーストーリー「アカウント凍結」を適応し削除、SCP-1408-JP-Aも██日かけ収容しました。該当アカウントが非公開アカウントであり、また比較的早期にこの投稿が発見できたことで被害は最小限に抑えられました。

SCP-1408-JP-A収容時に██人のミーム感染者が出たことによりSCP-1408-JP-A-αにミーム的異常性が付与されていることが発覚しました。収容当初はSCP-1408-JP-A-αはミーム的異常性を持たなかったことから、SCP-1408-JPはSCP-1408-JP-A-αの出現によりミーム的異常性が発現する範囲を拡大すると仮定、SCP-1408-JPを用いた実験は凍結され、オブジェクトクラスはEuclidに引き上げられました。

補遺2: SCP-1408-JPに描かれた文字列の筆跡からSCP-1408-JPの作者が██ 文乃氏と判明しました。以下はそれを受けて行われた同氏へのインタビューです。

補遺3: 文乃氏へのインタビューが終わってから約█時間後、SCP-1408-JPは一連の詩に変化しました。以下がその文面です。

殺されたいと 望んだ蛸は 望み通りの 惨死体

もらった餌を受け付けずして何が飢えだ 愚か者

愛されたくて 褒められたくて そして生まれたこの蛸は

望み叶わず 打ち倒されて 海の藻屑に 成り果てる

変化した直後、SCP-1408-JP-A-α群から異常性が消失、SCP-1408-JP本体の異常性も消失したため、██日間の観察の後、オブジェクトクラスをNeutralizedに変更しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。