SCP-141
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-141

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-141は、サイト76に格納されています。SCP-141へのアクセスは、セキュリティクリアランス3以上の職員の、SCP-141を使用するための書類への承諾が必要です。SCP-141が使用中である場合には、財団の目的のため、または研究目的のために、常に割り当てられた研究者が所有していなければいけません。 SCP-141の実験に失敗した場合、厳しい処分が下されます。

財団にはSCP-141の危険性が限定され表示されていますが、それはまだ特定の破壊グループやその他のグループにとって魅力的な標的である可能性があります。このような理由から、SCP-141が、貸し出しが一度に一週間以上に及ぶことはない様にしてください。

説明: SCP-141は、片手で簡単に運べる古代ローマの小さな革表紙写本です。大変年経ているにも関わらず、それは決して、今以上の老化の兆しを表しません。その薄いパピルスで作られたページは常にカリカリであり、これまでに写本から引き裂くことは困難であることが証明されています。放射性炭素年代測定ではSCP-141がどの年代のものか特定する試みに失敗しています。SCP-141が、原点はローマであると決定された理由は、最初はその外観に基づいて、それ以降は歴史的な記録やSCP-141を使用した大規模な調査を通じて裏付け確認されました。タイトルはその背広のテキストに基づいて「Codex Damnatio」(断罪写本)とされてあります。

SCP-141の内容はローマ共和国時代のラテン語で書かれています。その内容は種々多様な法廷審理についての注釈とその最終弁論を詳細に記述したものです。最初期のものは共和制ローマ後期のプロスクリプティオからとられたものです。反対に、最近の出来事では、20██に行われた[データ編集済み]があります。
各ケースには、正確な証人引用およびそれらの重要な証拠の正確な説明というように、広い範囲で書かれています。

SCP-141には、実際に収めている内容の件数は、その150ページよりもはるかに多くの量が含まれています。読者は、事件がこの本の中に収められているかを知るためには、時期または特定の内容の詳細を照らし合わせる必要があります。それがある場合は、ページが照らし合わせた記事に関連するものに変換します。これは、特定の内容(複数可)を囲む歴史的文脈の言及が必要です。 SCP-141に██████教授が行った研究では、SCP-141は[データ編集済み]の有罪判決を含むカトリック教会の異端審問、ローマのプロスクリプティオの多種多様、、スペインの宗教戦争、17世紀の魔女狩りと、20世紀中期の赤の恐怖、等がありました。

SCP-141の後半は空白で、黒インクと任意のペンで書き込むことができます。 SCP-141の使用者は、被害者、証拠、証言、及び容疑者を含む刑事手続に関する詳細な情報を、共和国時代のラテン語で提供する必要があります。後にこの本を読むと、非常に正確で、慎重に手書きで書かれた状態で本の最初の半分の方に書かれています。

この情報がSCP-141に提供される場合、SCP-141に書き込んだ内容は、事件を取り巻く記憶と場合の周囲の証拠に対して、「真実」となるようです。証人の記憶や証言はSCP-141に書き込まれている情報の通りになります。偽装の証拠は記述と合致するようになり、法廷記録または犯行現場に現れる等で、容易に発見することができ、その記述に従って存在するようになります。これには、凶器、容疑者の体液や指紋、盗まれた物、または告発文書などがあります。

SCP-141は、より正確な文言や詳しい説明を必要としますが、行われなかったであろう犯罪行為を引き起こすことが出来ます。この結果は、SCP-141に指定された「有罪」当事者は、SCP-141に書かれた記述と一致するよう刷り込まれた、偽記憶を有することがあります。ですがそれには、所望するシナリオの巧妙な説明を必要とします。これらの記憶は、本来のものを上書きしませんが、実際のにかなり近いように見えます。

慎重な使用者が、気をつけて可能なかぎりの陥穽をできないように閉じていることを確認されなければなりません。 SCP-141の偽装は、出来事の最も重要で、すべての尋問に耐えますが、正確にその中に書かれた思い出や証拠だけを生成します。それは「有罪」当事者に対する裁判を害するだけのように見えますが、安全確実ではありません。そうだとしても、正常に使用すれば、SCP-141はほぼ確実な有罪宣告を下すことが出来ます。免除の場合ですら、「有罪」当事者は、多くの場合、まだ追放され、影響を受けた証人と法執行機関の職員によって村八分にされ有罪と見られ、いくつかのケースでは、当事者が[データ編集済み]。

補遺:
補遺[SCP-141a]:現在進行中のこのテストはSCP-141が誤って有罪判決を受けた無実の男の罪を晴らす能力はあるのか、または審判中に結果を変更すると、何か観測可能な作用はあるのかどうかを判断することです。 「テストケース」にSCP-141を採用する承認が保留されています。

補遺[SCP-141B]:[データ編集済み]という事態があったのを受け、財団の懲戒委員会に関与するか、「有罪」被疑者から署名された権利放棄証書を取らず、D級職員以外の財団のメンバーが関与する、すべてのテストケースは、O5-█により禁止されています。この新しいセキュリティプロトコルの違反を行った場合は厳しく対処されるものとします。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。