SCP-1411
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-1411

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1411-Aの収まる洞窟の中に共同研究施設が構築されており、ここには財団とイスラム・アーティファクト開発事務局双方のエージェントが常時駐屯します。ORIAのコルサンディ大佐が、警備に加えウズベキスタン政府との連携を担当しています。イー博士はSCP-1411-Aの全ての検査を監督します。

48時間おきに、エージェント・ドゥッラーニーはピースリー・プロトコルに従って、SCP-1411-Bの予防保全の全業務を行います。エージェント・ドゥッラーニーの業務遂行が不可能となった場合、代替人材の発見が不可欠です。自主的な参加が望まれますが、志願者が見つからない場合には、コルサンディ大佐は現場の任意のエージェントを任命する権限を与えられています。

財団とORIAの双方が、SCP-1411の研究に関する全文書へのアクセスを許可されています。

説明: SCP-1411-Aはウズベキスタン南東部、トルキスタン山脈内の洞窟で発見された機械の集合体です。多くの機器の目的と機能は不明ですが、いくつかのパーツは未知の手段により伝搬される信号の受信機であると評価されており、特に1つのセクションは送信機であると特定されています。機械群の中心には大型のビデオディスプレイが存在し、未知の地点を映し出しています。

この地点にはSCP-1411-Aに似た機械が存在し、SCP-1411-Bと指定されています。これは、部分的に崩壊した石材と金属からなる建造物に収まっているようです。建造物の開口部を通して空が観察できます。太陽は直接は視認できませんが、昼夜サイクルはおよそ31時間です。ディスプレイ越しに観察できる範囲では、星は地球のいかなる地点で見られるものとも一致しません。この情報に基づいて、この地点は地球外であると考えられています。

視認できる植物は菌類に似たものです。映像中に動物は観察されていません(ただし、文書SCP-1411-3を参照)。

発見時、SCP-1411-Bの構成要素はある程度の損傷を受けており、これが遠隔地とSCP-1411-A自体の地点双方に様々な作用を引き起こしていました。これらには放電現象、局所的な重力変動、領域内にある物体間の熱伝導率の上昇が含まれます。一旦作用が始まると、これらは指数関数的に増大します。モデリングからは、これを放置した場合SCP-1411-Aと-Bの材質が完全に破壊される前に数百キロメートルに渡る広範囲の荒廃を引き起こすことが示唆されます1。かなりの修理が行われてきたにもかかわらず、24から48時間の周期で定期メンテナンスが行われなければこれらの作用は未だ発生します。

SCP-1411-Aの多くの機能は未だよく理解されていませんが、作戦の焦点は、現地と遠隔地の双方でSCP-1411を修理することに当てられています。

送信機と評価された部分の凹んだパネルに人間が触れると、SCP-1411-Bによって一台の自動機械の製造が開始されます。これらのロボットは高さおよそ1メートル(SCP-1411-Bの構成要素の大きさがSCP-1411-Aと同じであると仮定)で、4本の多関節の脚によって移動します。本体はおおよそ円筒形で、3回の分岐によって合計8本の指のような付属肢を持つ2本の腕が付属しています。円筒の最上部には3個の暗いレンズが位置し、ロボットの目であると考えられています。

ロボットの製造が完了すると、そこに送信機を活性化した人物の意識が植え付けられます。スクリーンを介したコミュニケーションからは、ロボットはオリジナルの全ての記憶と人格を保持していることが示唆されます。また、彼らにはSCP-1411-Bのメンテナンスと基本的な修理に必要な知識も植え付けられます。しかし、ロボットは機能を停止するまでに35から48時間しか活動できず、この時点で別のユニットの製造が必要となります。現在、SCP-1411-Bの完全な修復は、おそらく機器を収納している建造物が損傷しているために不可能だと思われます。

異常による汚染の可能性を考慮し、この現象に精通しているエージェント・ドゥッラーニーが送信機の活性化を担当しています。これは意識の送信に関するピースリー・プロトコルに従って行われます。

コミュニケーションは筆談によって行われます。遠隔ユニットはプラスチックに似たシートと、元は細かいパーツの潤滑のために用いられる黒い濃厚なペーストを筆記用具とすることができました。現地の菌類植生や鉱物から顔料を作ることも試みられています。

現在、SCP-1411-Aの構成要素は安定しているようであるため、遠隔ユニットによる修理の必要性は疑問視されており、むしろ現地のサイトの側で不可欠なものとなっています。これは、遠隔地から得られる情報が、SCP-1411-Aの構成要素の目的を特定する助けとなっていることによります。

回収: SCP-1411-Aはその異常性質が地域に広がり始めたことで、ウズベク軍の兵士によって発見されました。最初に接触したのはGRU"P"部局でしたが、ウズベキスタンとロシア政府の関係悪化に伴ってORIAがそれに取って代わりました。その後異常が激化し始めたことで、ORIAは財団の支援を要請しました。

初期調査中、送信機はイー博士によって活性化されました。数日にわたってさらなる活性化が行われたことで、ロボットは遠隔地のディスプレイを起動することに成功し、研究チームとの通信が可能となりました。これはロボットが装置を活性化した個人の人格を持っていることの発見に繋がりました。

異常性が再び現れ始めるまで、活性化は数日間停止されました。エージェント・ドゥッラーニーはより良い解決策を発見できるまでの装置の活性化担当に志願しました。現在、全ての努力は装置の安全な解体方法を学ぶことと、手作業で修理を行うために遠隔地に到達することに集中しています。

現在、エージェント・ドゥッラーニーの送信回数は合計217回です。

補遺: 2014年6月13日、エージェント・ドゥッラーニーはサイト近くでの転落事故により負傷し、近くの病院に運ばれました。彼女の不在中、ORIAのアクバリ伍長がピースリー・プロトコルの遂行を志願しました。彼の最初の遠隔ユニットは以前のユニットが残した多くの文章と絵画を発見したことを報告し、それをディスプレイの前に置きました。内容については文書SCP-1411-24を参照してください。退院後、エージェント・ドゥッラーニーは文章と絵画を見て軽度の苦痛を示しましたが、業務の継続に同意しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。