SCP-142-DE
rating: 0+x
142.jpg

ベータ型時のSCP-142-DE

アイテム番号: SCP-142-DE

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-142-DEは常に0.5m×0.5m×0.5mのケージに収容しなければなりません。このケージは窓のない部屋に設置する必要があります。ケージの遮蔽が有効であるという条件での清掃を除いて部屋に入ることはできません。給餌はプログラムされた機械によって行われ、ケージの清掃は一体型のウォータージェットによって行われます。SCP-142-DEは、1名少なくとも2名の選抜された女性の職員によって監視カメラで常に監視されなければなりません。全てのSCP-142-DEの異常行動は速やかに現場責任者へと報告しなければなりません。半径50m300m以内には、男性職員の立ち入りはできません指定された職員以外立ち入りができません。SCP-142-DEの管理は、女性であり、うつ病の疑いを検査された者でなければなりません。収容違反が発生した場合、SCP-142-DE特化反応軍はSCP-142-DEを直ちに包囲して降伏させ、半径1km以内に避難させます。

説明: SCP-142-DEはアルファ型とベータ型と呼ばれる2つの異なった外見を有しています。アルファ型時において、それは薄いブロンドの髪と青い目を持つ若い女性の外見を有しています。たいていの場合、対象は時と場合に応じて変更可能な赤いロングドレスを身に着けています。ベータ型時において、SCP-142-DEは鳥のように見えます。青緑色の羽毛、緑色の光沢のあると淡いオレンジ色の胸は対象の種がColumba oenas(ヒメモリバト)であると示しています。SCP-142-DEは少なくとも2m以上の空間があれば、ベータ型からアルファ型に切り替えることができます。

SCP-142-DEが男性にアルファ型を視認される時、彼らはSCP-142-DEに引きつけられます。それは他の男性に対する攻撃的な行動を示し、場合によっては致命的な結果をもたらします。実験は、視認者の性別に関係のない影響の発生を引き起こしました。写真や映像記録では、それは非常に弱いと思われます。男性のみ、SCP-142-DEと視覚的に接触する場合、既にその人に妻がいるかどうかにかかわらず、対象は被験者の妻であるかのように振る舞います。この作用はその人物が死ぬまで続きます。その死後、SCP-142-DEはおよそ1週間多大な悲しみを示します。

SCP-142-DEをアルファ型時に視認する女性は、SCP-142-DEに対して攻撃的な行動を示し、対象を害するよう試みます。SCP-142-DEと長期間視覚的に接触すると、たいてい2週間後に自尊感情を消失し、うつ病になり、時には自殺につながります。これらのすべての影響は、ベータ型時であっても女性に発生しますが、約2ヶ月後にのみ発生します。この影響は、写真と映像記録によって弱められます。

男性と女性が同時にアルファ型時のSCP-142-DEを同時に視認すると、女性は対象の絞殺を試みます。それに応じて、男性は女性を殺害します。

ベータ型時では、SCP-142-DEは人と目を合わせることによって、直ぐにSCP-142-DEに多大な同情を抱くという影響を行使します。これにより、SCP-142-DEのために何か「良い」ことをしたいという欲求が与えられます。観察により、SCP-142-DEがケージ内にいると、この影響がより効果的になることが明らかになりました。この影響は写真には有効ではなく、映像記録では弱まります。

SCP-142-DEは両方の形態で発話可能であり、高度な知性を有していますが、20世紀以降の科学技術に関する知識はほとんど有していません。対象はSCP-145-DEの知識を有しており、常にそれを所有していると主張しています。

補遺: SCP-142-DEは、197█/██/██に██████市が内戦のような状態になっていたことが判明した際に発見されました。SCP-142-DEは、SCP財団が女性特殊部隊を派遣したときにしか捕らえられませんでした。人口が少なかったために都市の生存者にはクラスA記憶処理を施し、死者が出た理由として都市の暴動を適用するだけで十分でした。しかし、3名の生存者はいまだアルファ型の影響を示しました。 彼らは研究のために財団に送られました。

198█/██/██のSCP-142-DEへのインタビュー:
SCP-142-DEは視覚的接触を避けるために、マイクとスピーカーを介してインタビューされました。

シェファー博士: こんにちは、こちらはシェファー博士です。

SCP-142-DE: こんにちは。ようやく私が話せる人。ケージの中はとても寂しいわ。

シェファー博士: 私はいくつかあなたに質問したいのですが。

SCP-142-DE: 言ってみて。

シェファー博士: あなたの通常の姿は鳥か人間ですか?

SCP-142-DE: 笑う。 人間よ。でも私は自分が鳥に変身できるって知っているわ。向こうでは、私の生まれた場所では魔法の力は普通よ。

シェファー博士: その場所はどこですか?

SCP-142-DE: あなたには言わないわ! それにあなたは決してそこにたどり着くことはできない。

シェファー博士: あなたの過去について何か教えてもらえますか?

SCP-142-DE: 私は3人の姉妹と母と一緒に宮殿に住んでいたわ。私たちそれぞれが█████を持っていたけれど、それらは私のものよ。私たちは離れて暮らしてたけど、幸せだったわ。それでも、私はいつも外に出て世界を見たいと思ってた。ある日、私が十分に歳を取った頃に、母はついに私に許可を与えてしまったの。そこで何年も一緒に幸せに暮らした█████に出会ったのよ。残念ながら、彼は数年前に亡くなったわ。

シェファー博士: それではあなたの影響についていくつか質問します。

SCP-142-DEはため息を吐く。

シェファー博士: あなたは常にこれらの影響を持っていましたか?

SCP-142-DE: 私はそれを知らないけど、そう思う。あなたたちが知っている、私が█████とまだ一緒だった時は、私たちは他の人から離れて住んでいて訪問者はほとんどいなかった。一度王が私を見つけたけれど、善良な男性が私を彼から守っていたわ。

シェファー博士: いつその影響を理解しましたか?

SCP-142-DE: ある日、私は気付いたの、彼がもう生きていないって。私は街を訪れることに決めるまでずっと、数ヶ月間彼の家に住んでいたわ。それは間違いだった。全ての男性が私を欲した、全ての女性が私を殺したがった、誰もがお互いに殺し合った。私はそれを望んでなかったのに…

SCP-142-DEは泣き始める。

シェファー博士: 何故あなたは全ての人から遠く離れて自らを孤立させないのでしょうか?

SCP-142-DE: (怒る) 私は本当に喜んでするのに、あなたがここに閉じ込めているのよ! 私はただ幸せな関係が欲しくて、こんな(検閲)ケージの中にいつまでもいたくない! 私を出して、私の█████を渡して、あなたはもう私から聞くこともないでしょう!

シェファー博士: 残念ながら、それはうまくいかないでしょう。

SCP-142-DE: その後に私のせいで、特にあなたのせいでより多くの人が死ぬでしょうね。

シェファー博士: 何故あなたは自由になりたいのでしょうか?

SCP-142-DE: どうして私を解放しないのよ?

シェファー博士: それが公共の安全に役立つからです。█████は悪の手にあれば危険であり、あなた自身は混乱の原因となります。

SCP-142-DE: でも私は普通に生きたい! あなたたち人間は自分自身の行動に責任を負うべきよ!

シェファー博士: 本当に? 何故あなたは█████で鳩になって逃げなかったのでしょうか?

SCP-142-DEは沈黙する。シェファー博士は質問を繰り返す。

SCP-142-DE: あいつらは私の夫を殺したわ。

<ログ終了>

199█/██/██の補足:
調査によると、█████は重大な交通事故により██████市で死亡した。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。