SCP-1421
評価: 0+x
scp-tree-face.jpg

SCP-1421-1の詳細

アイテム番号: SCP-1421

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1421はブレイドン・フォレスト自然保護区内で収容されています。市民との接触を避けるための直径100mに巡らされた除外域は地元のワイルドライフトラストと自然遊歩道路に潜入している職員によって維持されます。SCP-1421が散布する殻斗果は収集し、セクター-25の厳重保管庫に収容されます。どのような状況でもリーズ教授スキナー博士の許可無くSCP-1421-1と接触してはいけません。

説明: SCP-1421はイングランドのウィルトシャー州ブレイドン・フォレストにあるカシ属オウシュウナラ(イングリッシュオーク)の一種です。直径約20mの天然の空き地の中心にあります - 隣接した植物は目に見えて栄養不良で、SCP-1421の周囲直ぐ5m圏内は枯れています。

SCP-1421の5m以内で化学または電気エネルギーが起こるとその異常特性を示します;この性質の動力源は未知のメカニズムによって素早く減少します。ヒトが対象の場合、急速に長期の断食によって引き起こされるものと同様の状態を誘発させます;この状態はどの程度SCP-1421-1の知覚または反応に効果があるかは判明していません。

SCP-1421-1はSCP-1421の幹の東部、地面から1.7mの位置に彫られたふっくらとした顎鬚をたくわえた初老の人間男性の顔と手に似た彫刻です。SCP-1421-1は動かず、彫刻から発せられた言葉やその他音声を機械に録音することは失敗しました - しかし、SCP-1421に曝された対象はSCP-1421-1が会話し、対話を試そうとしていることを認識します。SCP-1421-1は明らかに物知りそうで、今の対象と以前に対談した対象の詳細な情報を示します。SCP-1421に曝された対象に関わるように、SCP-1421-1は自身を自然の神または森の神と称し、対象の関心を惹こうと忠告と情報を差し出します。

SCP-1421-1が差し出す忠告は往々にして、対象が仕事を果たせば幾らか望ましい結果がもたらされるような予言の形で示されます。この仕事はしばしば対象の友人や家族、同僚、客人に対する職業的な妨害、窃盗、傷害や殺害等の非倫理的で非合法な内容で提案されます。SCP-1421-1の忠告に従った対象は行動の結果起こりうる事象から保護されることはなく、通常は逮捕または死に至ります。対象を落ち着かせることが出来る限り、SCP-1421に従いたいという衝動はありませんが、超自然的な経験とSCP-1421への接近で誘発される状態の変化は複数の対象を積極的に提案を実行させることにつながります。

回収記録1421

SCP-1421の異常特性は過激環境保護グループPWFの野営地への急襲の最中に発見されました。PWFは異常に急速に平和的主張から犯罪的なテロ行為を行うようになり、地元の法律機関に潜伏していた財団エージェントの関心を惹きました。2009年に'Protect the Wiltshire Forest(ウィルトシャーの森林保護)'を名目に創立されたこのグループは、森林の建築開発に反対するための市民への認知キャンペーンと嘆願書で最も有名でした。2010年、グループはB4040とB4042を繋ぐための幹線道路建設を妨害するためにブレイドンの森への座り込みに参加しました。明らかにこの抗議の最中にグループはSCP-1421-1と接触しました;PWFはその後半永久的に自然保護区に基地を確立し、自身を'Protect the Wilderness Front(原生森林の保護)'に改名します。2010/07/15に建設計画に賛成したウィルトシャー議員の家を襲撃、2010/07/19には申し立てをした教会職員に対して手紙爆弾未遂をしましたが、どちらもウィルトシャー議会に対して道路建設を断念させることを目的とした処置ではありませんでした。

2010/08/02、5人のPWFメンバーがロイズTSB支店に入り、無免許のおそらくは窃盗したであろう22口径のショットガンで店員を脅しました。強盗は十分に計画した上で実行されたわけではなく、支店の現金自動支払機の資金へのアクセスを手に入れるのに失敗しました。グループはその後追跡され、その内1人は市民によって取り押さえられました。ウィルトシャー警察に引き渡されるとき、そのメンバーは強盗は'神'の指示の下で実行したという事とグループの森林キャンプの位置を供述し、セクター-25の職員が調査のために派遣されました。ミイラ化したグループメンバーの死体がSCP-1421の根本で発見されました;別のメンバーはブレイドンのアパートの中で自殺した状態で発見されました(文書1421-01参照)。グループのリーダーであったと思われるPWFの最後のメンバーはまだ発見されませんでした;彼のアパートにはディープエコロジーと無政府運動の文献がありました。

追加文書

内部メモ

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。