SCP-1423
評価: +1+x
1423.JPG

SCP-1423

アイテム番号: SCP-1423

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1423はサイト77のSafe SCP棟の標準封じ込めロッカーに保管されることになっています。SCP-1423との物理的な接触はいかなる個人にも認められておらず、接触してしまった者は認識汚染災害犠牲者と見なされ、活動中の任務から取り除かれることになっています。SCP-1423の研究に割り当てられた職員は、影響を受けたかどうかの検査のため、4週ごとに最大限の精神検査を受ける必要があります。

説明: SCP-1423はおよそ1976年に撮られたポラロイド写真です。正体不明のティーンエイジャー数名が写っており、撮られた時期は夏だと思われます。SCP-1423の裏には棒炭で"私達は最高の一年を過ごしました!"1と書かれています。

被験者がSCP-1423に触れている間中、彼らは記憶の改ざんという影響をこうむります。以降数週間のあいだ、被験者は高校最後の夏休みの思い出にふける傾向があります。2実験によって、この記憶は正確なものであると示され、また、SCP-1423の影響は不自然なまでに高い正確さでこれらの記憶を思い出させます。

SCP-1423の影響を受けた被験者達は、例えばコンサート、都市、遊園地、農場、故郷といった夏休みに訪れた場所を再訪して、彼らが夏休みの間に遭遇した他の対象と連絡しようとします。これらの場所を再訪するとき、被験者達は彼らが以前体験したほどの感動は得られなかったという後悔の念を抱きます。どんなに強い不平不満を抱いたとしても、彼らは思い出を再現しようとするかもしれません。

この変化に続いて、思い出を文章化すると主張して、被験者はSCP-1423に対し異常な独占欲を見せます。彼らはSCP-1423を長く保持することで、よりはっきりと理想的に改変された夏休みの夢を経験し始めます。場合によっては、SCP-1423に影響を受けた被験者達は、彼らの夢に基づく日記をつけ始めます。この時にSCP-1423を被験者から取り除かないと、SCP-1423に関係しない全ての活動をおろそかにするでしょう。

しかし、接触から3-5ヶ月後、被験者達の夢の大幅な変化が文章化され始めます。被験者達は彼らの夏休みの構成要素が見つからず、それよりも彼らの夢を"適切に"見ることができないと訴えるかもしれません。彼らはより長い、本来の経験からはかけ離れた夢を求めて、SCP-1423の効果を利用し続けようとするでしょう。この効果は無期限に持続します。

SCP-1423は、隣人から行方不明と通報があった███ █████の家から回収されました。知事のSCP-1423の異常効果の報告後、財団職員が介入して報告を隠ぺいすることができました。目撃者にはCクラス記憶処理が施されました。しかしながら、███ █████は1976年にカーク・ロンウッド高校の事件SCP-332-Aに巻き込まれた後、記憶処理が施されています。█████氏にはクラスB記憶処理が施され、これに関する調査は継続中です。

補遺: SCP-1423に影響された被験者から回収された文章。

それは永遠で、無限で、とにかく他のあらゆる「クソ長い」って意味の言葉が当てはまるのさ。俺たちは車に乗って走り出した。 しかしどこへもたどり着かない。 俺たちはいつだって もう少しでコンサートに行けたってのに。あぁ、今日はコンサートの日だったな。昨日はサンゴの城を見に、マイアミへと進路を向けた。 この前の火曜日はワシントン。婦人参政権論者と集まるために。参政権?ああ、まともじゃない。何もかもまともじゃない。

俺は本当に、本当にジェリーのクソッタレな顔をつかんでやりたい。そして叫ぶ、"おい、俺たちはやっぱりどこにも行けねえぞクソこの脳足りんいつそこに俺たちは行けるのか"。しかし彼は耳を貸さない。なぜなら俺は言ってないから。俺はここでくつろいで、天然色の草と農場の丘をよろよろ歩く。 約11度目の昨日、ボイド牧場を通った。そしていつも正面ゲートは錆びついてる。俺は一度、ポーチを載せた誰かを見た、と思う。下劣な、落ち窪んだ眼をした誰かを。そいつは付いて道を下ってきた。

沼のガスじゃなかった。

君は今のクラスを楽しみにしてる。クラス?ああ、数か月、いや数年、前のクラスに戻るなんて考えてない。あほ面と錆びた眼鏡のけちんぼネイサンにあったのを覚えてる。見かけるたびに、よくあいつの顔を叩こうとしたんだっけ。その口もきかない、むすっとした顔を。クソもし今あいつに会ったら…わかんねえ。多分考え過ぎだろう。

いずれにしろ、明日はコンサートだ。もう一度エイミーに会いたい。

道は続く。ひび割れた ハイウェイを登っていく。ジェイミーはクッションの下で10セント硬貨を見つけた。これで自分の魂を買い戻そう とした。ゲームセンターのように突っ込んで、僕たちは彼がスピンするを見た。太陽は向こうに輝いて、道路沿いの木々の間を光が踊ってる。燃え盛り、崩れ落ちながら。実際にあれは木ではない。わんわん物語に似て、風の中でもがいてる。パパからの葉書を再び見つけ出した。僕の夏休みがパパのと同じくらいいいものになるよう願ってるって。

そう じゃなきゃ だったらいいな。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。