SCP-1427
評価: +2+x
Ryugyong_Hotel_._August_27._2011_.Cropped.jpg

DPRK、平壌市にあるSCP-1427収容施設、外部視点

アイテム番号: SCP-1427

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1427は財団と協定を結んでいる朝鮮人民軍("KPA")の活動の下、柳京収容オペレーションセンター("RCOC")の現場にて収容します。人工物の効果により、財団職員はDPRKへの入国、SCP-1427の排他区域の130km内への接近及び対象物内部への直接の侵入の試みは禁じられています。財団職員は現場のDPRK職員に対して遠隔でのサポートを提供します。どのような状況下であっても、RCOCでの任務及び中央政府の性質についての誤った、または変わった信条に対し、財団職員はKPA収容職員を説得しようと試みてはいけません。

権威主義に対する従順的な性格特性は人工物から発信される信号に対して条件的な免疫を示すため、遠隔監視を担当する財団職員は以下の精神検査基準を満たさなければなりません:

  • 標準ミルグラム従順性審査:>71
  • IPIP開放性審査:<39
  • RWA権威主義に対する服従性審査:>17
  • RWA因襲性審査:>31

現時点で、3ヶ国の中央政府のみSCP-1427収容に適した条件の国民を有しています:トルクメニスタン共和国、ミャンマー連邦共和国、朝鮮民主主義人民共和国("DPRK")。3ヶ国の適切な収容地域の内、北朝鮮のみが政治問題により長期収容に適しています。したがって、国際連合安全保障理事会加盟国の財団支部はDPRKの情勢不安・民主化を促進させるような措置を取らず、また柳京施設を囲むレッドゾーン600m以内への心理的に不適切な外国人の侵入を許してはなりません。民主化、情勢不安、核戦争といった事変の際には、財団政府間連絡部は対象物を指定された第2収容サイトに移送するよう試みます。

第2収容サイトが利用できない場合、主要収容サイトとその周囲領域に対して一般人への被害の危険性に関わらず、非核兵器を用いた熱滅菌処理を実施します。現在利用可能な技術を用いた平壌と周辺近郊への熱滅菌処理での収容失敗率は91%です。破滅的な収容失敗はEK-クラス事象に繋がり、全人類の意識は約215日以内に消失します。

説明: SCP-1427は特徴のない14m×2m×2mのベリリウム青銅製の石碑です。当初は不活性状態で回収されましたが、現在この人工物は7ナノ秒毎に指向性電磁パルスを発します。撹乱・ジャミングによってパルスは減衰しますが、人工物の主要効果を除去することはできません。したがって、この装置の電磁効果は主要効果の搬送波または副次作用であると理論立てられています。

パルスの標的は、最も近くに存在する人間の対象の中から20,736(124)人が無作為に選別されます。既にパルスの影響を受けている対象は選出から除外されますが、パルスに対する免疫性を持つ人間は選出に含まれます。この装置は有効限界範囲を備えていないようです:複数回、この装置は地球電離層による信号の偏向を介し、閉塞環境下にある別々の対象群にまで作用するという水平線以遠への伝播能を示しました。人工物の人間の意識を検知する方法と、その効果の基礎を成している原因のメカニズムは現在のところ不明です。

信号を受信すると、対象者には被暗示性の増加、重度の無為症、短期記憶の喪失が永久的に現れます。これらの効果は人工物の主要効果である前頭前野のSQ2信号の大幅な減少の副作用によるものです。SCP-███より得られた情報により、現在財団研究員はこの減少したSQ2信号が対象者の主観的意識の深刻な減少及び完全な破壊に相当していると推測しています。適度の権威主義に対する従順な性格特性は、この伝播に対する条件的な免疫を与えると思われます;したがってその起動以来、収容プロトコルは全体主義政府の統治下にある人口過密地域への配置を義務付けています。

1938年1月、SCP-1427はアルジェリア南東部のシトー会修道院からイタリア特殊部隊によって最初に回収されました。この期間の研究ノートでは、不明確なセム・アルファベットが既知の手法で浮き彫りされたロジウムカーバイド製の外部容器について言及されています。この外部容器は対象物が1944年にライプツィヒに移送される前に、イタリアの研究員によって破壊されたと推測されます。1938から1944年、ドイツ・イタリア政府は人工物の起動を試みましたが、どちらとも成功しませんでした。第二次世界大戦の直後、対象物は東ドイツの手に渡りました。東ドイツ政府は人工物に関する活動の記録を取っていませんでした。

1947年、東ドイツ政府はSCP-1427をソビエトに譲渡し、ソビエト連邦チェリャビンスク州クイシトゥイムに移送しました。1957年9月、ソビエトの研究員は故意にSCP-1427を起動しました。人工物は直近の人間を標的として影響を及ぼしましたが、当時のソビエト政府機構が人間の意識のEK-クラス終焉を防ぎました。被災地への核兵器による滅菌の後、ソビエト政府は政府間連絡部を通じて財団に連絡し、人工物はウクライナ、チェルニーヒウ州南西部にあるサイト67に移送され、財団の保護下に入りました。最初の収容以来、人工物は1回だけ移送されています:1986年にソビエト政府の情勢不安が予測されたため、人工物は朝鮮民主主義人民共和国に移送されました。

その後まもなく財団は柳京収容施設の建設を開始し、対象物は1988年の完成以来そこで保管されています。

補遺:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。