SCP-1437
評価: +8+x
1437-1.jpg

収容前のSCP-1437

アイテム番号(Item #): SCP-1437

対象の分類(Object Class): 安全(Safe)

特別な収容方法(Special Containment Procedures): SCP-1437は高さ2mの電気フェンスで周囲を囲われて、1グループ3人組の警備員によって常時パトロールされています。SCP-1437に接触しようと試みるいかなる侵入者も強制収容され尋問されます。もしSCP-1437の性質について知らないならば、Aクラス記憶処理が行われた後解放されます。

SCP-1437から排出されるどんな道具や生物も即座に危険性を見極める試験が行われ、安全だと判断されたならその上で調査に回されます。SCP-1437を対象にした実験は固く禁じられています。

解説(Description): SCP-1437は██████砂漠に位置する3m×3mの大きさの底なしの穴です。SCP-1437を横穴から掘る試みは、論理的にはSCP-1437が位置している場所に存在した岩盤に採掘者が遭遇する結果に終わりました。そのためSCP-1437は地上からしか入ることができません。

SCP-1437はこれまでのところ未知数の並行宇宙へのアクセスポイントと思われています。幾つかの物体がSCP-1437から定期的にものすごい速さで飛び出してくることが知られています。例としては以下の通りです。

  • アメリカ貨幣25セント硬貨1つ(既知の範囲内で最初の出現物体)
  • 大量の土と岩(その宇宙のSCP-1437を埋めるために並行宇宙の封じ込めチームが放り込んだものと考えられています)
  • スペイン語で書かれた北米大陸の地図(この地図によれば、北米にある政府は"新しい水人民共和国"('The People's Republic of Nuevas Aguas')です)
  • ニューヨークを急速に変形させたものと考えられている都市の外観写真(珊瑚のような建造物が見受けられ、遠くに巨大な空飛ぶ生命体が見えます)
  • 黄金製の数枚の円盤(円盤には"どうか雨をお恵みください"('PLEASE SEND RAIN')と読める一枚の紙が付随されていました)

200█年から20██年の間に、多数の人々(そのうち殆どがDクラスのユニフォームを着ていた)がSCP-1437から排出されました。彼らは全員が到着した時には既に死んでいました1。全ての排出された人々は、彼らそれぞれが存在した宇宙におけるSCP-1437についての報告書のように見える文章を運んできました。これらの文章とDクラス人員は、協力を望む意思表示として贈られたものだと現在は考えられています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。