SCP-1439
評価: +2+x
serial-stickers.jpg

エドワードのステッカーが欠けているSCP-1439

アイテム番号: SCP-1439

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1439は、サイト-24の試験場にある施錠された引き出しの中で保管します。SCP-1439へのアクセスおよび実験は、少なくとも1人のレベル3上級研究員の事前の許可が必要です。一度に実験できるSCP-1439-1実例の数は1体のみであり、実験終了後に破棄しなければなりません。現在、以前発生した収容違反によりSCP-1439を使用した実験は中止されています。オブジェクトを構成する全ての要素を元の状態に戻すことができれば、実験を再開することができます。追加の安全対策は講じられていますが、もしまた別に収容違反が発生しそうになった場合には、実験チャンバーの外部にあるSCP-1439-1実例をすぐさま破棄しなければなりません。

説明: SCP-1439は、8つの丸いスマイリーフェイスのステッカーが備わっている小さなシートです。各ステッカーは直径約4cmで、その上部にステッカーの一部ではない形で名前が印刷されています。各ステッカーの上の名前は、エドワード、トーマス、ゴードン、ヘンリー、アルバート、ジェームズ、チャールズ、ハーヴェイです。最初の3つのステッカーは明るい青色で、他のステッカーはそれぞれ緑色、灰色、赤色、紫色、茶色となっています。8つ全てに黒い点で描かれた目と、単純な黒い曲線で描かれた口があります。ジェームズのステッカーは当初、財団がSCP-1439を最初に購入した時には欠けた状態になっていましたが、約3ヶ月後に再出現しました。エドワードのステッカーはSCP-1439を最初に収容してから9ヶ月後に消失したため、現在は行方不明となっています。

SCP-1439の効果は、ステッカーの内の1つが植物、動物、人間を含むあらゆる物体の表面に貼り付けられた時に発現します。ステッカーが一旦何かに貼り付けられると、そのステッカーは3~4分かけて徐々に溶解していきます。人間で実験した際の被験者は、この現象が起こると僅かな刺激を訴えましたが、痛みはありませんでした。続く8~10分で被験体は擬人化され、ステッカーが最初に貼り付けられた位置に顔が現れます。この時点で、被験体はSCP-1439-1実例と見なされます。それから20分後には顔がより詳細になり、瞬きや喋ることができるようになります。現在までに実験されたSCP-1439-1実例のほとんどが様々な地域の方言でアメリカ英語を話すことができましたが、流暢な広東語を話すことができる場合もありました。

SCP-1439に最初に曝露してからおよそ1時間後に、対になる腕と足が被験体から成長し始め、より人間的な外観になります。SCP-1439-1実例は、元の被験体の大きさ、重量および全体的な形状に応じて、様々なレベルの機動性を持ち合わせることになります。高さが0.8m未満の被験体は通常完全に擬人化されますが、それよりも大きい被験体は部分的にしか影響を受けません。このことが無生物や人間や動物などの被験体との間にどのような影響を及ぼすかを示す例は、下記の要注目実験ログ2468を参照してください。

SCP-1439-1実例は様々な振る舞いを示しますが、一旦喋ることができるようになると概して感情的に行動するようになるか、専心的になるか、もしくはその両方の性質を示すようになり、要求が満たされない場合には敵対的に行動するようになります。精神病エピソードであることが一般的で、しばしば被験体からの暴力をもたらし、その点からの更なる試験努力は通常は無駄となるため、終了することを推奨します。

これまでのところ、SCP-1439を元の状態に戻す唯一の手段は、SCP-1439-1実例を全て破棄することです。その大きさや影響を受けた区域に応じて、知性のある被験体は処分のために身体の一部を取り除くか、終了する必要がある可能性があります。実験を通して、これまでに██体の動物や人間の死亡や麻痺を引き起こしました。

─人間を使用した実験は、予期せぬ影響が考えられるため無期限に延期されています。私は最後の実験の結果がSCP-1439の真の目的を明らかにしたかもしれないことを恐れています。他のものは単にオブジェクトを誤用したことによる副作用だったのです。 - カーヴァー博士

補遺: SCP-1439とSCP-248の効果の発現方法が類似しているため、現在それらは共通の起源を持っていると理論化されています。しかし、SCP-1439には″ザ・ファクトリー″への言及が存在せず、量産されていないように考えられるため、現在までに多くの実例が作成される前にSCP-1439が廃止されたのであろうと予想されています。この理論の信頼性は現時点では不明です。

彼らは2人、彼らは4人、彼らは6人、彼らは8人
彼らは怒りと欲望と憎しみでいっぱい
彼らは自分が何をしたいか知っている
彼らはあなたをレイプし殺害したい
だから夜も昼もドアに鍵をかけよう
そして彼らが遠くに居ることを願うんだ
彼ら自身の精神病は決して癒えることはない
トーマスとその仲間たち

トーマス、彼は撃ちたがりだ
ジェームズは確かに彼の大きなショットガンを愛している
アルバートはあなたに何度か手紙を送る
ゴードンは性犯罪が大好きだ
チャールズはミリタリーマニア
ヘンリーは人を殺し嘘をつきブラフをかます
エドワードは皮膚を羽織りたい
ハーヴェイ、サドマゾヒズムの天才!

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。