SCP-1440
評価: +8+x
portrait-shot-of-old-man-in-face-bearded-wrinkled-full-of-character.jpg
最後に目撃されたSCP-1440

アイテム番号: SCP-1440

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル:
SCP-1440は現在のところ収容されておらず、最後の収容失敗以来、行方不明です。SCP-1440の特性上、財団は資源・職員の容認しがたい損失のリスクなしに、それを収容することは不可能であると思われます。適切な収容手段が発見されるまでは、SCP-1440の位置を特定した上で監視し、移動パターンを分析することで民間人への接触を最小限に留めることに焦点を絞るべきでしょう。

説明: SCP-1440は民族・年齢ともに不明の男性です。名前や出自・生年を尋ねられると、これらの情報を知られることを望まないためか、そもそも知らないためかは不明ですが、SCP-1440は回答を拒否します。外見は80代の男性ですが、財団が関心を向けてから50年間、老化の兆候をまったく見せていません。SCP-1440の特異な性質は、それが人間集団や人工物に接触し、数日以上ともに過ごすことで明らかとなります。SCP-1440は人間に関わる全てのものに対して、深刻に有害な影響を及ぼします。人工物や人間がSCP-1440に長く接すると、SCP-1440の近くで次第に破滅的な出来事が発生し始め、上記の人間的要素の破壊もしくは死に至ります。唯一の例外はSCP-1440自身とその所有物(衣服、正体不明の素材で作られた袋、1組の擦り切れたトランプ、小さなガラスのカップ)のみです。

SCP-1440も人間集団に及ぼすそれらの影響に気付いているようで、できる限り人間との接触を避けようとします。しかしその意図に反して、SCP-1440は非常に複雑な法則に基づき、そして必ず人間集団と接触してしまう旅を余儀なくされています。この法則の厳密な性質に関してはまだ解析が成功しておらず、SCP-1440もそれに関する情報は提供できていません。対象は積極的に敵対することはなく、また収容の試みに対しても抵抗することはありませんが、そうした試みは全て失敗し、前述の特異な性質によって人員や資源の甚大な損失を被ることになります。

サイト-██所属研究者である██████博士の通勤途中、彼女に声をかけたことでSCP-1440はまず財団の関心を引きました。SCP-1440は██████博士の財団での研究内容に関する未解明の知識を伝えた上で、彼女に援助を請いました。██████博士が対象の求めた援助の内容について尋ねると、財団が「彼を破壊する」ことを望んでいると答えました。SCP-1440は尋問のためサイト-██に連行され、それによりサイトの崩壊と職員███人の死亡、そして6体のSafeおよびEuclidレベルのSCPの破壊に繋がりました。SCP-1440を収容しようとする他のあらゆる試みも、およそ似たような結果となりました。

付録 SCP-1440-A: 以下はエリア142における4回目の収容の試みの最中に、SCP-1440に対して行われたインタビューです。記録は保持のため、リモートサーバーに保存されています。

付録 SCP-1440-B:
5回目の収容の最中にSCP-1440は、人間集団の増大と無人地域への急速な広がりによって、自身の衝動を遵守しているにも関わらず、人間との接触を避けることが次第に難しくなってきていると証言しました。恒久的な収容手段を発見する試みでもあるため、対象の移動パターンの解析は引き続き行われます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。