SCP-1447
評価: 0+x
SCP-tulpa.jpg

収容違反1447-02中のSCP-1447-1のスチール写真

アイテム番号: SCP-1447

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1447-1の現在の収容ユニットは切断した6cmの鋼板で補強した2.5m×2.5m×2.5mの気密済コンクリートコンテナで構成されており、ベイ4に吊るされています。収容室の外観は毎日検査し、いかなる損傷も直ちに報告されます。へこみ等やその他の鋼板の構造への傷は直ちに補修されます。交換する入れ替え用の鋼板は適切な計測により30平方メートルに保ってください。鋼板の穴や亀裂は収容違反とみなされるべきであり、直ちにSCP-1447居住区の安全確保を行います。

SCP-1447-2は彼の居住区に監禁し、その場所は収容違反時にSCP-1447-1とその他のEuclid及びKeterクラスのSCPの相互作用が最低限に抑えられる場所を選び、また対爆スクリーンと隘路を組み込んでください。SCP-1447-2からの正当な要求は外部との接触を容易にする物品を除いて承諾されます。SCP-1447-2は保全要員に彼の元々の専門分野に関連する相談を行うかもしれません-しかしながら、収容違反1447-01に基づきSCP-1447-2にはもはや施設を自由に使用することを許可できません。

SCP-1447-2は一日に最低4時間を以下のような話のための瞑想に費やします:'SCP-1447-1は弱っている'、'SCP-1447-1は死にかけている'、'SCP-1447-1は物理的な姿を維持できない'。サイト内のチベット仏教の専門知識を持つ職員はこれらの活動に参加して指示を行ってください。以下のような収容違反をほのめかす話は採用されません。'SCP-1447-1は去っていった'、'SCP-1447-1は私の精神に再び吸収されつつある'。SCP-1447-2をこの手順に従わせるのに失敗したなら、要求された物品や権利を取り上げることで罰することができます。

説明: 現在の収容方法とSCP-1447-1の通常の移動速度がその観測をほぼ不可能にしているものの、初期の回収とSCP-1447-1の多数の収容違反に際して目撃者の報告がその外見を具体的に伝えています。SCP-1447-1は擬似的な実体を持つ、チベット仏教の僧衣に身を包んだアジア人男性に似た人間型の存在です;その顔は歪んで不明瞭で、高速映像のように見えます。

SCP-1447-1は通常、一定の形態を保ちます-頻繁に時速200kmを超えて動き-それは一日あたり約20時間に及び、その時間は主に収容室の内部の攻撃に費やします。硬化鋼板で補強されたSCP-1447-1の収容ユニットは収容違反の発生率を低下させましたが、SCP-1447-1の力の行使に全く動じないとは証明されていません。SCP-1447-1は収容ユニットの小さな裂け目を利用することにとても長けており、直径200µmの開口部に自らの身体をねじ込むことができます。

SCP-1447-1は通常の小火器に大きな耐性を持ちます-大口径の弾丸は一時的にSCP-1447-1の実体を破壊して苦痛を引き起こすことができ、収容室に押し戻すのに効果的です。高性能爆薬によりSCP-1447-1を完全に消失させることができると証明されています;しかしこの方法で攻撃すると、SCP-1447-1はすぐに障害物を無視しての付近への再物質化を行います。更には、収容違反1447-05中にSCP-1447-1は明らかに保安要員にSCP-████の収容エリア付近で爆薬を使わせるよう仕向け、追加の収容違反を引き起こしました。

この存在とコミュニケーションを図り自意識を持っているかを判断する試みは結論を保留されています-しかし、SCP-1447-1への問いかけに対する音声の反応は大部分が理解不能です;分析により、それらはチベット仏教伝統のマントラの不明瞭なバージョンを一秒間に何百回も繰り返したものだと判明しました。SCP-1447-1は執念深く人命を狙うことはせず、SCP-1447-2へと到達し殺すことに集中し続けます。しかし、進路を妨害する財団職員を攻撃対象とし、その試みが挫かれたなら無差別で暴力的になることが観測されています。

SCP-1447-2は5█歳の白人男性で、自身をいくらか名の知れたコンピュータハードウェアとソフトウェアの企業家の███████ ████だと称しています。SCP-1447-2は社会的活動を続けている彼と同じ性格と人生の記憶を持つ同名の人間のことを説明できませんが、その人物は彼の事業提携者が雇った替え玉だと推測しています。財団職員がSCP-1447-2か彼の替え玉はSCP-1447-1と類似の存在である可能性があるとして、SCP-1447-2の替え玉を秘密裏に監視しています。

回収ログ1447

SCP-1447-2は彼の申し立てによると中国の青島県にあるラマ寺からサイト-73の位置情報の提供を受け、██/██/████に彼が"タルパ"1と表現する存在から安全な場所を得るためにそこに到着しました。 2日後、サイト-73はSCP-1447-1によって繰り返し攻撃を受け、結果として2人のエージェントが死亡しました。SCP-1447-2は飛行機で逃走し、同時に攻撃が停止しました。

SCP-1447-2はロンドンへ移送され、サイト-60に移動しました-SCP-1447-1は3週間かけてサイトを見つけ、再びセキュリティを突破してSCP-1447-2との接触を図ろうとしました。サイト職員は多大な物的資源と人命を費やし、最終的にその存在を初期状態の現収容ユニットに送り込みました。

補遺1447-01

SCP-1447-2は彼の替え玉の死亡を通知されました;彼は完全な健康診断を要求し、それは承諾されました。SCP-1447-2の体組織と毛髪のサンプルは異常性を示しませんでした。

SCP-1447-2は集中と瞑想によりSCP-1447-1を破壊できると未だに確信しています。継続的な収容違反はSCP-1447-1の能力が今日まで変化していないことを示しています。しかし、SCP-1447-2がタルパを消滅させるために瞑想している間はSCP-1447-1の収容ユニット内での活動が大幅に縮小されることには注目すべきです。熱写真法により、この期間中のSCP-1447-2はほぼ完全にバジュラ瞑想の姿勢を取っていると判明しました。チベット仏教の信仰に精通した財団のコンサルタントは、SCP-1447-1が自分の存在について瞑想するのに十分な知覚力があり、従って自身を再出現させていると仮定しました。

補遺1447-02

収容ユニット内にSCP-1447-1の瞑想を妨害する手段を組み込む提案は現在検討中です-他のKeterクラスSCPに採用されているものと類似の塩酸風呂は、現在は供給メカニズムが収容違反をもたらす可能性があまりにも高すぎると考えられています;他の可能性としてはユニット内部を加熱するマイクロ波の放射や、集中を妨害できると証明されている高音量の音波があります。

現在の仮説では、SCP-1447-1によるかその他の方法でSCP-1447-2が死亡しても、今のレベルの自立性を持つタルパを破壊する結果にはならないとされています;SCP-1447-2に制御された苦痛を与えても、それに対応してSCP-1447-1の挙動が変化することはありません。しかし、SCP-1447-1が現在収容可能なのはそれが継続的にSCP-1447-2を探し出して殺そうとしているという事実のおかげです;その行動様式から自由になれば、この存在がどうなるかは予測不能です。予測できる未来としては、収容の努力は更なる収容違反の試みの発生率の縮小と、他の財団の資産がSCP-1447-1に晒されることを最小限にする点に焦点を絞るでしょう。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。