SCP-1447-JP
評価: +15+x
blank.png
タモ.jpg

SCP-1447-JP

アイテム番号: SCP-1447-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1447-JPは、ブラウン管テレビから取り出した状態でセクター-81██の生物収容区画に収容されます。SCP-1447-JPの拡散を防ぐため、日本国内のブラウン管テレビを製造している全てのメーカーに対し、財団の持つ液晶モニターに関する技術を解禁し、国内での液晶テレビの販売を促進してください。また、機動部隊た-3("How do you do")を展開し、SCP-1447-JPの確保を行うと共に、民間人の所持するブラウン管テレビの破壊を行い、液晶テレビへの買い替えを促してください。20██年現在、ブラウン管テレビの普及率は20%前後を推移しており、当プロトコルの更なる推進が望まれます。

SCP-1447-JP-Aが新たに確認された場合は、機動部隊も-3("コージー")を派遣し、鎮圧を行う共に、民間人の安全を確保してください。鎮圧完了後、民間人へカバーストーリー「ロケ番組」を流布し、必要に応じて記憶処理を行ってください。SCP-1447-JP-Aの発生から24時間程度経過した後より出現する、「ブラウン管テレビが故障した。」と主張する民間人の特定をしてください。特定した民間人の記憶処理を行うと共に、故障したブラウン管テレビを回収してください。

現在、SCP-1447-JP並びにSCP-1447-JPーAに関する実験は禁止されています。

説明: SCP-1447-JPは、日本国内でのみ確認されているブラウン管テレビ内に棲息する線虫です。20██年現在の時点で█,███,███体収容されています。これまでの研究により、大きく分けて2つの特異性を持つ事が判明していますが、生活史の多くは判明していません。

1つ目の特異性として、SCP-1447-JPは通常仮死状態であり、一切の活動を行いませんが、棲息しているブラウン管テレビに██ ██1氏が映し出されている間のみ活性化する特異性を持ちます。SCP-1447-JPは活性化を繰り返す事で成長し、2つ目の特異性を発現するに至ります。この特異性により、当初██ ██氏にはSCP-1447-JPへの関与が疑われていましたが、████剤を投与してのインタビューの結果、この疑いは否定されました。

一定段階成長したSCP-1447-JPは、2つ目の特異性として、棲息しているブラウン管テレビの電源部分を破壊し、ブラウン管テレビを故障させます。更に、ブラウン管テレビを故障させてから一定時間経過後、SCP-1447-JPはSCP-1447-JP-Aへ変態します。変態に関する特異性は、時刻が正午12時になる事で発生すると推測されていますが、証明に至っていません。

SCP-1447-JP-Aは、外見的特徴が██ ██氏に酷似した人型異常実体です。SCP-1447-JPが変態した姿であると考えられ、SCP-1447-JPの成虫に当たる存在であると推測されますが、財団はSCP-1447-JP-Aの確保に成功しておらず、検証が不足しているため同定に至っていません。SCP-1447-JP-Aは複数の特異性を持ちますが、認知されているSCP-1447-JP-Aの発生事例は、財団研究室内に取り付けられた監視カメラにて確認された1件のみであり、特異性の詳しい検証は進んでいません。SCP-1447-JP-Aが発現した特異性については、「α棟研究室監視カメラ映像、インシデント-1447-JP」を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。