SCP-1449-JP
評価: +26+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1449-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1449-JPは閉じた状態を維持するため、3本以上の刃物を表表紙から裏表紙にかけて垂直に突き刺した状態で収容されます。このとき刃物は、表紙の底辺と水平になるように設置されます。また刃物は刃渡りが10 cm以上の両刃のものが選択され、劣化を防ぐため1年に1度交換が行われます。交換の際は新しい刃物を突き刺した後、古い刃物を取りはずしてください。SCP-1449-JPが収容違反を起こした場合は、Dクラス職員を用いて回収します。収容後は即座に回収作業を行ったDクラス職員を終了しなければなりません。また収容違反を防ぐため、実験に用いたDクラス職員は、失踪前に必ず終了されなくてはなりません。

説明: SCP-1449-JPは一冊のB5版のノートです。SCP-1449-JPは暗い茶色の革で装丁されていますが、この革の由来は判明していません。

SCP-1449-JPは能動的に開く能力を有しています。SCP-1449-JPが開く際、障害物は非常に強い力で押しのけられる・もしくは破壊されますが、鋭利な刃物や火が付近に存在するなど、開くことによってSCP-1449-JP自身を傷つける蓋然性が高い状況下にある場合、開くことはありません。

開いた状態にあるSCP-1449-JPに触れた人物は、SCP-1449-JPの"所有者"となります。所有者が決定した瞬間、SCP-1449-JPの1ページ目には所有者の本名が記述されます。この記述は所有者が存在しなくなったときに消失します。

所有者が存在する限り、SCP-1449-JPは継続的に"追記イベント"を発生させます。イベントは主に、所有者が任意の人物と接触を持った後かつ衆人環視にない状況で発生しますが、例外も多く存在します。この接触は会話だけではなく単なる挨拶も含みます。追記イベントにおいて、SCP-1449-JPは所有者の周囲に開かれた状態で転移します。この転移は、SCP-1449-JPが転移前に閉じた状態であっても発生します。また、転移の際にSCP-1449-JPに存在していたすべての汚損は取り除かれることが判明しています。転移後、SCP-1449-JPは開かれたページに様々な文言を出現させます。このとき出現する文章は、多くの場合で所有者に対する罵倒や非難であることが分かっています。イベントの発生頻度及び追記される文言の量は、所有期間が長いほど増大する傾向にあります。

SCP-1449-JPの所有者は、SCP-1449-JPの所有から3週間~5カ月の間に失踪します。所有者の自宅の状況や目撃情報は、所有者が自殺を試みたことを示しますが、所有者の遺体が発見された例はありません。所有者が失踪、もしくは失踪の前に自身の意志と関係なく死亡した場合、SCP-1449-JPのすべてのページは白紙に戻り、所有者死亡の1時間以内におおよそ半径8 km圏内に転移します。この転移は、SCP-1449-JPが開かれていなければ発生しません。所有者の死亡からSCP-1449-JPが転移し誰かに拾われるまでの間であれば、任意の人物をSCP-1449-JPに接触させ、所有者に設定できます。実験の際はこの性質を利用してDクラス職員が所有者になるよう操作しています。

以下はSCP-1449-JPの性質を把握するために行われた実験の抜粋です。完全な実験記録は"実験記録-1449-JP"を参照してください。

補遺: 収容違反記録

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。