SCP-1454
評価: +6+x
quads.jpg

確保された際のSCP-1454

アイテム番号: SCP-1454

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1454の各メンバーは、safeクラス・人型SCPの収納に使用される標準収容室に別々に収納されます。彼らには人型収容に関する標準規則が適用されます。協力的な態度である間、SCP-1454には許可された書物や娯楽と引換に、SCP封じ込めに関連しない簡単な作業を与えることが許可されます。

SCP-1454の各個体はテスト目的を除き、直接的または間接的にお互いに接触させてはなりません。すべてのSCP-1454の個体は、他の個体が被験中、手術中、その他生命を脅かす重大な危険下にある場合、常に監視を続けます。各SCP-1454への記憶消去処置の実施は最終手段として以外は避けてください。

説明: SCP-1454は、SCP-1454-1からSCP-1454-4と指定された、20██年に財団が保護した当時36歳の4名の成人男性から構成されています。4名は全員良好な健康状態にあり、同世代の人間と変わった身体的問題などは見られません。DNA検査はSCP-1454を構成する個人は一卵性双生児と同程度に、遺伝的に同一であることを示しました。

SCP-1454のメンバーは共有された記憶を持っています。──各SCP-1454は全員、すべての他の個体の記憶に対する完全なアクセス権を持っており、残りの3名があらゆる瞬間に何をしていて、何を経験しているのか常に認識しています。個体間の情報伝達手段は不明です。物理的距離、障壁、電磁場、薬物、[編集済み]による記憶の共有を防ごうとする試みはすべて失敗に終わっています。SCP-1454の1名への記憶消去処置は、消去された記憶について他の3名にも同様の影響を与えます。SCP-1454の4名すべては互いに独立して行動します。4名による記憶の共有にもかかわらず、「ハイブマインド」または「集団意識」の証拠は観察されていません。各個体が他を意識的に別の行動に誘導させる能力は実証されていません。

SCP-1454の4名すべては精神状態の共有に関連したユニークな精神疾患と診断されています。SCP-1454各個体は、自身と同一の存在で、共有した記憶を持つ3名の個体に気づいておらず、彼が想起できる記憶は彼自身が個人的に経験していると信じています。すべてのSCP-1454は現状を人類に典型的なものと信じており、インタビュー中において、これが普通でないと気付かず、記憶の中の同時に両立し得ないいくつかの組み合わせについて弁明したり合理化しようとしてきました。2名以上のSCP-1454が互いに連れてこられた場合、それぞれがお互いを自分自身とほぼ同様の存在と認識することに失敗し、結果として非常に混乱し動揺させ、多くの場合物理的な暴力につながります。

20██年にscp-1454を構成する4名すべてが同時に███████、███ダウンタウンのそれぞれ別々の4つの高層ビルの窓から飛び降り自殺をすると恫喝していたところ、財団によって発見されました。行政記録の調査によりこれらの個体たちは"エリック ████████"の名前で自身を認識し、全員██████地区で生活し働いていたことが判明しました。4名全員が同一の運転免許証と社会保障カードを持ち、5つの収入源からなる税務申告書を毎年提出していました。1つの出生証明書、5つの住宅、7つの自動車、6つの大学の学位、および7つの結婚許可書にこの名前との関連が見出されました。また当日2日前の飲酒運転による死亡事故の死亡診断書にもこの名が関連することが判明しました。

補遺:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。