SCP-1464
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-1464

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 承認された実験を除き、日の入りから夕暮れと明け方から日出の期間にSCP-1464を自然光の下で観察することは禁じられています;この期間でのSCP-1464の内容または特性に関する研究は1000Wの強いスペクトル照明の下実施しなければなりません。SCP-1464周囲35km2は財団フロント会社によって購入され、禁止地帯として用いられます。一般人に対しては湖沼学の研究として誤魔化してください。

SCP-1464を囲む禁止地域の上空は制限されます。禁止地域の衛星画像は介入、修正しSCP-1464の直接的な画像が公にならないようにします。

説明: SCP-1464は[編集済]北部にある森の水で、およそ82haの大きさがあります。夜明けまたは薄明時にSCP-1464を見ると、SCP-1464は認識災害になります。影響を受けた対象は過去に起きたSCP-1464域の儀式犯罪に参加したという非常に詳細な偽りの記憶を経験します;すべての影響を受けた対象は参加したことに対して深い後悔と罪の意識を表明し(対象の精神性とは関係なく)、儀式は犠牲者がSCP-1464の中に浸水することで完了し、儀式はXKクラス世界終焉シナリオを避けるために必要だが、儀式は失敗し繰り返さなければならないと主張します。

影響を受けた対象が説明する正確な儀式の内容は要素の数に従い変化し、周囲の木の葉の密度、浮いている破片の存在、SCP-1464の湖岸線の1m以上の修正を含みますが限度がありません(判明している要素の完全な一覧は文書1464-T17を参照)。財団が気付いてから、SCP-1464の異常効果を調整する要素は85回新しい地形になるに十分な自然の変化を受けました;同様に新しい地形は計画的な実験により25回、偶然的な変化により3回生じました。

特定の状況下でSCP-1464に曝されたすべての対象は同じ儀式を説明します;また、対象は他の対象と互いに異常認識を共有し、3人の区切られた対象が特定の状況で曝されると、対象達は全て儀式に3人が参加していることを報告し、互いの話を補強することができます。儀式の詳細は真実味のある話(1999年9月9日9:09AMに9歳の子供を虐殺)から現実離れした話(1974年6月56日に1978台のフォルクスワーゲン・ビートルを強姦、絞殺)に渡ります;説明した内容がどんなに非現実的でも、対象は認識齟齬を表しません。

SCP-1464の水中調査とソナー分析では影響を受けた対象が説明する水中の物体は見つからず、行方不明や家畜窃盗の報告も儀式と一致しません;しかし、およそ30%の儀式の伝えられる目的が既知のSCPの最悪の場合と一致します。

SCP-1464の水と水生生物のサンプルに異常は見られませんでした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。