SCP-147
評価: 0+x
SCP-147.jpg
最適状態にあるSCP-147の写真。現代のカメラの存在が敵対状態を引き起すため、この写真の撮影には白黒カメラが使用された。

アイテム番号: SCP-147

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-147は1950年代の居間を模した部屋に留め置いてください。現在の収容室にはラグマット1枚、肘掛け椅子2脚、蓄音機1台、ダイヤル式電話1台と、その他適切な装飾が設置されています。SCP-147は1965年3月後半以降のものと見られる物品はすべて拒絶します(付記0-40参照)。外部電源や電源接続は不要です。

説明: 1983年にミシガン州デトロイトの民家で発見されました。SCP-147の外見は1957年製ジェネラル・エレクトリックブランドの白黒テレビであり、型番は17T026です。SCP-147は二つの異なる振舞いを呈するところが観察されています。

最適: SCP-147は満足のいく部屋の中にあるときには、1950年代放送のコメディ番組を映します。バーンズ・アンド・アレン・ショーパパはなんでも知っているアイ・ラブ・ルーシーなどを映します。いずれの場合でもどの放送も完全に独自のものであり、それらの番組の記録は、いずれもまだ商品化されておらず、SCP-147が流したどのエピソードも録画を見つけることはできませんでした。コマーシャルは流れず、番組を放送している局を表す表示もありません。すべての放送は白黒です。適切な状態にあるSCP-147に曝露された被験者たちはくつろいだ気分で楽しむことができたとの報告をしました。この状態にあるときは、物品の音量とチャンネルを調整することができますが、電源スイッチは作用しないようです。

敵対: 現代の物品がSCP-147の周囲に存在すると、この物品は極めて暴力的でおぞましいカラー映像のみを映します。斬首、強姦、処刑、拷問のすべてが確認されましたが、現在に至るまでその場面がいつどこで起きたのかを示すような映像は放送されていません。映像は一定して高画質かつ高音質です。敵対状態にあるSCP-147に曝露された被験者たちは例外なく、放送が帯びる現実味によって10~15秒が経過すると嘔吐します。1人の被験者が2分間の曝露の後に神経衰弱に陥りました。すべての被験者は放送の内容を思い出すことを極端に嫌がり、SCP-147の敵対的放送を視聴する任務についた被験者15名のうち2名がその後自殺しました。敵対的放送の間は物品の操作は全く反応しません。

SCP-147の内部構造を検査しようという試みは成功していませんが、これはこの物品の外装が壊し開けようとするいかなる試みにも耐えきったことによります。ファラデー・ケージ内に設置して、この物品が受信可能な信号を打ち消そうとしましたが、効果はありませんでした。SCP-147への長期曝露がもつ作用については文書にまとめられていません。

補遺: 原則としてSCP-147に関与する娯楽活動は少なくとも一週間前にレベル4職員の承認を得てから予定に組み込んでください。

補遺 [0-40]: さらなる詳細についてはファイルTC-147-Bを参照してください。[データ削除済]の示唆により、細部に至るまでが1960年代に生産されたいくつかの物体が持ち込まれました。1965年3月以降に作られた物体では敵対的振舞いがという結果が得られました。正確な時期の推定は難しいところですが、それは正確に検証できる日付や年代に作られた素材を得ることが困難であることによります。特定の物品の年代に応じた振舞いをする理由については未詳であり、[データ削除済]が試験を続けています。

補遺 [0-40a]: 繰り返しの検査によれば、1965年3月以降に生まれた人物がいてもそれ自体は敵対的事象のきっかけにはなりません。未だ判明していない理由により、SCP-147は主に機械的に生産された物に対して不満を抱きます。████████ ████博士が先日自らヴィンテージ(1965年以前)の衣服を着て、シャツのポケットに三本のビック・フレア・ペン(1970年代に開発された)を挿しておく、という実験を執り行いました。SCP-147の前に座っている間に見たものについて、彼は後にこう述べました「びっくりするほど銃撃戦をやっていたのが特徴の、奇怪なアイ・ラブ・ルーシーのエピソードだ」

補遺 [1-80]: 先日敵対状態になっている物品に刑確定済の強姦犯や精神病質者を曝露する、という内容を含む試験を行ったところ、この物品は視聴者に表現を適合させることが可能であることを示しました。強姦犯を1986年製の金属椅子に縛りつけた場合、視聴時間中一度も強姦が画面に現れることはなく、一方で性器切除の場面(主に男性の)が頻出しました。同様に、拷問で人を責め殺したとある精神病質者では拷問の場面は少なく、死刑執行に失敗する場面が多く見られました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。