SCP-1470-JP
評価: +71+x
blank.png
避難経路.jpg

光源点灯時のSCP-1470-JP

アイテム番号: SCP-1470-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1470-JPの2つの出入り口の存在地点を中心とする半径1kmの範囲を、カバーストーリー(”個人所有地”)を適用し、立ち入り禁止区域としてください。SCP-1470-JP内部は等間隔に光源を設置し、常時途切れることのないようにしてください。実験は得られる結果が収集し終わったとして今後無期限に凍結されます。

説明: SCP-1470-JPは放棄済サイト-81VAに存在する緊急避難経路です。経路は地下3kmに存在しており、外部から観測できる全長はおおよそ3,600mで、反対側の入り口は付近の[削除済]に接続しています。エコーロケーションなどで外部から内部の状況を調査する試みは、存在を隠匿するために用いられていた[編集済]などの影響により失敗しています。

SCP-1470-JPの異常性は、備え付けられた電灯群を消灯した状態で内部に侵入することで発生します。内部に被検者が侵入したのち、1つ、または多数の足音が確認されます。これらの音源は特定されていません。この足音は被検者がSCP-1470-JPの奥深くへと進んで行く毎に、近づいてくるように確認されますが、この原因は不明です。また、内部では被検者の恐怖の感情が通常より強く発露します。財団の作成した″耐恐怖指数テスト″で50以下のスコアの被検者については、大抵の場合内部50m以上の調査をすることが出来ないため、出来るだけ高いスコアを記録した被検者を実験に使用することが望まれます。

内部に侵入した後は被験者が死亡、もしくはSCP-1470-JPから脱出するまで、不明な原因により備え付けられた電灯群、もしくは外部からの照射機が機能しなくなります。例外として被験者が内部に持ち込んだライトなどは使用することができますが、光源の強さに関わらず最大0.2m程度しか視認することはできません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。