SCP-148-KO
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-148-KO

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-148-KOは収容サイト-22にある1m3の鉄箱に収容します。SCP-148-KOに関する情報は、クリアランスレベル2の管理者が管理します。物理的な衝撃で破壊されるのを防止するために鉄の箱の内部にはポリエチレンフォームのパッドが取り付けられています。

SCP-148-KOが露出している時は、人間を視覚的認識から排除しなければなりません。SCP-148-KOを回収、または移動させる時はSCP-148-KOの影響に備えて、常にサングラスを着用しなければなりません。

Dクラス職員を管理する職員はSCP-148-KOの関連実験に直接参加ができません。その職員はDクラス職員をSCP-148-KOの実験室に移動させる役割のみを担い、すぐに復帰してください。また、実験前に実験を目的として使われるDクラス職員の情報を明かさずに身体検査が行われなければなりません。なお、実験後の処分はSCP-148-KOの管理後任者が個別に引き受けます。

SCP-148-KOの影響を受けた場合は、Dクラス職員を除いて影響者と関連したすべての人間全員に記憶処理を施します。

説明: SCP-148-KOは湾曲性のない黒い木材で作られた21cm×30cmの額縁です。枠の上部にはまっすぐに伸びた黒い帯が飾られています。これにより、遺影写真を挟むときに使われたものだと考えられます。フレーム内には、写真の代わりに鏡が内蔵されています。

SCP-148-KOに内蔵された鏡を人間が持続して観察すると異常性が発現します。SCP-148-KOを正面から認識した人間(SCP-148-KO-A)は、次のようなものを目撃することになります。

  • 自分の姿が時間の経過に応じて老化していく様子が映る。
  • その時、老化により大きな傷が生じる。
  • その後、鏡の背景が白黒写真のように変わる。
  • 結果、死んだ姿が映し出される。

この状態の途中でSCP-148-KOから立ち去っても状態は継続し、自分が変化する様子は対象者の想像の中で行われます。ここで重要なのは、SCP-148-KOは対象を認識した状態であり、対象者が立ち去っても鏡の中の姿はそのまま維持されるということです。

鏡に映った姿は、通常の姿から傷を負い、腐敗過程を経て骨だけが残る姿まで変化します。最後の姿、つまり骨だけ残った後は黒い粉となって消えます。その後、鏡が黒く覆われて再び通常の鏡の姿に復元されます。

SCP-148-KO-Aの特徴、性格と過去の情報を知っている人間は、影響を受けた人間としてSCP-148-KO-Bに指定されます。

SCP-148-KO-BがSCP-148-KO-Aのことを言及する場合、知らない人、あるいは死人だと説明します。しかし、SCP-148-KO-Aの死亡過程は説明することはできませんでした。また、この二つが接触してもSCP-148-KO-Bは、SCP-148-KO-Aを認知できません。

具体的には、SCP-148-KO-AはSCP-148-KO-Bに直接接触することができません。物理的な影響を受けず、身体を通過します。SCP-148-KO-BにSCP-148-KO-Aの関連情報を話させる試みは全て失敗に終わっています1。 SCP-148-KO-Aと無関係な人間は物理的な接触が可能です。

SCP-148-KO-Bが自分を知らないことについて、一般的にSCP-148-KO-Aは心理的な不安症状が発生します。この症状は、人によって程度が異なります。しかし、ほとんどの場合、初期には発熱、うつ病、対人恐怖症を引き起こし、その結果、自殺未遂を起こします。

SCP-148-KO-Aと無関係な人間がSCP-148-KO-Aを見て同情を表す、または感じるとSCP-148-KO-Bとなります。そして、新たに発生したSCP-148-KO-Bは、10分以内にSCP-148-KO-Aの10分前の姿と情報を忘却します。

SCP-148-KO-AがSCP-148-KO-Bが関連する記憶を失ったという条件で互いに接触をした場合、特殊な現象が発生します。その現象は、SCP-148-KO-BにSCP-148-KO-Aの不安定な心理状態が伝染するというものです。しかし、SCP-148-KO-Aは通常通り活動が可能です。

しかし、SCP-148-KO-AとSCP-148-KO-Bの両方に記憶処理を施せば、症状が消失します。

SCP-148-KOは一般的に破壊することができる程度の物理的な衝撃を与えることで破壊することが可能です。しかし、枠に付いた黒い帯を物理的な力を加えて枠から外す、または破ることはできません。

補遺

補遺 KO-201█0█1█
実験記録中にDクラス職員のD-█2███-KOがSCP-148-KOに接触して影響を受けました。その後、D-█2███-KOの管理担当のエージェント█庁█は実験が終わり、処分する際に、D-█2███-KOの身体に触れることができませんでした。SCP-148-KOの効果は影響者の情報を少しでも知っている人間でも対象になることが判明しました。D-█2███-KOは、クリアランスレベル█の別のエージェントにより処分されました。この事件により、いくつかの関連実験の記録を破棄しました。また、█純█管理担当者の件でDクラス職員の管理者はSCP-148-KOの関連実験から除外されました。

補遺 KO-20100428-1
SCP-148-KOは、2010年4月28日に██大橋から男性が飛び降り自殺をしたというある観光客の通報で警察が出動したという事件により発見されました。飛び降り自殺した場所の手すりから一組の靴とSCP-148-KOが発見されました。また、その他の物品は手すりの下にある自転車道で発見されました。遺体は自殺事件から██日が過ぎても見つかりませんでした。遺体が見つかった場合は、すぐに財団が回収して解剖を進めるようにしています。

補遺 KO-20100428-2
以下はSCP-148-KOに関連する資料を回収する途中で発見された録音ファイルです。資料の内容は「██大橋飛び降り自殺事件」の行方不明者が自分の携帯電話で送信した音声メッセージだと思われます。また音声の主は30代だと推定されます。

<再生>
ある日 (ノイズ)が[不明瞭]私を見たとき、理解することができなかった。私は(ノイズ)の前にいても見られていなくて、近くにいても触れることができなかった。私は死んだのか? (ノイズ)は、[聞き取れない]見て、 (ノイズ)が無視した時、私は死んだも同然だった。でも、私は元に戻りたい。それだけなんだ。
(約3分の間、男性のすすり泣く声が録音された)
(ノイズ)….
(以下の内容はノイズが発生して聞き取ることができません)
寒いよ
2010/04/28、23:11に音声メッセージが送信されました。
<停止>

この資料で明らかになったのは、送信者自身が記憶していた人物への言及が音声メッセージに記録されないということです。しかし、音声メッセージの受信者は送信者の声を認識し、過去の記憶も正確に存在します。(ただし、受信者は送信者がどのように消えた、または死んだのかは記憶していなかった)また、すでに死んだ人物が残した記録には影響がないことが確認されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。