SCP-1483-JP
rating: +16+x



アイテム番号: SCP-1483-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-1483-JPの発生は現在確認されていません。SCP-1483-JPとの関わりがあった全ての対象及びその保護者にはクラスA記憶処理を施しています。SCP-1483-JPと同じ現象が確認された場合を想定し、この報告書は保存されます。

説明: SCP-1483-JPは千葉県██市内で発生していた異常現象の総称です。SCP-1483-JPは千葉県██市内から無作為に選出された2001年生まれの人物(以下、対象と呼称)の元に発生します。

日没後対象が就寝したタイミングでSCP-1483-JP-Aが対象の室内に現れます。SCP-1483-JP-Aは『マントを着用した男性』のように見えるシルエットです。多くの場合カーテンにSCP-1483-JP-Aが浮かび上がりますが1、窓がない場合テレビや鏡などからも浮かび上がります。SCP-1483-JP-Aは7・7・7・5音の言葉で対象に語り掛けます。対象は目を覚まし、SCP-1483-JP-Aの言葉を聞き続けます。対象が再び眠りにつくと、SCP-1483-JP-Aは消失します。

SCP-1483-JP終了後、対象は太陽光に恐怖を抱くようになります。対象を太陽光に曝す事により恐怖を取り除くことが出来ます。物理的な方法で取り除こうとすると対象は激しく抵抗します。
対象は太陽光に曝されると「苦痛」「肌が焼ける」などと主張し激しく苦しむ様子を見せますが、何の外傷も確認されず、SCP-1483-JPに暴露する前の状態に戻り関連する記憶も喪失します。
しかし、影響が取り除かれた対象のもとに再度SCP-1483-JPが発生します。このため完全にSCP-1483-JPの影響を取り除くことは不可能でした。SCP-1483-JPの影響を受けた対象は、SCP-1483-JP-Aを認知しています。SCP-1483-JP-Aについて話す際、語調に変化が発生します。

SCP-1483-JPは2014年に██市内の児童相談所へ「息子/娘が夜な夜ななにかをつぶやいていて不気味だ。」「原因が不明だが家の外に出ようとしなくなった。」という内容の相談が同時多発的に発生し、実際に██中学校2年生の生徒の出席率が著しく低下していた事実が財団の注意を惹きました。

カウンセリングという名目で各対象を調査した際、上記の異常性が発覚しました。以下はSCP-1483-JPについて調査した際のカウンセリング記録及び実験記録です。

カウンセリング記録1483

対象: 対象A

内容: カウンセリングを行うため、対象Aを相談所(財団サイト)に連れていく。

結果: 対象Aは激しく抵抗し、外に出ることを拒否。外に出た途端地面を転がり叫び始めた。対象Aは苦痛を感じたと主張し外出に対し恐怖を示さなくなった。

分析: SCP-1483-JPの影響の喪失が確認された初めての例。以後、カウンセリングは対象の家庭の室内で行う。

対象: 対象B

内容: 対象Bにインタビューを実施、SCP-1483-JPの内容を調査。

分析: インタビュー中対象Bの不自然な語調の変化が確認された。事前の相談内容やこのインタビューから夜の時間帯にSCP-1483-JPが発生していると仮定する。これを受け、対象の部屋にカメラを仕掛け検証を実施する。

実験記録1483-1

対象: 対象A(SCP-1483-JPの影響は喪失している。)

内容: 影響の付与及びSCP-1483-JPの再発生の確認の為、対象の部屋にカメラを設置し監視する。

結果: SCP-1483-JP-Aの出現を確認、SCP-1483-JPの一連の流れが映像に記録された。対象Aは再度SCP-1483-JPの影響を受けた。

分析: SCP-1483-JPの発生過程が観測された。SCP-1483-JPの発生を把握するため全対象の寝室にカメラの設置を実施する。

インタビュー記録1483-1

対象: SCP-1483-JP-A

実施方法: 対象Cの声を模した変声器を用い、SCP-1483-JP-Aとの会話を試みる。

対象: SCP-1483-JP-A

インタビュアー: ██博士(対象Cの口調を真似ている。)

分析: SCP-1483-JP-Aに我々の存在を認知されてしまった。SCP-1483-JPの影響を受けた対象を増やすことが目的だということが判明した。

補遺: 各対象を調査した際、SCP-1483-JPによる影響だと思われる対象の中に、SCP-1483-JP-Aの存在を認知していない・語調の変化が起こらない人物(██氏)が存在しました。以下は██氏の母親█氏2に行ったインタビュー記録です。

インタビュー記録1483-21

内容: ██氏のSCP-1483-JPの影響を調べるためにインタビューを実施。

対象: █氏

インタビュアー: ██研究員

分析: ██氏の皮膚を調査した結果、肌の疾患は確認出来ませんでした。██氏のノートにはSCP-1483-JP-Aのシルエットと似たキャラクターが描かれていました。SCP-1483-JPとの関連性が疑われています。


SCP-1483-JPの影響を受けていないと思われていた██氏ですが、就寝時の監視カメラの映像にSCP-1483-JP-Aが確認されました。通常のSCP-1483-JPと違い、██氏は起き上がらずSCP-1483-JP-Aによる語り掛けもありませんでした。

補遺2: SCP-1483-JPの起源を調査するため、██氏のもとに現れるSCP-1483-JP-Aにインタビューを実施しました。

補遺3: カウンセリングの一環で█氏に██氏には肌の疾患が無い事を説明し、██氏を外出させました。その結果、対象が受けたSCP-1483-JPの影響が喪失しました。これ以後SCP-1483-JPの発生は確認されていません。オブジェクトクラスはNeutralizedに変更されました。

カウンセリングの最中、設置されていたままのカメラに蛸のシルエットが映っている映像が記録されていました。以下はその映像に記録されていた音声です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。