SCP-150-FR-J
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-150-FR-J

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Keter

swatbadass2.jpg

任務遂行中のSCP-150-FR-J

特別収容プロトコル: Villemoirieu市の住民は、公共財産の破壊、道路上の動物性廃棄物の流出、他人からの略奪、その他の同様の条項を禁じるような公共空間に関わる法律を全て遵守しなければなりません。

2人の住民につき1人の警察官が監督しなければならず、警察官が住民の下を離れる場合、新たに2人の財団エージェントが割り振られます。

交通違反を防ぐために、道路上の25.2m間隔ごとに速度測定装置が設置されています。違法行為の疑いがかけられた個人は、直ちに警察に引き渡されなければなりません。(この手続きは、該当区域の地方裁判所の許可の下で行わなければなりません。)

SCP-150-FR-Jが発生した場合、全てのエージェントは直ちに避難しなければなりません。現場の目撃者には記憶処理を行い、SCP-150-FR-Jによる被害は、建設現場によるものとして正当化されなければなりません。

説明: SCP-150-FR-Jは、違法行為が発生した際にVillemoirieu市に現れるSWATのメンバー10名で構成された集団です。違法行為が発生すると、SCP-150-FR-Jは展開、行動、離脱という3つの段階に分かれた介入を行います。

SCP-150-FR-Jのメンバーが捕獲され得る状況にあるとき、彼等は防弾チョッキを脱ぎます。防弾チョッキの中には常に起爆可能な手榴弾のベルトが巻かれており、「私をここに置いていけ、後は任せろ!」のようなフレーズを仲間に叫びます。大抵の場合、他のチームメンバーは「駄目だ!ヒーローになる必要は無い!」と言うでしょう。

SCP-150-FR-Jのメンバーが死傷した場合、次回介入時のメンバーの右腕に頭蓋骨の入れ墨が現れます。

展開(屋外): スーツケースや窓、マンホール、その他の場所に身を隠した状態で腕を出し、犯罪者から数メートル離れた位置にスモークグレネードを投げ込みます。爆発とともに、SCP-150-FR-Jは煙の中から現れ、戦闘態勢を取ります。 この時SCP-150-FR-J-1は、定型的に「ゴーゴーゴー!」と叫びます。

展開(屋内): 誰も目を向けていない場所からヘリコプターが飛来し、該当する建物の屋根の上へ降下します。 SCP-150-FR-Jは目標の窓を破壊し、スタングレネードを部屋に投げ込みます。この時SCP-150-FR-J-1は、定型的に「ゴーゴーゴー!」と叫びます。

注意事項: SCP-150-FR-J-11の滞空空域が狭すぎる場合、マンホール、窓、庭、散水ホース内から離散した状態で現れ、最終的には目標地点で合流します。

行動: SCP-150-FR-Jは、目標に向かって、地面に伏せるか、ひざまずくように叫びますが、これらの2種類の命令は酷く曖昧です。この時、非常に高い頻度で、該当地域全体で爆発が起こり、SCP-150-FR-Jのメンバーは常に誰もいないあらゆる方向に向けて、携行している武器を乱射します。目標は無力化されると、3人程のメンバーによって地面に押さえつけられ、背中側に手錠をかけられます。

離脱: 目標に手錠がかけられると、SCP-150-FR-J-1は「ターゲット確保、繰り返す、ターゲット確保、Papa Poule、即時離脱を要請する」等の発声をします。それに対してSCP-150-FR-J-11は、「Papa Poule了解、離脱地点チャーリーにて準備完了」のように返答します。一連の応酬の後、SCP-150-FR-J-11はロープを展開し、各メンバーと捕まった人物がロープに引っ掛けられます。SCP-150-FR-J-11が去ると、いくつかの爆発とともに、目標地点付近の建物が破壊されます。

完全なチームメンバーのリストは次の通りです:

注意事項: いくつかのSCP-150-FR-J個体と有名な俳優との類似性は、単なる偶然に過ぎません。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。