SCP-1500-JP
評価: +82+x

アイテム番号: SCP-1500-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 蒐集院の総本部施設は、財団との併合後サイト-8181と指定され、蒐集院からSCP-1500-JPの収容手順が引き継がれました。SCP-1500-JPへの物理的アクセスはセキュリティクリアランス4以上の職員3名の許可を必要とします。SCP-1500-JPとサイト-8181で行われる慰労会との間に関係性はありません。これについて調査することは禁止されていませんが、行き過ぎた追及は例年行われている夏祭りなどの開催を見合わせる要因になります。

説明: SCP-1500-JPは[削除済]の地下に存在する石室から、毎日21時から翌2時までの5時間に、後述の手順(手順:1500に指定)を踏むことで侵入が可能な異常空間(SCP-1500-JP-Aに指定)で行われている、大規模な祭りです。石室は高さ1m83cm、横幅5m70cm、奥行5m81cmで、放射性炭素年代測定では████年前から存在していることと、後述の異常性を除けば特筆すべきものはありません。[削除済]にはかつて蒐集院の総本部施設が設置されており、蒐集院による封じ込め措置と保護が行われていました。

SCP-1500-JP-Aは石室の面積を無視した広大な空間で、半径約2kmの歪な円形をしており、空間の端には光を吸収する半透明の障壁が存在します。また、上空には常に満月が観測されます。Dクラスを用いた実験では、GPSの反応は石室から移動しないため、SCP-1500-JP-Aは基底世界内の空間であり、手順:1500により空間が歪んだ結果発生していると推測されます。SCP-1500-JP-A内では常に音源不明の祭囃子や歌声が響いていますが、環境音や後述する神輿エリアの喧騒により内容の判別は不可能です。また、SCP-1500-JP-A内の大気は気化したアルコールにより湿度が100%を超えており、侵入者は最長でも50分以内に酩酊状態に陥ります。酩酊状態に陥った侵入者はSCP-1500-JPの祭りを楽しもうと行動を開始します。

SCP-1500-JP-A内は中心から半径500mの地点を境に大きく二つに分かれており、外縁の屋台エリアと中央の神輿エリアに分別されます。SCP-1500-JP-A生成時、内部には常時████体以上の人型実体が存在します。人型実体は様々な年齢層の個体が存在しますが、一様にSCP-1500-JPについての質問には要領を得ない返答ばかり1のため、オブジェクトの一部と考えられています。

手順:1500

SCP-1500-JP-Aは石室の入り口にSCP-233-JP-1を設置し、石室側へ扉を開くことによって発生します。石室内部に人物が留まったまま扉の設置と開閉を行った場合、及び上記の時間帯以外ではSCP-1500-JP-Aは発生しません。

屋台エリア

屋台エリア.jpg

屋台エリアの様子

屋台エリアには確認されただけで600を超える出店屋台が出店しており、その内容は飲食や香具師のような娯楽、見世物芸など、一般的な祭りで見られるものばかりです。しかし、一部に日本の要注意団体と繋がりが疑われる物品が確認されています。

.
.
.

関係が疑われる要注意団体 確認された物品
日本生類創研 焼き鳥、イナゴの佃煮などを出店しているテントに同団体のロゴを確認。佃煮は実在した。
東弊重工 SCP-012-JP SCP-166-JPに酷似した掌サイズの玩具を確認。自立行動などは行わない。
博士 "博士の不思議見世物小屋"を確認。内容は[編集済]

また屋台の業者らしき人型実体に対しては、商品を購入することに関してのみ会話が成立します。値引き交渉は3割引きまで成功したケースが報告されています。扱われている商品や備品などが補充されている様子も確認されていませんが、商品が無くなる兆候はありません。また、それら以外の人型実体は屋台エリア内の出店を利用しており、この時利用する貨幣は現代日本で使用されているものと同一のものです。このことと前述の要注意団体の関連が疑われる物品から、SCP-1500-JP-A内部と外部とは未知の物流ルートがあると推測されます。

神輿エリア

神輿エリアの中心には全長11mほどのソメイヨシノ(Prunus x yedoensis)に酷似した樹木が、常に開花した状態で存在します。2その四方には四神を模したと思われる全長約5mの祠が4宇あります。また、SCP-1500-JP-A内は常に無風であるにも関わらず、神輿エリア内では大量の桜の花弁が舞い散っており、視界は非常に不明瞭です。これらのオブジェクトには大量のSCP-052-JPが、樹木には規則正しく、祠には極めて乱雑に付着されており、外的存在である基底世界の人間は物理的接触が不可能です。また、カント計測器による測定では樹木、祠ともに基準値を大きく上回るヒューム値を検出しました。3

SCP-1500-JP-A発生時、神輿エリアでは常に██基から███基の神輿を担いだ群衆が、雄叫びや掛け声をあげながら、樹木と祠を取り囲み、不規則に動き回ります。規則性のない動き、突然の進路変更、神輿同士の衝突に加え、時には神輿を投げ飛ばすため、人型実体は負傷し、個体によっては死亡するケースもあります。人型実体の死亡、神輿の破損などが生じても群衆に動揺はありません。また、SCP-1500-JP-A内に侵入した人物が騒動に巻き込まれ死亡した場合、SCP-1500-JPが終了した際に瞬時に蘇生され、石室内へ転移されます。

酸素ボンベを装備させた7名のDクラス職員にSCP-1500-JP-Aへ侵入、屋台、神輿の両エリアを調査させた結果、SCP-1500-JPには一定のスケジュールが存在することがわかりました。以下に推定されるタイムラインを添付します。

SCP-1500-JPタイムライン

時刻 SCP-1500-JP-A内での出来事
21:00 SCP-1500-JP-Aに侵入可能に。侵入時点ですでに祭囃子や喧騒が聞こえる。神輿エリア内ではまだ神輿は担がれていない。群衆はアルコールらしき飲料を飲んでおり、このとき神輿エリア内の人型実体は成人男性と思われる個体のみ。
21:20頃 神輿エリア内にて群衆が神輿を担ぎ動き始める。
22:00~23:30 屋台エリア内にて同時多発的、かつ連鎖的に喧嘩騒動が発生。この騒動は最大でも1時間程度で収束する。確認される騒動の件数は日によって完全に不定のため、必ず発生する現象ではないと思われる。
24:00頃 神輿エリア内で死人が出始める
24:30頃 屋台エリアの人型実体が神輿エリア内で死亡した人型実体の代わりに神輿を担ぐ群衆に参入している様子が確認され始める。後からの参加者には女性型、子供型、老人型も存在する。
1:00頃 群衆が血に塗れた神輿を、次々と祠へ向けて衝突させる。このとき祠に付着しているSCP-052-JPの異常性が発揮されている様子は見られない。しかし祠への物理的ダメージも確認されていない。
1:40頃 上空に無数の花火があがる。祭囃子の調子もより力強くなり、群衆の喧騒は大合唱となる。このころには屋台エリアの通行人は全て神輿エリアへ移動しており、業者らしき人型実体は店仕舞いの仕草を見せる。
2:00 神輿の最後の一基が祠へ衝突したのと同時に、侵入していた人員は強制的に石室へ転移する。死亡していた人員はこのとき蘇生する。

補遺: 解析の結果、祭囃子の歌詞が部分的に解読されました。以下に内容を記載します。内容は解読が進み次第更新されます。

木と花と[未解読] ふして見下ろす[未解読]よ
子らが見上げるわが眼 笑みをたたえる われをたたえる

[未解読部過多につき中略]

懐かしき玩具よ 心地よき青い春よ
[未解読]を紡ぎ ハレをわたす
没す日輪 寄ろう月輪
常世にたたえる [未解読]が統べる

楽しもうぞ 和の魂とともに

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。