SCP-151-FR
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-151-FR

オブジェクトクラス: Safe

脅威レベル: 白 o

特別収容プロトコル : 職員が使用していない時、SCP-151-FRは標準収納棚に保管する必要があります。このオブジェクトは使用を要求している現場職員に貸与し、使用することができます。

説明 : SCP-151-FRは長さ60cm、高さ25cmの赤色で塗装されたおもちゃの木製消防車です。構成する材料のいずれも異常な特性を有するようには見えません。

人間がSCP-151-FRを見ると、おもちゃとして使いたいという欲求を感じます。被験者は、怒りやストレスの状態においてSCP-151-FRで遊ぶ欲求をより感じ、穏やかな状態においてには欲求が弱まります。遊んでいる時、被験者は安らかな気持ちになり、徐々に落ち着いた状態に入ります。この時、被験者は精神的に幼児退行するようです。この効果は2時間継続し、その後精神的能力を回復します。妨害は被験者によっては受け入れられますが、鎮静効果は得られません。また、オブジェクトは複数の対象に対して同時に影響を与える可能性があり、SCP-151-FRの使用による副作用は見られません。

SCP-151-FRの消火ホースはウォータージェットを発生させることができると思われます。 この性質はタンクに水を補充することなく、ホースが7時間連続運用された2015/██/██に発見されました。分析後、水は飲用可能であることが判明しました。SCP-151-FRは水を必要としませんが、タンクに補充することは可能です。

SCP-151-FRの影響を受けた人間は、小さな火災を消火したいという欲求を示すことがあります。火災は常に安全に保護された状態で自発的に発生し、被験者は無意識のうちに火災の発生を防ぐために最大限の予防措置を講じていました。この火災で影響を受けた物質の、焼成、水分などの状態に関する変化の痕跡は示しません。

人間が知覚し、火災が発生したときにSCP-151-FRの第二の異常性質が発現します。被験者はSCP-151-FRを消火器として使用します。被験者はまた非常に冷静に、訓練を受けた消防士が行うような作業を自発的に行い、構造的損傷や身体的障害を引き起こさないように注意を払います。さらに、SCP-151-FRによって排出される水の量は、█0バールの圧力まで急激に上昇します。排出された水はあらゆる種類の火災においても異常な効率を持ち、即時の消火に加えて再度の火災を防止します。SCP-151-FRを使用した被験者はほぼ全ての場合で消火します。

補遺: SCP-151-FRは、2012/█1/12の火災で焼失した家の瓦礫の中から発見され、そこには大人2人と子供1人が住んでいました。子供の遺体と大人の遺体は瓦礫の中心にありました。その居住者の第3者として識別された男性が、2012/█1/15に警察署宛に手紙を送り、それが財団の目を引きました。

やぁ、ウォルター。

君が子供の扱いに困っていると聞いたよ。本当によくわかるよ! 私は覚えているよ、私も子供を持っていたとき、それはまさに小さな怪物だった!いつもくだらない悪戯をして、ドタバタして…
はぁ…私が遠回しに言うのが得意じゃないのは知ってるだろう?

昨日、君の息子に話を聞いたよ。悲しい…本当に悲しい。彼は躁病、または鬱病…それが放火に繋がる。だからドイツに行く前に彼にプレゼントしたかったんだ。それは木製の消防車で、彼を楽しませて保護してくれるだろう。

幸運を、それじゃ。

フレディ。

火災の原因はまだ調査中です。なお、記録では放火犯である若い█████ ████████は8歳と診断されたことを示しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。