SCP-1531
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1531

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1531はサイト-92内の収容セル14にて保管されます。区画クリアランス2/1531(以下CC2/1531と表記)を持たない職員に対してSCP-1531の厳密な性質・効果を開示することは固く禁じられています。現在のところ、実験対象として扱われるのはCC2/1531を持つ職員からのボランティア及び既に実験に参加しているDクラス職員に限定されます。なお、実験に参加するDクラス職員は実験の期間内において月例終了が免除されます。追加の実験対象の動員を伴う申請は、プロトコル1531-Aに基づいて行われなければなりません。

説明: SCP-1531は製造元が不確定の標準的なポリグラフです。その金属製のケースには”テミスは盲目なり、彼女を光へ導くのは誰か”と訳されるフランス語の文言が彫られています。外観に関しては、他に特異的な点は見られません。対象(12歳以上の人間)の皮膚にセンサーを固定した状態で理解可能な質問を行うことで、以下の現象が発生します:

  1. 対象は質問に主に口頭で返答します。発声が制限されている場合においては、過去に筆記・ジェスチャー・瞬きによるモールス信号による伝達が用いられています。対象は返答することへの衝動や外的圧力を感じるわけではありません。
  2. SCP-1531は常に標準的なポリグラフを印刷しますが、それと同時に返答の真偽の判定が出力されます。

SCP-1531は、対象の血圧・呼吸・皮膚伝導性を用いない不明な方法で返答の事実的な真偽を判定していると考えられます。現在までに、鎮静剤・記憶処理(偽記憶の植え付けを含む)・ミーム的攪乱を用いた実験が行われましたが、オブジェクトを欺くことには失敗しています。

シュタイナー研究主任の付記:

我々の手にあるこのオブジェクトがいかに深刻なものであるか、職員の間での理解が不十分であるように感じる。端的に言ってこれに勝る効率的な尋問方法は存在しないのである。往々にして、財団の用いる手段や機材は不確実に過ぎてとても信頼できるものではない。そして我々の敵はそれ以上をやってのけることは周知の通りだ。オメガレベルの記憶処理を受けたエージェントを所持し、質問の仕方を熟知した者の手にこのオブジェクトが渡った時の事態を想像してみてほしい。このようなオブジェクトが存在するという事実でさえも、信頼されざる者から秘匿されるべきだ。以上を理由に、私はセキュリティの一層の強化を要求する。

申請は受理され、プロトコル1531-Aは更新されました。CC2/1531のための審査はサイト管理者███あるいは同等以上のクリアランスを持つ職員の管理のもとに行われるものとします。 - O5-█

補遺1531: プロトコル1531-A

追加の職員に対するCC2/1531の付与はO5の直接の指示の下でのみ行われるものとします。CC2/1531を持つ三名以上の職員が追加の実験対象の動員またはSCP-1531による尋問が必要であるという合意に至った場合、次の文書がセキュリティクリアランス3以上かつCC2/1531を持たない職員に送付されるものとします。文書の受け渡しにおいて、オブジェクトの性質、申請の内容、及び文書の内容に対する言及は禁じられます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。