SCP-154-JP
評価: +35+x
goodlooking_sake.jpg

回収当時のSCP-154-JP

アイテム番号: SCP-154-JP
 
オブジェクトクラス: Safe
 
特別収容プロトコル: SCP-154-JPはサイト-81██の標準型収容ロッカー内に保管されます。担当職員はSCP-154-JP-1の発生を1日1回確認し、発生していた場合は業務用20Lポリタンクに移し替えてください。満杯になったタンクは専用収容庫に保存されます。SCP-154-JP-1の回収/実験に際しては直接視認せず映像再視ゴーグルを着用してください。また接触ないし体内摂取を避けるため防護用手袋と標準型作業着、浄化フィルター内蔵マスクを使用し、使用済みのものは汚染備品処理規定に則り処分してください。
 
説明: SCP-154-JPはソーダ石灰ガラス製の日本酒の空き瓶に見えます。胴径80mm、全長220mmで無色、製造元ラベルはありませんが、B5サイズの白いコピー用紙がセロハンテープで無造作に貼られており、用紙中央には乱暴な毛筆の手書きで「地酒」と記されています。SCP-154-JP本体は████硝子株式会社の製造するガラス瓶の規格と同一であり、用紙とセロハンテープはそれぞれ███社と████社が製造している通常の製品であることが分かっていますが、未知の力で瓶と接着しており剥がすことや損傷を与えることは出来ません。
SCP-154-JPを直接視認した人間は約1か月間、もっとも居住期間の長かった地域(以下『出身地』とする)の口頭言語でしか会話が出来なくなります。この異常性質は性別、年齢、国籍、日本語判読の有無に関係なく作用し、記憶処理は効果がありません。ただし書記言語に関しては、本人が取得している言語全てにおいて通常通りの使用が可能です。
また、SCP-154-JPは不定期に活性化し、アルコール度数約15度の清酒(SCP-154-JP-1)を20ml~40ml程度内部に発現させます。SCP-154-JP-1の成分は米と米麹を用いた通常の純米大吟醸酒と変わりませんが、経口摂取した人間に以下の恒久的な影響がランダムに、かつ摂取量が多くなるほど複合して現れます。

・出身地の口頭言語が使用出来なくなり、日本の標準語を話すようになる。
・愛郷心を喪失する、または出身地の話題に対して極端な嫌悪感を抱くようになる。

この場合の曝露では、口頭言語だけでなく書記言語に関しても異常性が発現します。学習や記憶処理による出身地言語の再修得の試みは失敗しました。
 
SCP-154-JPは、2009/04/05にサイト-81██職員有志の花見大会へ███博士が持参した際、その異常性が確認されました。███博士は普段から方言を使用するため当初SCP-154-JPの特性に気がつきませんでした。SCP-154-JPを視認した職員同士の意思疎通が困難となる中、███博士がサイト本部へ緊急報告し、酒瓶がオブジェクトとして回収されました。

 
当時瓶内部にはSCP-154-JP-1が発現しておらず摂取した者はいませんでしたが、曝露した職員はその後約1か月間、業務及び日常生活での不自由を余儀なくされました。███博士は本オブジェクトについて、職員居住区内の「██商店」にて他の通常の酒類を購入した際に店長からサービスされたものだと主張しています。しかし店の販売履歴、監視カメラの映像にはSCP-154-JPらしき商品を購入した痕跡は残っておらず、仕入れ記録もありませんでした。また███博士は指摘されるまで、酒瓶のB5用紙の不自然さに気づいていませんでした。「地酒」の文字と博士の筆跡、また店の全ての従業員の筆跡は一致していません。
 

 
 
補遺: 実験記録154-7にて終了した被験者の身体解剖を行ったところ、被験者が摂取したSCP-154-JP-1は検出されず、肝臓の一部が約20gの土塊に置き換わっていました。この土は被験者の出身地である奈良県██市の███公園のものと判明しています。該当地の土は1ml=約0.45gであり、被験者が2度の実験で摂取したSCP-154-JP-1の総量が45mlだったことから、体内でSCP-154-JP-1が泥土に変化したものと考えられますが、なぜ肝臓に転移したのか、どのようにして5日の間被験者の健康が維持されていたのかは不明です。
  
 
 
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。