SCP-1548-CU
評価: +2+x
SCP-1548-cu.jpg

スター!こっちおいでお嬢ちゃん!カメラをむいてね!

アイテム番号: SCP-1548-CU

オブジェクトクラス: かわいらしい 差し迫ってかわいらしい

特別収容プロトコル: SCP-1548-CUは、よちよちと可愛らしげにちょっぴりずつ歩くのが愛おしい結果、現状では収容が不可能です。現在サーク島の████████に位置する研究ユニット-█において、SCP-1548-CUを愛するもの総出で観測されるべきです。24時間寄り添うことを可能にするため、現在三つの小さな枕と毛布を積み重ねたものが使用されています。寄り添って寝ることを容認されたものは全て写真に記録し、サイト-█のSCP-1548-CUデータベースへ送信してください。毎日確実に温かいミルクを与え、SCP-1548-CUのしゃっくりを抑制する任務のため、現在機動部隊ガンマ-5が配属されています。

説明: SCP-1548-CUは、ワンダフルな2ヶ月のウェルシュ・コーギーの子犬であるスターを示す財団内の用語です。19██年に生まれた当初、彼女の毛並みのゴージャスな性質は判明しませんでした。判明したのは、当時[編集済]の熱狂的犬大好きであったエージェントM███████が、SCP-1548-CUがぽかぽかの日差しの下でお昼寝をすることを観測した19█年のことです。観測によって、スターは実はいびきをかいていることが明らかになりました。最初に完全に文字に起こされたSCP-1548-CUのメッセージは、3回のバーストによって送信され、ロシア語から翻訳されました。内容は次の通りでした。“彼女ハ目覚メタ/アゥゥン,彼女ハ辺りヲ見渡していマス/オナカヘッタ〜!”SCP-1548-CUは通常およそ0.85ヨチヨチ/秒のペースで移動をしますが、より早いよちよちも記録されています(補遺SCP-1548-CU-A参照)。

続く10分のうちに、スターはいたいけな足をあげて、せいいっぱいの速さまで加速していることが観測されました。この期間中、彼女は可愛く小さな声でキャンキャン鳴き出しました、もうっ、あなたがあの場所にいたら彼女をギュッとしたくなったことでしょう。お昼ごはん時には未知の手段により見た目の最大速度に達しており、彼女が子犬の遊び場で駆けまわり始めて、クッションの上にドスン。

それは、この時点でSCP-1548-CUが、自身の観測者について知覚していることを示し始めたということでした。彼女はエージェントM███████を見上げ、ゴロゴロというノイズを発し、彼に飛びかかると、エージェントの指を食べようとしていて、もうそこにいるみんなは「きゅ〜〜〜〜〜〜〜〜!」彼女が体を目一杯使って、みんなしてかわいいしたくなるようにするために、SCP-1548-CUが見た目上未来を予知している方法は判明していません。

補遺SCP-1548-A: 198█/█/█、財団の任務からの医療休暇中だったO5-█は、子犬の遊び場におとずれてSCP-1548-CUと遊び出しました。遊び場に設置されたカメラは、彼女が部屋を駆けまわって、つまずいても立ち上がってまた走ろうとする様子や、ものに突進する様子、おかしくなってしまったみたいだけど、ひっしにO5-█にスリスリする様子を観測していました。O5-█はずっと、「おいでおいで!おいで、遊びましょうね?よーしよしよしよし!あーしよしよしよし、お嬢ちゃん!」

この送信に続き、幸せいっぱいに可愛らしげなちょっぴりずつのよちよちは、0.85ヨチヨチ/秒から、1ヨチヨチ/秒を遥かに超えるまでに増加したため、彼女があわただしく動く様子や、彼女の幸せな小さな声を常に記録するために、高速度カメラを使用する必要がありました。続く8時間の間、SCP-1548の寄り添いは[データ抹消済]、合計して1ギガバイト以上の、ホントにホントにほおずりしたい写真になりました。これは、現在までで最も長い継続的な寄り添いでした。

補遺SCP-1548-CU-B: SCP-1548-CUは、O5-█により差し迫ってかわいらしいへ再分類されました。

遊び場を横断するのに5700年かかるかどうかなど関係ない。あの娘はかわいすぎる! -O5-█

補遺SCP-1548-CU-T: 19██/11/4に餌やりの後、彼女はゲップしたよ!

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。