SCP-1548-JP
評価: +59+x
youcantseeit.jpg

SCP-1548-JPを視認しようとするDクラス職員

アイテム番号: SCP-1548-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1548-JPはステンレス製のケース内に収納した状態でサイト-████内の中脅威度オブジェクト収容地下ロッカー内に収容されます。担当者はSCP-1548-JPを直接取り扱う際は光を通さないアイマスクを使用した上で顔とオブジェクトとの距離を30cm以上としてください。

21██/██/██追加特別収容プロトコル: 地球外探査に関わる財団外の人員に対して当該オブジェクトの特性を事前に説明し、情報の封じ込めを実施して下さい。

説明: SCP-1548-JPは未知の素材からなる高さ20cmの円柱状彫刻です。その異常性によりオブジェクトの外観の詳細は確認されていません。SCP-1548-JPの組成については異常な硬度を持つ為にサンプルの採取に成功しておらず、またX線解析等の電磁波・光学分析機器の適用が不可能であるために判明していません。表面に未知の文字と考えられる刻印が存在していますが、意味の解読には成功していません。

SCP-1548-JPに対して光を感知する機器や器官を向けようとした場合、未知の力で阻害されます。鏡やフィルム式カメラなど単に光を反射、投影する物自体には力は働きませんが、その写像や写真についても前述した異常性を持ちます。また、石膏等を用いて刻印を型取りした場合、その雌型・雄型の両方についても同一の異常性を持つことから異常性の起源は刻印にあると考えられます。SCP-1548-JPに直接目を向けようとした場合、眼球はSCP-1548-JPが視野に入らない様に強制的に動かされるため、オブジェクトの位置によっては無理な眼球運動に伴い外眼筋の破断や視神経の断裂に繋がります。

SCP-1548-JPが不透明な障害物に遮蔽されている場合、光学的な観測装置に影響は与えません。しかし、眼球についてはその視線の中心がSCP-1548-JPに向かない様眼球運動が阻害されます。SCP-1548-JPと眼球との距離を20cm以下まで近づけた場合アイマスクなどを用いて視覚を遮断した場合でも眼球が破壊される可能性があります。遮蔽されたSCP-1548-JPに視線を向けようとした場合、SCP-1548-JPに対する視直径が数分角程度であれば阻害されたとは通常気づかないため、財団外の人間に影響を与えないようSCP-1548-JPは周囲██kmに財団外の施設が存在しないサイト-████内で収容されています。

補遺: 21██年、火星探査任務中であった███航空宇宙局所属の宇宙飛行士により「地球が見えにくくなっているように感じる」との報告がありました。詳細を確認したところ、船外観測カメラを通した映像では地球が鮮明に確認できていたにも関わらず、地球から離れるにつれ地球の存在している方向に視線が動かせなくなることで地球の視認が困難になることが判明しました。この現象が当該オブジェクトの影響であると示唆されたため、影響が自覚できる距離である5000万km以上地球から離れた外宇宙探査に関わる限定的な人員にのみオブジェクトの特性を説明することとしています。地球の視直径が数分角以上ならば周辺視野によってその存在を確認することは可能ですが、それ未満となると地球であると認識することが不可能となります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。