SCP-1554
評価: 0+x
lotrfuel.jpg

発見時のSCP-1554。前面にはSCP-1554-A-1がある。取り付けられているタグに注目。

アイテム番号: SCP-1554

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1554はサイト-629の異常性メディア棟にある防火Safeクラス保管ロッカーに保管します。実験はウォルターズ博士の監督下で行われるべきであり、生成された全SCP-1554-A実例はケースバイケースで保管します。

  • 生育可能な生物学的標本は、サイト-629の温室に収容します。SCP-1554-Aから生成された全ての動物は安楽死させた後、解剖し、実験後は焼却しなければなりません。
  • SCP-1554-Aによって生成された模型は、本質的に敵対的ではない限りにおいて、サイト-629アーカイブ棟で展示しても構いません。
  • 非生物オブジェクトは検査後にケースバイケースで処理します。全ての金属製オブジェクトは熔融してスクラップに変えます。

全ての実験は、水を使用しない消火システムを配備した部屋で行います。いかなる状況でもSCP-1554に対して炎を伴う実験を行ってはなりません。

説明: SCP-1554はJ・R・R・トールキンの著作である「旅の仲間」のコピーであり、1969年に██████出版から発行されたものです。SCP-1554は出版年代から見てかなり劣悪な状態にあります。幾つかのページにペン・鉛筆・クレヨンによる書き込みがあり、後半のページには若干水濡れによる損傷があり、”トム・ボンバディルの家で”の章が丸ごと欠落しています。

SCP-1554は独力で、最も近い平らな乾燥した表面に引き寄せられていき、直立して、最初の損傷していないページを開いた状態になります。いかなる手段でもSCP-1554のページに損傷を与える行為は、SCP-1554-A実例の生成を引き起こす事になります。SCP-1554-Aは、何らかの形で破損したSCP-1554のページから形成されるアイテムです。SCP-1554-A実例は、SCP-1554に生じた損傷の種類によって異なります。水によるダメージは、典型的には準生物学的標本を生成します。SCP-1554のページを破る行為は、「旅の仲間」の風景やキャラクターを象った小型かつしばしば自立して動く模型を生成します。ページへの書き込みは、通常は損傷した状態にある、衣服や武器などの無生物オブジェクトを生成します。最後に、SCP-1554のページを燃やす行為は、ランダムな方向に約██Gの急激な重力変動を引き起こし、常にSCP-1554から半径5m以内の人物やオブジェクト(SCP-1554自体を含む)に深刻な負傷や大ダメージを負わせます。基本的には、重力異常はSCP-1554が消火されるまで継続します。

補遺: SCP-1554に実行された実験のサンプルログ。

cowfuel.jpg

SCP-1554-Aの非生存実例。形が崩れているのは、書き込みと水濡れを同時に行ったことによる。

使用したページ: なし。前表紙を破損した。
SCP-1554へのダメージ: フェルトペンを使用して”X”を前表紙に記入。
結果として得られたSCP-1554-A実例: SCP-1554からの反応なし。

使用したページ: 序章、”パイプ草について”、8ページ。
SCP-1554へのダメージ: 5ミリリットルの水をページに垂らす。
結果として得られたSCP-1554-A実例: SCP-1554-A-4はニコチアナ・ルスティカに類似するタバコの一種だった。分析は、SCP-1554-A-4のニコチン濃度が比較的低いことを示している。火を付けると、「何となく甘くて家庭的」な香りと述べられる煙が大量に発生した。

使用したページ: 上巻1章、”待ちに待った誕生祝い”、27ページ。
SCP-1554へのダメージ: HB鉛筆でページに×印を付ける。
結果として得られたSCP-1554-A実例: 破損したページは、巨大なロケット花火であるSCP-1554-A-10に変換された。不安定性ゆえにケースを破損する恐れがあったため、SCP-1554-A-10は近隣の爆弾処理区画で処分された。SCP-1554-A-10は爆発時に異常効果を見せず。

使用したページ: 下巻5章、”カザド=ドゥムの橋”。
SCP-1554へのダメージ: 265ページを引き裂く。
結果として得られたSCP-1554-A実例: SCP-1554-A-21は、この章に出現するバルログと思しき存在を象った、生きている模型だった。SCP-1554-A-21は出現時に炎上しており、SCP-1554への損傷を防ぐため速やかに消火された。消火は水濡れによる15個の新たなSCP-1554-A実例出現を招き、この実験後に水無しの火災消火システムが導入された。

事案1554-7:

放火魔として知られるD-1554-7が、実験室に密かにシガレットライターを持ち込み、SCP-1554に着火する事案が発生。これに続き、D-1554-7は実験ユニットの北の壁に叩き付けられ、SCP-1554が燃え続ける中で深刻な呼吸困難を報告した。D-1554-7はSCP-1554の上に転がって炎を揉み消そうと試みたが、重力の強さゆえに実行に移すことができなかった。消火システムが活性化し、D-1554-7は実験室の酸素不足のため終了された。

補遺: 以下の文書は、█████大学図書館におけるSCP-1554の元のカタログカードの裏に書かれているのが発見されました。カードは栞としての使用を意図した長い紐に取り付けられていました。

いいだろう、もう沢山だ。

お前はもう十分なぐらいこの作品を破り裂いてきた。俺はトールキンの作品をお前が引き裂くのにはもううんざりなんだ。お前にはトールキンが分かってない。彼は英文学が神から授かった存在なんだぞ。もしお前がもうあと一ページでも台無しにしてみやがれ、報いを受けることになる。お前が壊せば壊すほどに、同じぐらい物を作り出す事になるだろうさ。

言葉は芸術だ。尊重しろ。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。