SCP-1567
評価: 0+x
8924764976_e5f3477a56.jpg

SCP-1567-3.

アイテム番号: SCP-1567

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: プロトコルG-3-16(地理的不動性異常の収容)に基づき、収容境界線はSCP-1567-3の進路に5km以上接近しないように確立されます。境界に駐留する職員はプロトコルG-3-18(危険環境における活動、電離放射線、レベル6)を遵守しなければなりません。境界線を越えようとする民間人は制止および/または必要に応じて勾留されます。境界の中から現れるSCP-1567-2個体への致命的な武力行使は禁じられています。

SCP-1567の26km圏内は飛行禁止区域に指定され、財団のレーダーとセクター25の通信局(分地OP-1567-01~17の機器によるサポートあり)によって監視されます。また、イギリス王立空軍の協力による追加の法施行が提供されます(財団-UK条約1948条)。

財団の偽情報ワーム"PaTH-L33"のセクション492は、非財団組織によるSCP-1567地点の放射線レベル測定のデータ削除に割り当てられています。標準活動盗聴プロトコルには、情報漏洩検出の規定が含まれます。

文書SCP-1567-GS(“ガレントンの人たちの真心”)において、SCP-1567-2による声明の矛盾を示唆する条件の変更が発生した場合、あるいは発生しそうな場合、それは潜在的な封じ込め違反の警告と見なされるべきであり、現在任命されているセクター25の施設管理者に報告しなければなりません。

説明: SCP-1567は、ガレントンの町(SCP-1567-1)、そこの住人(SCP-1567-2)、そしてSCP-1567-3現象を指す総体的呼称です。

SCP-1567-1はスコットランドのケアンゴーム国立公園内にある小さな鉱山町です。町の周囲は、それぞれ北東と南西に存在する、閉鎖された炭鉱と放棄された貯炭場に関連すると思われる長さ22.4kmの狭軌鉄道に丸く取り囲まれています。現代的な舗装された道路・線引き・標識の存在にも拘らず、SCP-1567-1において自動車両は観測されていません。食料・燃料・電気・水の日常的な使用が観測されているにも拘らず、SCP-1567-1はこれら全ての観測可能な供給源を持っていません。

SCP-1567-2は、SCP-1567-1の住民である人間たちです。彼らは未知である現在の生活手段を別にすれば異常性を持たないと考えられており、推定人口は1120人です(2009年時点)。SCP-1567-2との間には電気光セマフォを介した限定的なコミュニケーションが確立されており、SCP-1567-2が代わりとなる通信方式の要求を拒否しているために断続的に続けられています。

SCP-1567-3は英国鉄道クラス365電車です。ナンバーは██████で(現在█████ ███████ ███████で運行中の電車に一致します)、継続的にSCP-1567-1を囲む線路上を時計回りに、通常は時速131.5kmの速度を維持しながら走行しています。この速度には著しい偏差が観測されており、現時点では最高時速が288.4km、最低時速が6.9kmです。これらの速度変化は境界のどこかで発生した潜在的な侵入行為と同時に発生しており、常にSCP-1567-3と侵入者の近接近を齎します。SCP-1567-3が推進力を得る手段・上部電線からの電力供給の欠如・列車のゲージと線路の不同に関しての既知の説明は存在しません。SCP-1567-3の室内灯は、15,457,000ルーメンの可視白色光と、10.3エクサヘルツのガンマ放射線を放出します。10mの距離における線量レベルは毎時81.78シーベルトと測定されました。SCP-1567-3への曝露は、通常、異常性のない急性放射線症候群を引き起こします。

この地域の異常性質に関する最古の記録は1494年のものであり、████████修道院の封印された台帳(これにはSCP-████への最古の言及も含まれていました)に、ガレンの村を脅かす”ダンの獣”についての記述が残されていました。

1826年にSCP-1567-3の正体が機関車であると特定されると、███ ██████は”機関車査定官”を設立し、SCP-1567-3の特性がその他の最先端技術の列車にも拡張するものか否かを判断する役目を帯びました。この調査団の後継となった財団組織は、SCP-1567-3に対応する電車の非異常性を確認した後、1998年に閉鎖されました。

インシデントSCP-1567-1962/01/01
00:31、推定12歳の男児(後にSCP-1567-2個体の1人と特定されSCP-1567-2-1と指定)が、SCP-1567-1の方向から分地15へ接近してくるのが観測されました。SCP-1567-2-1は制止させられ、当直の警備員によって誰何されましたが、何の返答もないままに勾留されました。SCP-1567-2-1は質問に答えることなく昏睡状態に陥り、間もなく死亡しました。検死の結果、死因は急性放射線症候群と特定され、SCP-1567-2-1とその衣服は異常性を持たない事が判明しました。SCP-1567-2-1の服からはタイプライターで打った文書が発見され、後に文書SCP-1567-GSの基礎となりました(開始文1962)。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。