SCP-1574
評価: 0+x
1574.jpg

SCP-1574出現の記録。

アイテム番号: SCP-1574

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1574のすべての行動はメキシコ、キューバ、アメリカ、その他メキシコ湾近くの国々に配置されている財団エージェントによって追跡、報告されることになっています。姿の変化、及び出現地の変化は記録されることになっています。現在、SCP-1574の外套機能を無効化する研究が進行中です。SCP-1574の異常特性の目撃者はクラスB記憶処置を施してください。

SCP-1574が財団サイトまたはその他異常アイテムを収容している地域に接近した場合、その地域は避難し、全ての異常アイテムをSCP-1574が通過するまで移動させてください。

説明: SCP-1574は地球外起源のほぼ球体の物体で、直径1.63mかつ任意の方向へ動くことができます。

SCP-1574は生物の視覚に対して認識改竄効果を発しているため、直接観察できたことはありません。この事実は当文書において部分的に記録されているように、人々が対象を様々な他の物体と認識することの原因となっています。これは擬装機能であると考えられ、SCP-1574は目撃されることなく監視箇所へと出入りすることを可能としています。他の方法による分析によってSCP-1574の実際の形状が示されましたが、それをさらに確認するための実験は進行中です。

日付 姿 メモ
1927/12/15 隕石 SCP-1574の最初の目撃
1935/09/02 フロリダキーズの小さな暗雲 ハリケーンの通り道を彷徨う、SCP-1574に程度不明の損害を与えたと推測されます。
1940/05/28 小規模爆発、絶えず形状を変化させましたが、その大きさはSCP-1574と等しいです。 同程度の爆発と同じ熱と力を発生させました。
1956/06/17 フロリダ州マイアミ郊外の住宅地の白い杭垣。 溶け込むために他のフェンスと入れ替わり、運動をしなかったため市民からの通報はありませんでした。
1964/10/14 "ヒッピー"カラーのフォルクスワーゲン・タイプ2 アメリカ、フロリダ州████ █████の湖の中で浮遊。
1976/03/16 SCP-1574の大きさ相当のディスコ・ボール キューバ、█████の松森上空で浮遊。
[編集済] [削除済] [削除済]
2004/12/26 激しく波打つ液体、SCP-1574の約2倍の大きさ。 時折、野生生物、魚や植物が"水"の中で確認されました。
2005/08/27 1935/09/02と同様の小さな暗雲。 N/A
2009/01/20 アメリカ大統領バラク・フセイン・オバマの頭部で実体の無い姿で出現。 メキシコ、████████の鉱山地下の中で出現。
2012/09/18 SCP-1574と同じ地域に研究されていた3214Hybrisのミニチュア版として出現。 SCP-255と同一の異常特性が示され、観察班の██人が犠牲になりました。

SCP-1574が示す運動パターンは不規則で明らかにランダムであり、通常メキシコとキューバの農村地帯か海上国境に現れます。メキシコ湾に接した他国への短距離旅行が確認されていますが、めったに発生しません。常に20kphの速度を保ち、高度は地上から1から16mの間で変化します。201█/██/██までにおいて、主要都市の中心地がSCP-1574の目標となることはありませんでしたが、可能性は排除できません。

通常直接姿を変化させた後、SCP-1574からの様々なラジオ放送が記録されました。1935年以前はこれらの放送は財団異星言語班には解読できませんでした。しかし、1935/09/03以降、SCP-1574からのすべての通信は地球言語で行われ、様々なメディア・プログラムが接合されました。

1927/12/15、SCP-1574は地球に向かっている隕石として初めて観測されました。衝突後、SCP-1574の異常特性が財団職員によって観測され、異常物体として指定されました。1941/11/23、SCP-1574はSCPとして記録され、Euclidの格付けをされました。2012/09/18のSCP-1574の出現後、Keterへと再格付けされました。

補遺1574-A: SCP-1574通信。

日付 メッセージ メモ
1927/12/15 解読不能 N/A
1935/09/02 私たちは…恐怖。続けられない…上昇速度機/のうが止まる。恐れるな。この報告を聞いてくれた人たちよ私たちに/援助とアド/ば/イスを。 フランクリン・デラノ・ルーズベルトの"炉辺談話"から接合しています。
1940/05/28 暴力は…私の探しているものではないものを噴出したが、世界の通常の条約だ。救世主の捜索は続く。 ドイツのプロパガンダ放送から。
1956/06/17 うーん、ボクたちはたしかにまだここにいる…すぐに助けて…ワオ!大きいカラーだ…いちばん大きいのは向こうだぞ。 子供向けのアニメ番組から。
1964/10/14 溝へと降りる試みは失敗…戦争中だ…まだ見つからない。 [編集済]から。
1976/03/16 惑星から…墜落。励まされても自信がない…しかし続行…いつか、再び君を私達を見つけることとなる。 様々なニュース番組から。
[編集済] [削除済] [削除済]
2004/12/26 どこへ行っても…失望、しかない。波に乗った人たちは潰された。捜索隊のせいだ。データは5時に見る。 様々な災害救助隊から。
2012/09/18 我々は発見しました。職員は避難所へと向かってください。お願いです、我々を助けてください!我々を殺そうとしている!お願いだ、あれが来る前に来てほしい。 放送の声はSCP-1574に殺されたエージェント・████だと判明しました。エージェント・████がこれらの言葉を通信した証拠がないことに注意してください。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。